17,000話以上掲載!!毎日更新!!

優しい夫は一番好きな人ではありませんでした

[AD]

[AD]

専業主婦さんから投稿頂いた「優しい夫は一番好きな人ではありませんでした」。

今年、結婚して10年になる37歳の専業主婦です。
第一子が生まれた29歳までは仕事してましたが、出産を機に、夫に私が専業主婦をさせてくれるだけの収入があったから、家庭に入りました。


32歳の時に第二子が生まれ、今は子育てにてんてこ舞いしてます。
夫は優しいし、贅沢しなければ普通に生活できて、自分の時間も作れて、幸せだとは思います。
でも、私は夫が一番好きだった人ではありませんでした。
私が一番好きだったな人には既に素敵な彼女がいて、私に振り向いてはくれませんでした。
高校、大学と結構モテて、言い寄ってくる男性がいたから自信もってモーションかけたんですけど、「彼女いるから、気安い態度撮らないでくれる?」でアッサリ避けられました。

そんな時、夫が私を好きだと言ってくれて、外見はパッとしませんが、誠実で、ちゃんとした職業に就いてて、本当に私のことを愛してくれているのが分かったので、お付き合いしました。
25歳からお付き合いして、3カ月後に口説かれて、抱かれました。
実に2年半ぶり、大学の時の彼氏以来で、就職してからは振り向いてくれない一番好きな人にずっと片思いしてて、セックスはご無沙汰でした。
夫は私にとって4人目の男性です。
私の初体験は高2、相手は学園祭で知り合ったイケメンの大学生でした。

イケメンの彼のマンションで、セーラー服を脱がされ裸にされて、アソコを見られて、
「アソコ、可愛いね。」
と言われながら弄られ、凄く気持ちいい指使いでメロメロにされて、痛みで我に返り、処女を失ったことを悟りました。
彼、生のオチンチンで私の処女膜を破って、私の身体に射精した時、私、ビュービュビューっと噴き出す射精を初めて見て、びっくりしていました。
その後、回数を重ねるごとに、オチンチンでアソコを突かれて気持ち良くなるようになって、セックスに慣れてきたら、彼、私をセーラー服着たまま抱くようになりました。

彼の大学卒業と、私の大学進学で、どうにもならない遠距離になって別れました。
大学に行くと、イケメンがいっぱいいましたが、私は、1年生の時にバイトした先にいたイケメンの社員さんに口説かれて、その日のうちに抱かれました。
8歳年上のその社員さんは、女慣れしてるというか、ツボを心得てるというか、クンニがとても上手で、クリトリスを責められて、逝ってしまいました。
私、生まれて初めて逝くという感覚を知って、彼のクンニに夢中になりました。
そのうち、オチンチンでも逝くことができるようになり、セックスに夢中になりましたが、その社員さん、遠くの店舗に転勤になって、大学2年の終わりにお別れしました。

大学3年の夏休み直前、前から好きでしたと告白された大学生と付き合いました。
彼はそれほどイケメンではなかったのですが、お家が裕福なのか、車を持ってました。
だから、遊びにはよく出かけました。
ドライブでラブホ探して、ラブホ巡りして、セックスしてました。
お金持ちだから、大人の玩具も通販で買ってきて、ローター、ディルド、バイブだけでなく、ウーマナイザーというクリトリスを吸引しながら振動するアイテムもありました。
ウーマナイザーは、気持ち良すぎて逝きっぱなしになります。
彼には、逃げられないように縛られてクリトリスにウーマナイザーを当て続けられて、逝き狂わされて白目を剥きました。

そんな、大学の恥はかき捨てみたいな、若気の至りなエッチをしてしまいましたが、社会に出てからは、夫に抱かれるまでセックスから遠ざかっていました。
3人の男性のオチンチンを受け入れた私のアソコを夫は精魂込めて舐めてくれました。
気持良さは、まあ、普通でしょうか、クリトリスで逝く一歩手前で終わってしまいますが、私はそれでいいと思っています。
私が逝き狂う姿を見たら、夫は引いてしまうでしょうから。
そして、夫のセックスも普通だと思います。

26歳の時にプロポーズされて、私が結婚するには、夫を逃すと年齢的にギリだなと思ったから、一番好きな人は諦めました。
私27歳、夫30歳で結婚、10年が過ぎました。
女性は、一番好きという人ではなく、結婚に相応しいと思われる時期に付き合ってる人が、結婚してほしいというから結婚した人が多いのではないでしょうか。
別に夫を好きではないということではありません。
あれほど大切にしてくれて、結婚して10年だというのに、飽きもせず毎晩のように私の身体を求めて、背中に汗をかきながら、私を気持ち良く挿せようと努力する夫の事は好きです。

夫と結婚後、私は幸せな結婚をしたんだと思いながら生きてきました。
優しい夫、そこそこの収入があり、専業主夫が出来て、夫の求めに応じて身体を開き、気持ちいいセックスしてもらえて、夫に守られている生活は幸せと言えると思います。
でも、時々、子育てをして、掃除して、洗濯して、食事作って、夜に抱かれて快楽に溺れて、そんな生活があの一番好きだった人とのものだったら・・・なんて考えることがあります。
そんな時、夫を見てハッと思うのです。
この世で、夫ほど私を大切に愛してくれる人は、いないと思います。
毎晩37歳のおばちゃんのアソコを舐めて、抱いて気持ち良くしてくれる夫に感謝して、これからも結婚生活を続けていこうと思います。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (1件)

  • >女性は、一番好きという人ではなく、結婚に相応しいと思われる時期に付き合ってる人が、結婚してほしいというから結婚した人が多いのではないでしょうか。

    なるほど、そういうものですかね。
    それで、自分は幸せなんだと思い込むのでしょうか。

コメントする

目次