17,000話以上掲載!!毎日更新!!

夏の想い出

[AD]

[AD]

夏日さんから投稿頂いた「夏の想い出」。

あれはC学3年の夏休みのことでした。当時は夏休みにプールに何日か行かないといけない決まりがあってその日は行くことにしました。
偶然にもその日は同じくらいの前からお互いに好意を持っている彼女が来ていました。彼女は同級生の中でも胸は大きい方で当時 バックがクロスになるブラを着けていてよく透けていました。

自分たち男の子の間でも話題になってはいました。
体育の時間は男女別なので体操服姿やスク水姿を近くで見ることはあまりなかったけど、制服姿の時よりも女性らしさがわかるスタイルでよく見ていました。
そんな彼女のスク水姿をこんな近くで見るのは初めてでずっと気になっていました。


時間がきて終わりになり人数も少なかったのでふたりで片付けをしていました。他の子はみんな更衣室に行き着替えをしていました。片付けが終わる頃にはもう誰もいなくふたりだけでした。更衣室の方はふたり歩きながらもう誰もいないねって言いながら女子更衣室の前にくるとちょっといいって言われ手を繋がれ更衣室の中に引き寄せられたんです。


彼女は私に向かって私のこと好き?って聞いてきました。もちちんお互いに好意を持っていたので好きだよって答えました。すると彼女も私も好きって。
ねぇ キスしよって言われ うんとうなずくと彼女の唇にそっと口付けしました。最初はチュって感じだったけどだんだん激しくなっていました。
そして水着姿のまま抱き合っていました。


スク水の布1枚だけから彼女の柔らかいからだを感じることができました。
彼女のむねを触りたい衝動にかられて我慢できなくなってきました。
彼女にむね触ってもいいって?聞くと彼女は恥ずかしそうにいいよって答えてくれました。
スク水の上からとは言え彼女のむねに触れた喜びはひとしおでした。スク水姿でもわかる膨らみはDくらいでむねを揉んでいました。アッんって声を漏らしている彼女はますますかわいく思えました。

両手で胸を揉んでいると彼女からは声が漏れ出ていました。おっぱいが見たいって言うと恥ずかしいよ。って言うのでふたりだけでだから大丈夫だよって言いました。じゃ、ちょっとだけだよって彼女が言ってくれたので、スク水を肩からずらしておっぱいのところまで下ろしました。彼女は恥ずかしそうにすぐに手で隠しましたが隠し切れないほどの大きさでした。彼女の手をそっと退けておっぱいを揉みました。恥ずかしいよって言いながら アッって声が出ています。


ピンク色のちくびに張りのあるおっぱい。
彼女を抱きしめているともうあそこは我慢できなくなり大きくなったのがわかりました。彼女も海パン越しとはいえ何か硬いものが当たってるのに気づいたと思います。すっと離れると彼女はどうしたのって聞くので、ごめん 大きくなったちゃったって答えました。私で大きくなってうれしい。ねぇ 見せて。私も見せたんだから。
わかったって言って海パンの紐を解いて下ろしました。

当時は海パンの下にサポーターを着けていたのでサポーターの中で苦しそうに大きくなったあそこのシルエットが透けていました。
彼女は男の子はそんなの穿いてるんだねって? うん 泳ぎにくいしもっこり恥ずかしいからって言いました。すると彼女はサポーターの上から触ってきました。ますます大きくなりサポーターから飛び出しそうになってきたところで彼女はサポーターを下ろしてきました。


抵抗がなくなりそり返ったあそこがあらわになると、大きいって彼女は言って握ってきました。そして上下に手を動かしはじめ男の子はこうすると気持ちいいんでしょう? って。
だんだん気持ちよくなってきて射精しそうになってきました。すかさず彼女のおっぱいを揉みながら下も触りました。水着が濡れていたのか感じていたのか水着越しに濡れているのがわかりました。

彼女のスク水を下まで下ろすとまだ薄い陰毛が見えました。股間に手を当てがいさするとあって声とともに腰を引きました。
さらに続けるとだんだん声が漏れ出てきてきました。彼女も手で自分のあそこをだんだん激しく動かします。
お互いに気持ちよくなって自分は射精していました。彼女も抱き合ったままイッタようです。
最後までは出来なかったけど夏のふたりだけの想い出です。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次