17,000話以上掲載!!毎日更新!!

性欲強めの母と押しに弱い僕。

[AD]

[AD]

能島琥太郎さんから投稿頂いた「性欲強めの母と押しに弱い僕。」。

母にとっては押しに弱くて自由に使える相手は都合が良いんだろうけど、、、。
「ここならパパに見つからないから、早くチンポ出しなさい」
確かにパパは殆どキッチンには入って来ないよ。
だからってこんな場所でフェラしたいなんて、、、。


「焦ったいわね、勝手に出すから何もしないで良いわよ」
心配でもたもたしてたら母が勝手にパンツまで脱がしてきた。
チャックから出すだけで良いじゃん、、、。
下半身丸出しにされてフェラされる。
「青臭い若いオスの香り、、、また少し大きくなってママ嬉しいわ」
毎日強く吸われてるからね。
音も気にせずジュポジュポとフェラされてもうザーメン出そう、、、。
「出そうなのね?膨らんできたから判るわよ?顔にかけて」
母が口を開けたままチンポを口から離し、手コキでザーメンを出させる。
「あ、、、顔中ドロドロで熱い、、、息子に汚されるの最高」
浴びるだけじゃ足りない母はチンポ使って顔中にザーメンを塗り伸ばす。
そしてまたフェラする。
「美味しい、、、ザーメンの匂いに包まれて汚れたチンポしゃぶるとマンコが疼くわ〜、もうビチョビチョよ」
萎えたチンポを強制的に復活させられ、顔を汚したままの母がパンツ脱いで流しに腰掛ける。
「さあ、その硬いのを入れるのよ、中にたっぷり出して満足させて」
いつもそうだ、僕に生で入れさせて母が満足いくまで中に出させる。
いつか取り返しのつかない事態になると解ってる筈なのに性欲を抑えられないらしい。
仕方なく言われるがまま入れて腰を振る。
「そうよ、日々上手くなってて偉いわね、ちゃんと気持ち良くしてくれて嬉しいわ」
何年も毎日やり続けたら覚えるさ。
キスしてくるけど顔がザーメン臭くて辛い。
母はそんなのお構い無しに舌を絡めてくる。
キスしてきたって事はもうすぐイキそうなんだな?
タイミングを見計らって母の中に出す。
上手く合えば一回で満足してくれるから必死にタイミングを計る。
ここ!
マンコの締まり具合と母の舌の動きで確信を持って中に出したら成功した。
「凄いわ、ピッタリ合わせて出してくれたから最高のイキかた出来たわ!今日はご褒美にアナル使わせてあげるわね!」
いつもと違うじゃん!
いっかいで終わらないの?
「自分で少しずつ広げたの、まだ誰にもチンポ入れさせたことないのよ?初めてのアナルなんだから喜んでね」
母が後ろを向いて立ち両手でお尻を広げてアナルをチンポに押し付けてくる。
入れなきゃ終わらないんだろうな、、、。
仕方ないからしっかりチンポ持ってアナルに挿入した。
「おほおぉ…腸が抉られてる〜」
ズブズブとチンポが入っていきお尻にぶつかって腰が止まる。
「こんなに気持ち良いなんて、、、アナルにもハマりそうだわ〜」
ズプズプとチンポを抜き挿ししてアナルを突いて腸内をかき回す。
「ひぐっ!アナルでイク!」
こっちの方が感じやすいのかな?
マンコより早くイキそうになってたから慌てて激しくして中に出した。
「腸の中に流れ込んでくる〜!アナルも最高よ〜!」
これで終わった、、、。
「アナル気持ち良かった?良かったわよね?またやりたいでしょう?」
グイグイとお尻を押し付けてくる。
終わりだと思ったのに、、、。
続けてアナルでやって二回目。
「あは〜!最高!マンコも良いけどそれ以上だわ!今日からマンコとアナル両方の中に出すの決まりね!明日も頼むわよ」
やっと解放された。
拭くものが無いから腸液とウンコまみれのままチンポしまう。
「今日はお風呂禁止、チンポに匂いを染み込ませて変な女が寄り付かないようにするから」
このまま一晩過ごすの?
朝シャワー浴びても手遅れになりそう、、、。
だけど母は朝のシャワーも許してくれなかった。
「そのまま今日一日過ごすのよ、匂いが付いたチンポに群がる女はいないでしょうからね!」
母の臭さをチンポから漂わせて一日中過ごした。
周りにバレてないかと不安でしょうがなかったよ。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次