17,000話以上掲載!!毎日更新!!

アパートのお隣さん二人と、

[AD]

[AD]

たかしさんから投稿頂いた「アパートのお隣さん二人と、」。

私がまだ今の女房と、アパートで同棲して2年目くらいの頃の話しです。
私は当時23歳、同棲中の明美はひと回り年上でした!
老舗料理屋の板前見習い?と中居さんの間柄でした。
そろそろ本題に入ります。


彼女とは休みは別々、お店では二人の関係は誰も知りません。
私が休みで部屋でのんびりしていると表から誰かが叫んでいるような声が、
しばらくしているとまた呼ぶような声が聞こえました!
私の部屋は小さなアパートで4世帯で二階のふた世帯にはドアを開け階段上で左右に分かれています!
声のする台所の窓を開けるとお隣の女性が言います。
「お風呂に入ったら、ドアノブが空回り?してて出られないの」
どうしよう、どうしようと。


私は「じゃぁチョット待ってて下さい、大家さんに事情言って合鍵借りてきますから」今と違いまだ携帯も無いですから、
近くに住むおばあちゃん大家さんに説明し合鍵借りてきました。
お隣さんは、由美子さんというそうです。部屋の鍵を開け中に入ると女性二人特有の香りにお風呂場からの石けんシャンプーの香り。
たまりません
それに洗濯物のカゴに入る前に付けていた薄いピンク色のパンティとTシャツが無造作に、
やはりドアノブは、空回り状態でした。自宅からドライバーと工具セットを持ってきて約15分位でしょうか。何とか開けることができました。


由美子さんは興奮状態がまだ冷めやらないらしくバスタオルを紅潮させた素肌に巻き表に。
「すみません、ごめんなさい、ありがとうございました。私今日はひとりだったんでどうしたらいいかわからなくって、そしたらお隣から音がしたんで、と、」
私は「とにかく着替えてください」
本当は、そのまま押し倒してしたかったんです!
由美子さんは形の良いおっぱいとふくよかな引き締まったお尻でした!
由美子さんの部屋を後に自宅にもどりましたが、つい今しがたの光景が焼き付いて下半身が早くも勃起しています。


また由美子さんと、話したいなぁ
それから30分くらいした頃です。
ドァをノックする音、「由美子です、もし良かったら家にいらしていただけませんか、おビール冷えてますから」と、
扉の向こうから、「じゃぁ、今伺います。」と
私はまたまた期待と興奮気味で、もしもの時も考えコンドームを二つジーンズに忍ばせお隣の由美子さんの部屋へお邪魔しました。
彼女は先ほどと違い薄く口紅を挿し上はお尻の隠れるようなTシャツに下は、私の好きなブルージーンズそれもお尻のラインを協調するような、前は大事な部分がもっこりしています。
二人で自己紹介しながらビールで乾杯
簡単に二人共二本目に、聞くと由美子は幼稚園の保母さんとか、
アルコールが廻ってきたのか話す声も艶っぽくなり暑くなってきたらしくブラを付けていない胸もとから乳房や乳首の興奮しているのが分かりました!


由美子が突然言いました。
「私幼稚園の時、公園で知らないおじさんにおトイレに連れて行かれ、今いいもん、お嬢ちゃんに見せてあげるよって、おじさんズボン降ろしてなんか膨らんだア・ソ・コから見た事ない大っきくて太いおちんこを出して、由美子のおくちに近づけ、」
「さぁアイス舐めるようにしゃぶってごらん」って
乱暴にはされませんでしたが私のパンティをおろしオマタを広げて舐め回し指をオマンコに入れてきたんです。そのうちおじさんはハァハァ息を荒らげ自分でおちんこしごきながらサキッポから白いものが沢山沢山出てました。
父や母には言えませんでした」と、
あれからそれがトラウマ?になったのかまたあんな強引に乱暴に戯れたいって思うようになったんです!
出来たら嫌らしくされたい。
そう言って私に立った乳首を押し付け、いっぱいいっぱい舐めて、乳首も噛んで」
言われるま少し乱暴に由美子の胸をシャツの上から両手でモミまわしました!
彼女は吐息をハァハァたてながら、アァアァ気持ちイイ、下も虐めて下さい~」
ジーンズのファスナーをゆっくり下ろすとかなり濃い目の茂みが目の前に表れました。


そっと指で撫でるともうびちゃびちゃ音をたてています.うつ伏せにさせ由美子のピッチリしたジーンズを下ろすとふっくらハート型のお尻。腰のあたりからお尻の膨らみやお尻の穴まで舌で吸いながら舐め回してあげます。彼女は感じやすいらしくアッあぁんを繰り返します
前を向かせ唇に舌を入れキスをしたまま右側から指をオマンコに入れてみました!
由美子のオマンコは中指を上下するたび私の指を締め付けます。
その度にう〜あーもっともっとっておねだり。
私はちんぽ欲しいかって言うと
太くて硬いので由美子のオマンコに、
私は先ず由美子にしゃぶらせてから正常位で一度、後ろから犬がするような体位でアナルに入れてあげました。

由美子のオマンコは私の彼女とは違いよく閉まりお尻の穴も同じでした!
彼女は二回戦には潮まで私の顔の上にかけ歓んで果てました!
由美子に言って一緒に居るパートナーとも3人でしたいなと言うとあっさり私もしてみたい。と、
由美子とは、私が結婚したあとも関係をしました。彼女は私の言うことを素直に聞き実行しましたよ。
アブノーマルなプレイや野外露出も歓んでしましたし、
旅先の宿で夜中に男風呂にひとりで入らせ見知らぬ男達にその裸体を見て貰いました。

あれから20年経ちますが今は結構し二人の人妻、
熟れた大人の由美子を今は堪能しています!

皆様、私の体験談どうでしたか。
女性は男性次第で変わります~

[AD]

[AD]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次