17,000話以上掲載!!毎日更新!!

3年振りに再会した元カノが幸せになってて良かった

[AD]

[AD]

元彼さんから投稿頂いた「3年振りに再会した元カノが幸せになってて良かった」。

先日、駅で元カノとバッタリ再会した。
3年前、俺の仕事はコロナ禍で多忙を極める分野で、急遽東京に応援転勤することになり、地元民の元カノとは仕方なく別れた。
連れていきたかったけど、付き合って1年半の頃で、まだ結婚話は出てなかった。


引っ越し荷物に囲まれた俺のアパートで、最後のセックスをした。
元カノの可愛いロリボディを喘がせるのも最後、いつもの倍の時間クンニして、一度イカせた。
元カノのオマンコも見納めだから、じっと見つめて記憶に刻んだ。

元カノに生挿入、元カノ、俺にしがみついて喘ぎながら、耳元で、
「行かないで…って本当は言いたいけど…ああ、ああ~~」
俺も別れたくはなかった。
可愛い元カノとのセックスは楽しかったし、気持ちよかった。
元カノを激しく揺さぶり、最後の精液をかけた。
元カノのお腹に垂れた精液をティッシュでふき取り、最後のセックスを終えた。

「さよなら・・・元気でね。頑張ってね。」
「お前も元気でな。さよなら・・・」
元カノが俺のアパートの部屋から玄関から出ていくとき、コンクリートのたたきに涙の痕がタラタラと落ちた。
パタン…玄関が閉じて、元カノが帰っていった。
そっと玄関を開けて、遠ざかる元カノのうなだれた後姿を見送った。
やがて、見えなくなった元カノに、もう一度「さよなら」と言った。
あのうなだれた後姿は、元カノのオマンコとともに、記憶から消えないでいた。

再会は、元カノは駅から出てくるところで、俺は駅に入るところだった。
「あっ!」
って同時に言って、立ち止まった。
「やあ、久しぶりだね。俺、友達に会いに来てたんだ。これから東京に戻るところ。」
「そうなんだ。私は、これから家に帰るんだ。あのね、私、新婚さんなんだ。まちなかに住んでるから、買い物して帰るんだ。」
と言って、結婚指輪を見せてくれた。
「そうか、おめでとう。幸せになってくれて、安心したよ。ずっと気になってたんだ。」

暫く近況を話し、俺にも結婚を考えてる彼女がいることを伝えて、右手にはめてるステディリングを見せた。
「じゃあな。たぶん、もうこの街に来ることはないと思うけど、元気で暮らせよ。さよなら。」
「うん。ありがとう。あなたも元気でね。さよなら。」
元カノに手を振って、新幹線のホームの向かった。
とても清々しい再会だった。
おかげで、元カノのうなだれた後姿が、どこかえ消えた…

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次