17,000話以上掲載!!毎日更新!!

さいごの女

[AD]

[AD]

匿名希望さんから投稿頂いた「さいごの女」。

64歳独身の男です。中学校の同級生だった妻が病気で亡くなってから10年経ちました。仕事も充実し経済的にも不自由なく暮らしていましたが、愛する女もいなくて淋しい気持ちで過ごしていました。
妻がいた時は若い頃はほぼ毎日、40代、50代の頃でも週に3,4回は愛しあっている仲良し夫婦でした。


一人になって半年ほどはつらくて性欲もわきませんでしたが昔から体力、精力とも人よりあった為、旺盛な性欲に悩まされ悶々として風俗へ行ったり若い頃のようにオナニー する毎日を過ごしていました。


今から1年少し前に契約社員として働く事になった沙織と出会いました。沙織は28歳で結婚しましたがDVが原因で1年くらいで離婚し実家暮らしをしていましたが、弟に子供が生まれ実家を継ぐことになったので1人暮らしを始めたようです。大柄で明るい性格の沙織は職場でも誠実な仕事ぶりで評判も上々で自分も惹かれていきました。


ある日電車が同じになったのでお酒でも飲みませんかと誘い色々話してみると明るい笑顔に隠れていましたが淋しがりやの顔も持っていることがわかり魅かれていく気持ちを抑えられませんでした。思い切ってドライブデートに誘うと喜んで了承してくれました。


デート当日、彼女は白いスキニーパンツでお尻がとても魅力的でした。ドライブ中もよく喋り時折私の太ももに手を置いたりして彼女が欲しい、抱きたいと思ってました。目的地に着いて散歩中に手を差し出すと腕を組んできたので、彼女も好意を持ってくれてるのが判り幸せな気分になりました。

ベンチに座り話すうちに彼女の年齢が自分と20歳違いの43歳とわかりました。思い切って抱き寄せキスすると彼女も積極的に答えてくれました。暫く抱き合っていると数人の女性たちの声が聞こえたので体を離すと2人きりになりたいと言われました。私は頷き彼女の手のひらにホテルと書くと「はい」と返事したので2人で車に戻りインター近くのホテルに入りました。

ドアを締めるとすぐに抱き寄せ好きだ、付き合って欲しいというと私も好きですと答えました。2人で風呂に入りキスやボディタッチを繰り返すとペニスはそそり立っていました。ベッドへ行き愛撫すると久しぶりなので、下手かもしれないといいながらも彼女のおまんこはたっぷり濡れていました。

彼女の足を大きく開きクンニをすると声をあげさらに愛液が湧いてきました。自分のも触ってとお願いすると、恐る恐る口をつけるといやらしい程舐め回しとので彼女のクリトリスを舐めながら膣に指を入れかき回してみました。彼女は大きな声をあげイッタようでした。

私は少しも休まずさらに激しい愛撫をつづけ何度も彼女をイカせました。彼女がもう許して、入れて欲しいと言うので、コンドームをはめ正常位で挿入、さらに対面座位、続いてバックで腰を振るとと彼女は更に大声をだします。最後は正常位に戻りフィニッシュしました。

彼女は息荒くぐったりして下半身は痙攣していました。5分ぐらいして眼を覚ましこんなの初めてセックスって素晴らしいものねと言ってキスを求めてきましたので、お互いの唾液を交換、2度目を開始しました。


その後、恋人同士となりプロポーズ半年後、結婚しました。現在、私64歳、妻沙織は44歳仲良く暮らしセックスも週2回は必ずしていますが、時々中折れになることもありましたので、先日コックリングを買い試したら最後まで硬く満足でした。これからも色々工夫してセックスライフを続けてまいります。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次