17,000話以上掲載!!毎日更新!!

お母さんと初体験①

[AD]

[AD]

ここさんから投稿頂いた「お母さんと初体験①」。

     (K校1年生 男子)

 いらなくなった参考書を押入れにしまおうと久しぶりに押入れを見た。懐かしい卒アルであったり、小学校のときに作った造形作品だったり、しまってある。その中で、ある1つアルバムを見つけた。お父さんお母さんのアルバムだ。開いてみると、結婚式であったり新婚旅行の写真がたくさん詰まっていた。

見てみると、お母さんのおっぱいが今よりも結構大きかった。特に、新婚旅行のビーチでの水着姿では、谷間ができていた。おそらく、Dカップはあったであろうか。今では、おそらくAカップほどに縮んだ貧乳だが、授乳前はこんなにも大きかったとは。しかもお腹も引き締まっていて、顔もとても若い。結婚式の写真でも、ウェディングドレスを着たお母さん。でかかった。別の写真を見てみると、横から見たニットを着たお母さんが写っていたのたが、輪郭がくっきりしていて、めちゃくちゃエロかった。でも、当時は15年前。当時には戻れない。どうしてもヤりたい。


 少し話をずらす。
 俺はおそらくマザコンだ。友達からも言われた。小学6年生までお母さんの隣で寝ていたし、小学4年生まで一緒にお風呂に入ったりしていた。だからなおさらお母さんとヤりたい。どうすればできるのだろうか。俺は考えた。考え抜いた結果、「正直にストレートに言う。」変に恥ずかしがってやるより、ちゃんと言ったほうがお母さんにも伝わりやすいし、受け入れてくれると信じたいからだ。

「お母さん?」
「どうした?」
「俺さ、お母さんとヤりたい。」
「いきなりどうしたの子供できちゃう。」
「できないって。ちゃんとゴム持ってきた。でも使う気ないけどね。生でヤりたい。」
「そこまで熱心なのね。」
「だってさ、若い頃のお母さんの写真見てたらさ興奮してきちゃって。」
「あれは若い頃よ。今は全然変わったからあの頃と違うし写真見たのねw」


「いい?」
「そこまでヤりたいの?」
「お父さんと〇〇(弟)に見つかったらどうすんのよ。」
 「そのときはそのときだよ。なかなかお母さんとヤる機会ないでしょ?お母さんはヤりたくないの?」
「ヤりたくないってことじゃないんだけど…。」
「じゃあなに?」
「ヤラない理由がないわ。」
「じゃあお母さんとヤれるってこと…?」
「そうなるわね。」
なんとか粘ってアポ取り成功。童貞卒業がお母さん。
「あんた童貞よね?じゃあリードしてあげるわお母さんが。」
「AVで学んでるしある程度は分かってるよお母さん。」
お母さんはまずフェラから始めた。

               続く…

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次