17,000話以上掲載!!毎日更新!!

再会した初彼とは再び縁を紡ぐことはできなかったけど…

初カノさんから投稿頂いた「再会した初彼とは再び縁を紡ぐことはできなかったけど…」。

高校時代の初彼は、同じ会社の同期入社で再会を果たしたんだけど、配属先が、私は本社だったけど、初彼は技術系だから遠方の現場事務所、全く会えなかった。
初彼とは、故郷が同じ田舎で、高校を出た後、私は今の就職先がある県庁所在地の大学に、初彼は東京にある大学へ進学して、別れた。


だから、故郷じゃない街で再会したから、凄く驚いて、運命だと思ったのに、すぐに離れ離れ。
もう一度、初彼と縁を繋ぐことはできなかった。

故郷は人口10万ちょっとの田舎、県庁所在地と違い、新幹線は走ってない。
駅前のメインストリートも、僅か数百メートルで、すぐに田畑が広がった。
あの街で、初彼と結ばれた。
初めて異性に裸を見られ、更にアソコを見られ弄られ、おちんちんで貫かれ、オンナになった。
まだ、セーラー服を着た16歳だったけど、オンナになったんあだ…と実感した。
初彼とは、初彼の実家の納屋でエッチした。
初彼の祖父母は専業の農家で、豪農とはいかないまでもそこそこ大きい農家だった。

でも、高速自動車道とインターチェンジで農地の7割を失い、初彼の両親の代では、兼業農家になったから、納屋は1回しか使われなくなり、2階は物置になっていた。
そこに忍び込んで、タンスの裏にあるパイプベッドの上でセックスしてた。
セーラー服のままスカートとパンツだけ脱いで、初彼のおちんちんで突かれ、アンアン言って、パイプベッドを軋ませた。
初彼は、射精を終えるとコンドームとティッシュを袋に入れて、帰りに、あの頃はまだ外にあったコンビニのごみ箱に捨てて帰った。

高校を卒業して、生まれて初めて街なかのラブホに入った。
そこで、二人でお風呂に入ってイチャイチャして、初めてクンニとフェラをして、そして、最後のお別れのセックスをした。
コンドーム、4つ使った。
私も初彼も、グロッキー状態だった。
翌日、旅立つ初彼を駅まで見送りに行き、新幹線の駅まで行く在来線に乗る初彼に手を振った。
「お互い頑張ろう。縁があったら、また会えるさ。じゃあな。さよなら…」
「元気でね。今までありがとう。さよなら…」

県庁所在地で再会して、縁があったから再会したと思たのも束の間、初彼は現場事務所のある街へ去って行った。
そのまま、初彼は現場事務所を転々とし、何年も戻らず、戻ってきたときには私も初彼も四十路の既婚者になっていた。
初彼は、新人の頃からたくさんの現場事務所を経験してきて、本社では技術部監理課で、色んな現場の監理や検査をしていた。
私は、初彼が戻ってきたと同時に、監理課へ異動になり、急接近した。

私は、家族持ちなのにときめいて、処女を捧げた初彼に元カノとして接したけど、初彼は、
「やあ、久しぶりだね。なんだか、古い親友と再会したみたいな気分だよ。」
と言って、私を親友扱いした。
だから私は、故郷が同じで高校も一緒だった親友という立ち位置で、初彼と付き合っている。
恋心は隠して、でも、その方が壊れるものも裏切る人も無いし、付き合いやすかった。
二人で呑みに行っても、怪しむ人もない関係で、私だけ秘かに恋してた。

先日、初彼とランチに行ったら、小さな女の子が可愛らしい格好してお母さんと食事してるの見て、しみじみと初彼が、
「うちは男の子だけだから、可愛い女の子も欲しかったな~」
て言ってたけど、私ん家は女の子だけど、私は初彼の子供が欲しかったと思った。
もう、この年で産むわけにもいかないし、もう無理なわけで、辛かった。
旦那も娘も大切なんだけど、初彼とは比べられない。
初彼の親友という立場に甘んじているけど、もし、過去に戻って願いが叶うなら、初彼の子供を生みたい…。

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (2件)

  • 初彼の優しさだな。
    再び交流するなら、お互い家庭があるのだから、元恋人としてではなく、高校時代の親友として交流しようという優しさ。
    甘んじるのではなく、わきまえさ。

コメントする

目次