17,000話以上掲載!!毎日更新!!

薄い本を自費出版してる姉とモデルの僕

[AD]

[AD]

モデルさんから投稿頂いた「薄い本を自費出版してる姉とモデルの僕」。

「ふむふむ…なるほどね〜」
「あ…お姉ちゃん…そんなに吸ったら…」
「原稿には飛ばさないでよ?出すなら口に出しなさい」
チンポの味と匂いとフェラしてる時の心境なんかを原稿の端っこに殴り書きしながらフェラされてもう出そう…。


「う…く…出る!」
「んぐっ!?」
姉の頭を抱えて深く突っ込んで射精。
これなら原稿に飛ばないし口に出すって指示も守れたはず。
姉がジタバタしてるけど口から抜いたら残りが飛び散るから頭を離さない。
出し切ってからゆっくりと姉の頭を離して口からチンポ抜いた。
「んく…ん…はぁ…あんな奥まで突っ込んで出したら苦しいでしょ!味わう前に飲んじゃったじゃない…」
「だって原稿に飛ばすなって言うから」
「だからって突っ込みすぎなの!どんな味だったか思い出せないと意味ないでしょ?もう一度出してもらうからね!」
萎んだチンポをまたフェラして硬くさせられる。
「敏感になってるから出ちゃう〜!」
腰がガクガクなってるのに無視して強く吸われてまた出た。
今度は無理に突っ込まないで姉に任せて出したから怒られなかった。
「ふむ…うん…ん…こんな味なのね…やっぱり実際に体験するのが一番だわ」
「ところで今回はどんな話しなの?」
「今回は姉と弟物よ、姉に欲情した弟と襲われたい姉の物語」
「お姉ちゃんまさか…」
「チンポしゃぶられて欲情した?」
「実際にSEXはまずいでしょ!」
「お姉ちゃんもうこんなに濡れてるのにな〜」
襲わせたいようでマンコ見せてくる。
「はぁはぁ…ビショビショ…」
「生で入れて中に出したら気持ち良いと思わない?」
「お姉ちゃんに生で…中出しも…」
目の前でクチュクチュとマンコ弄って見せつけられてやりたくなってくる。
「お…お姉ちゃん!」
「あはっ!弟に押し倒されちゃったぁ!」
「お姉ちゃんお姉ちゃん!」
「ああん!犬みたいに舐めてるぅ!」
「お姉ちゃんのマンコ!お姉ちゃんのマンコ!トロトロで美味しいよ!もう入れたい!チンポ入れて中に出したい!」
「凄い血走った目…弟に犯されるのね…あ…チンポ当たってる…んん!入ってきたぁ!」
「入ってる…お姉ちゃんのマンコに僕のチンポ入っていってる!」
「おほほぉ!深く入ってるぅ!弟に生チンポ入れられたのぉ!」
「入った…全部入ったよ!うっ!」
興奮しすぎて入れただけで出ちゃったけど、そのまま腰を振った。
「あはぁっ!出しながら腰振ってる!オマンコにザーメンすり込んでるぅ!」
「気持ち良い!凄く気持ち良くて腰止まらない!また出るぅ!」
欲望のままに何度も中に出した。
「はぁはぁはぁ…も…もう出ない…」
「何回も出して…オマンコいっぱいよぉ…ん…あん!溢れてきちゃってるぅ…」
「お姉ちゃんの中から僕のが…」
「こんなに出したら赤ちゃん出来ちゃうかもよ?」
「えっ!?」
「お姉ちゃん大丈夫な日なんて言ってないよね?それなのにこんなに中に出して…」
「あ…どうしよう…」
「一回中出しSEXしたくらいで赤ちゃん出来るとか無いと思うけど覚悟はしときなさいよ?パパになるのよ?」
姉は僕にそう言いながらまた原稿の端っこに色々と殴り書きしてた。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次