エッチ体験談が10000話を突破しました。

塾の先生に告白されてオトナのエッチ体験談 長編

塾の女教師に、高校卒業した直後に告白されてヤったことならあるけど。

相手は通ってた進学塾の女講師。
つっても、授業を教えてもらってたわけじゃない。

彼女はおれが高校三年のときに入ってきた新人。
自分の講義は持たず、他の講師の講義をずっと聞いてるような見習いだった。

見習い先生が授業を聞くときの定位置は教室の最後尾。

おれは別に引っ込み思案ってわけじゃないが、なんとなく塾のやつらとつるむのは苦手で、見習い先生がくる前から講義の時はいつも最後列に一人で座ってた。

仲良くなったのそのおかげだった。

仲良くはなったけど、受験までは大した話もしなかったし、正直な話、見習い先生とどうこうなるなんて考えてもなかった。
小柄で、そこそこ可愛くかったんだけど、浮き世離れしてるというか、ちょっとヘンな人だったってのもある。

で、話は志望大学に合格したところまで飛ぶ。

合格報告をしに、塾へ行った。
県外の大学に合格し、春から一人暮らしすることが決まってたから、冗談で

「見習い先生に会えなくなるなんて寂しいですよーwwwww」

なんておどけたんだ。

そしたら、ケータイを取り出して
「連絡先交換しよっか」
だって。

「辛いことがあったら、連絡してきなさい」
とか、おー優しいなーと、見習い先生だけに、初めての年に仲良くなった生徒くらいは大事にしたいと思ってるのかなーとか、その時は思ってた。

後で聞いた話だけど、見習い先生、この時既に、完全に下心ありだったらしい

連絡先は交換したものの、大人にメールするなんて気軽には出来なくて、しばらくそのことは忘れてた。

で、話はまた少し飛ぶ。

一人暮らしを始めてすぐ、まだ春休みで大学にも通ってないくらいかな、見習い先生の方から連絡が来たんだ。

「まだ地元にいる?もう引っ越しちゃった?」

何の気もなく、

「もう引っ越しましたよ。一人暮らしもなかなか楽しいです。」

くらいの返信をしたと思う。

そしたら見習い先生

「そっか…ならもういいよね。」

だって。

「ずっと君のことが好きでした この間まで高校生で、しかも生徒だった君のことが好きだなんて、自分でも変だと思います。でも、ずっと一人の男として見てました。お願いします、付き合ってください。」

びっくりした。

最初はほんとに冗談だと思った。

「うそ!からかってるんでしょ(笑)」

って返信したけど、マジだった。
冗談で言えることじゃないって。

忽ち、おれの頭の中は大変なことになった。
それまで意識したこともなかったが、そこは18歳のヤリたい盛り。

恥ずかしながら、大人の女性と付き合う=即ヤリのイメージで、頭の中はいっぱいになった。

もちろん、オッケーした。
翌々日くらいには、家族にも内緒で、地元に帰った。
見習い先生と会うために。

見習い先生の仕事が終わる時間に、駅前…から少し離れたところで待ち合わせて、先生の車に乗り込んだ。

何を話したかなんて覚えてないくらい、「大人の女性とこれからセックス」のフレーズで頭の中はいっぱいだった。

まずは食事。
たっかい焼き肉屋でおごってもらった。
先生は俺のことずっとニコニコ見てた。
ちょっと妖しい笑顔だった気もする。

今思うと、先生の頭の中も、セックスでいっぱいだったんじゃないかな。
何故なら、ホテルを予約済みだったから。

ホテルっていっても、ラブホテルじゃなくて、普通のシティホテルだった。

先生は

「期待した?オトナはそんな品のないことはしないのよ」

なんて言ってたけど、恥ずかしかっただけだろうな。

期待はしてたけど、がっかりはしなかった。
ヤルことはいっしょだしねw
それよりも、先生の部屋に行けなかったのが少し残念だった。

先生は、チェックインのときに、ミネラルウォーターを二本買った。
「後で使うのよ」って言いながら「飲むんじゃなくて?」って言ったら、笑ってた。

さて、ついに部屋に入った。
そりゃあ矢も盾もたまらず、おれは先生に抱きつこうとしたら、やんわり止められた。

あれ?なんで?

「お風呂入ろうね」

だって。

なるほど!

でも一緒に入るわけでもなく、先生が先に入って出て来たときには(バスタオル姿とか期待してたんだけど)普通に寝間着を着てた。

もう「???」だよ。
先生ヤらせるつもりはなかったのかな…
オトナはガキみたいにがっつかれるのはいやなのかな…
全部おれの勘違いなのか…

なんて思って風呂から上がったら、

「じゃーん。これ見て」

脱いでた。えっろいベビードール。

たまらなかったね。

カラダのラインが、柔らかな生地で浮き上がってた。
小柄な先生だけど、出るとこは出てた。

明らかに挑発されてた。

でも、さっき抱きつこうとしたときみたいになってもかっこ悪い。
全部おれの勘違いだったとしたら、ほんとどうなるか分からない。

で、オドオドしながらやっとの思いで「か、可愛いです…」って言ったら、

「ふふん。でしょう?じゃあね、お休み☆」

ほらみろ。
ガキめ、がっつきやがってかっこ悪い。

「おやすみなさい…」

悶々とした気持ちで、ツインベッドの空いてる方に潜り込んだ。
寝付けるわけがなかった。

そしたら五分くらいして先生が

「そのまま寝ちゃってもいいの…?」

いいワケがないよ先生。
情けないことに、きっと泣きそうな顔だったと思う、振り向いたんだ。

そしたら先生、笑ってた。
すごくいやらしかった。

ホテルとかベビードールとかで頭の中ぐっちゃぐちゃで、それまで気付かなかったけど、先生、化粧落としてなかった。
全然、寝る気なんかなかったんだよ。

はじめっから、おれを挑発してからかってたんだ。
オアズケされた若いオスイヌの様子を見て、悦んでたんだな。

薄暗い照明の中、ぽってりとした厚めの唇に、赤い口紅がとても淫らだった。

「おいでよ」

もう、その言葉に従うしかなかった。
誘われるがままにベッドに上がった。

不思議と、もう自分からは手を出せないんだ。
ゆっくりと、先生の白くて細い腕に抱き寄せられた。

さっきまではしてなかったはずの甘い香水に、また興奮させられた。

「君、とってもシたがってるよね。」

先生は、本当にイジワルだ。
底の浅さを見抜かれたようで、すごく恥ずかしかった。

「いいよ、サセてあげる。」

先生を抱きしめて、首筋にかぶりついたんだ。
滅茶苦茶に手を這わせて、無我夢中にしゃぶりついた。

小柄だったし、いつもかっちりとしたスーツに隠れてて分からなかったけど、胸は思った以上に大きかった。
お尻は小さくて、腰回りからキュッとしまってた。

「ぅんっ…あ…ッ」

下着の裾から手を入れて、乳房を揉みしだく。

正直、乱暴すぎたと思う。
それでも先生は興奮して感じてるようだった。
小さくもらす喘ぎ声が、何だかとても嬉しかった。

「んっ…待って、落ち着いてっ」

先生に止められた。
性欲にのまれていながらも先生の言葉にはまるっきり言いなりだった。

「バカ。焦りすぎよ。」

そう言って身体を少し離される。
えっ…待ってよ先生、なんて思う間もなく。

「私にも、サセてよ」

先生に押し倒された。
くすぐったいような快感が、首筋から胸に抜ける。
厚い、赤い口紅が、おれの身体の上を這ってた。

「どう?気持ちいい?聞かなくても分かるよ…君のここ、すごく硬いもん…おクチで、シてあげる…ううん、サセて。」

そう言って、先生はおれのトランクスをゆっくりと下げた。
と、熱のこもったため息をつく。

「わぁ…おっきいよ、これ…硬いし、熱い…」

サカリのついたオスイヌの「雄」を目の当たりにして、流石に先生もあてられたように呟いた。

「ちょっと、待ってね」

そう言って、枕もとに置いたミネラルウォーターを手にする先生。

「君、彼女いたことあったよね?するのは初めてじゃないよね。でも、元カノは、ここまでしてくれたかな?」

また淫らに笑って、それからミネラルウォーターを一口、軽く口の中に留めてから飲み干した

と、同時に、先生はおれのを一息にくわえこんだんだ。

「あああッ!」

思わず声が出てしまう。

…気持ちいい!ミネラルウォーターのおかげで、口の中がヒンヤリして、それによく滑った。
確かに、元カノにフェラをしてもらったこともあったけど、これは初めての快感だった。

…ぢゅぷっぢゅぷっぢゅぷっぢゅぷっ…

はじめっから激しく頭を上下させる先生。
右手も一緒扱き上げている、見えないけど口の中では舌が縦横無尽に動き回っているんだろう。

ほとんど性経験のない若い身体、いや、もしかしたら立派な大人でも快感に耐えられないようなテクニック。
ジらすつもりなんか端っからない、完全にオスをイカせるための動きだった。

「せんせ…っ、ダメ…イきそ…!」

やめてくれるワケがない。
はじめっからイカせるため、若い精液を絞り出すための動きなんだ。
それどころか、目だけがまた笑ったようにも見えた。

(出しなさい)

そう言うかのように、また動きを早める先生。

…ぢゅぷっぢゅぷっぢゅぷっぢゅぷっぢゅぷっ…

「せんせっ!イく!あああッ!」

先生の口の中に、果てた。

先生は、おれがイった後もしばらくくわえてくれていた。
おかげでおれは最後の一滴まで、先生の口の中に放ち切ることができた。

しばらくして、口を放すと、「見てて」とでも言うように自分を指差して、

…ごくっ、ごくンッ

「んっ…すごいね、君の。どう?あたし、フェラには自信あるんだ。」

また、淫らに微笑んだ先生の表情は、サカリのついたオスイヌの臭いにあてられて、発情しきったメスイヌのようだった。

「ネェ…今度は、あたしを気持ち良くさせて…?」

立場逆転、先生に手を引かれて、今度はおれが上になる。
賢者タイムがどうしたってくらい興奮してたが、それでも一度ヌイてもらったおかげか、少しは冷静になってた。

優しく優しく、先生に嫌われないように愛撫する。
何故かキスは拒まれたけど、耳の裏から首筋、鎖骨まで、丁寧にリップ。
服も脱がせてくれなかったから、捲り上げて乳首を吸い上げる。

右手は下半身に。
弾力のある白いふとももを這わせて、秘所へ。
パンツ越しにも、熱くなっているのが分かった。

黒いベビードールと、赤い下着。
その下から伸びた白い肢体が、快感にくねってる。

「んッ…ね、直接触って…?」

もう言われるがままだ。
クロッチ部分を横にずらして、秘所に指を這わせる。
めちゃめちゃに、溶けているかのように、濡れていた。

しかも、更に驚いたことに

「あッ…やぁッ、ダメ、いッ…イくッ!」

キュッ、と身体を硬直させる先生。
クリトリスを擦りあげただけで、ものの数秒でイってしまったのだ。

ウソだろ、と思うかもしれない。
いや、おれもそう思った。

荒い息を吐きながら、「もう…君、上手いんだね」なんて、そんなの演技だろって。

でも、多分ほんとにイってたんだと思う。
先生はほんとにイきやすい体質だったし、何しろイったときの反応が分かりやすいんだ。

ギュッと身を縮めたかと思うと、アソコが「パクッ」と開くんだ。
ナカまで一緒硬直してしまうせいだと思う。

だからそのときも、おれの稚拙な指使いで、それもほんの数秒で、イってしまってたんだ。

あの見習い先生の口に精を出して、見習い先生をイかせた…

「今夜は朝までイかせっこだよ?今は1対1!どっちが勝つかな?。」
「ほら、頑張ってもっと気持ちよくして…?」

そう言って先生は、片手でパンツをずらし、もう片方の手で、おれの手を秘所へ導いた。

先生のそこは、さっきよりも熱かった。
割れ目はもう、ぐしゃぐしゃに濡れていた。
焦らすなんて器用な真似は出来ないから、遠慮がちに中指を一本差しこんだ。

「んあッ…あッ!ああッ!」

先生の中は、狭かった。
中指一本でもギュッと締め上げてきた。
もう一本、薬指を差し込むと、もうキツキツだった。

今思うと、かなり稚拙な指使いだったと思う。
聞きかじりの知識で、ただGスポをこすりあげるだけ。
でも、発情したメスイヌ先生にはそれで充分だったらしい。

「ああッ!いいよ、いいよッ!いっ…イくッ!」

ガクンと身体を震わせて、二回目の絶頂。

はぁはぁと荒い息をつきながら、「ねぇ…もう一回やって…?」なんて言われたから、今度は下着を脱がせて入れあげたら、またすぐにイった。

半ば放心状態の先生。
薄いヘアの下で、真っ赤に充血したいやらしい口がのぞいてた。

「君、本当に上手だね…もう二回もイかされちゃったよ」

なんて、上機嫌で言われたけど、嬉しくはならなかった。
そのころにはとっくにギンギンに回復していて、それどころじゃなかったんだ。

それを見て先生は、やらしい笑顔で「入れたい?」なんて聞いてきた。

「あたしも、入れたい。君の立派なこれ、あたしの中に欲しいよ…」

いつもきりっとした顔で生徒と接していた先生だけど、その時はとろんとした目で、おれのちん○を見つめてたんだ

「ちょっと待ってね」と、先生は鞄からゴムを出して、するすると、慣れた手つきで器用につけてくれた。
(鞄にゴム入れてる辺り、やっぱりヤる気まんまんだったんだなー)

「ね…、あたしが上になるね…全部、やってあげるね…?」

また、押し倒された。
先生はまたやらしい笑顔でおれをみおろしながら、M字に脚を開いて、入っていくところをおれに見せつけてた。

「はあ…っ、く…ぅ」と、ため息をつきながら、先生のナカにのみこまれていく。

正直、それだけでどうにかなりそうだったし、先生のナカは熱くて狭いし、今動かれたらすぐにイってしまいそうだった。
でも、そうはならなかった。

「ちょ…っと、ほんとにおっき…ああ…っ、うそっ…!」

根元まで全部入ってたけど、おれの先には、固い、先生の奥が当たってた。
それが、少し苦しいようだった。

「ちょ、ちょっと待ってね…うぅ…んっ。」

キツキツのに締め上げられて、待つも待たないも、それどころじゃなかったんだけど、おれも少しだけ余裕が出来た。
やがて先生も慣れたようで、ゆっくり動き出す。

はじめはおれの体に抱き付いたまま前後にゆっくり、次に身体を起こして前後、腰の動きがやらしかった。

それから、M字開脚で上下にゆっくり動いて出たり入ったりを見せ付けたり、パンパンと音がなるくらいに腰を打ち付けたり、その間にも、先生は何度も何度も絶頂の声を上げてた。

変わってたのは、イくとき必ずちん○を抜いてたこと。
どうして?って聞くと、「ナカに入ったままだと、上手くイけないの」って言ってた。

でも、そう長い間挿入出来てたわけじゃないと思う 多分、長くて5分位。
先生の動きがやらしすぎて、すぐにイきそうになった。

「せ、先生っ…ちょっと待ってください、もうヤバいっ」
「いいよっ、イってもっ。あたしもいっぱいっ、イかせてもらったしっ。」

後から何度もセックスをして分かった。
体を立てて、高速で前後させるのは、先生がおれをイかせようとするときの本気の腰使い。

いともたやすく果てた。
イくときは、女の子みたいに、シーツを掴んでた。
信じられないくらい、気持ちよかった。

先生は、ずるっ、とおれのを引き抜くと、

「いっぱい出たねー」

なんて言いながら、ゴムを外して、ティッシュでキレイに拭いてくれた。

「君の、ほんとにおっきくて、気持ちよかったよ。仕事はじめてからはずっとご無沙汰だったから、久しぶりで興奮してたってのもあるけど…あたし、普段はこんなにイかないんだよ?」

ほんとなの?先生…

そのまま、いろんな話をした。
就職するまでは他県にいたから、塾ではなかなか馴染めずに心細かったこと。
そんなときおれに話しかけられたのは、月並みだが嬉しかったこと。

年下だけど、体が大きくて、よく言えば落ち着いた、実際はちょっと浮いてたおれに、男を感じてたこと。

二学期くらいからは、割と本気でおれのこと狙ってたこと。
アドレス交換したのは、完全に下心からだったこと。

お互いの身体を触りあいながら、先生のいやらしい告白を聞いてた。
そのうち、「若いんだから、まだいけるよね?」なんて、まるっきり官能小説みたいな台詞を言われて、またくわえられた。。

「あたしね、おクチでしてあげるの大好きなの。おクチでイってもらえると嬉しいから、たくさん練習したのよ。」

その言葉通り、三回目なのに、すぐにイかされてしまった。

先生は本当に嬉しそうだった。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!