エッチ体験談が10000話を突破しました。

親友の彼女を寝取り、寝取られ、妊娠、そして堕胎・・エッチな体験談

親友の彼女を寝取り、寝取られ、妊娠、そして堕胎・・落ち込んだエッチな体験談。

何から書き出していいのか…。
大学に入りたての頃、俺はAという親友が出来た。
性格も体格も年齢も(A1浪)まるで違ったが何故かよく気があった。
アパート互いの部屋が近所な事もあり大学ではホモ説が囁かれるほどつるんでた。
当時俺は小柄で線も細かった為、よく女に間違えられたしな。
そんなAには付き合って何年にもなる彼女がいた。
芸能界にスカウトされることもあったらしくよく自慢していた。
童貞だった俺は可愛い彼女がいて羨ましいなと思っていた。
入学時、Aは他県から来たので、二人は遠距離恋愛だった。
電話やメールでのやりとりに何故か俺も参加させられ、頻繁に起こる喧嘩のとりなしなどしていた。
Aの彼女(以後B子)はかなり疑り深い性格で浮気してないかどうかの探りも俺にさせようとしたりしていたみたいだ。
AはAで彼女に対してはかなり亭主関白(?)な態度で、揉め事があると暴力を振るうこともあったみたい。


今から思うと問題だらけだなこのカップル。
10年も前で記憶もあやふやだが。
B子は専門を卒業し、大学近くに就職を決めた。
Aは彼女と一緒に暮らす部屋に引っ越し遠距離は終了。
俺は多分これから疎遠になってしまうだろうと少し寂しく思っていた。
…が、B子は何かと俺に電話をよこした。
Aが飲み会やバイトでいないとご飯に誘ってくるし、喧嘩しては俺の部屋に逃げ込み、その度に不満を聞きなだめていた。
俺も一人で知らない場所に来て知り合いも他に無く不安なのだろうと思っていたし、
一時はおさまっていたAの暴力も続いていたみたいだから出来る限りフォローした。。
B子の話を聞く内に遠距離恋愛中に何人もの男と浮気していたことが解った。
当時童貞だった俺はビビったが平静を装い理解を示そうと頑張った。
浮気の一因はAの態度や暴力にもあると思ったし。
今では馬鹿な事したと思うけど喧嘩がある度に車で迎えに行ってAの頭が冷えるまで連れ出したりしてた。
Aはいつもすまんとか言ってくれたけど本当は鬱陶しかっただろうな。
ある日俺は飲み会でベロベロによってしまったんだが、B子から喧嘩したとのメールが。
酔っているので車で迎えに来てもらう。
酔っぱらいながら空気が読めない俺は笑いながらどうしたのか聞くとAとは終わったと言う。
よくあるセリフだったので酔っぱらいの俺は爆笑、した途端平手打を喰らった。
腰が抜けてポカンとしている俺にB子は「私を守ってくれるのは○○君しかいない。仕事の愚痴だって○○君にしか言えない」と泣きながら叫び俺に唇を重ねてきた。
俺は酔いも手伝いそのまま部屋で童貞を捨てた。
体の相性が良かったのか童貞がバレずに彼女は俺の上に乗り何回もイっていた。
入れる場所がわからないのがバレなくて良かった。
関係を持ってからが大変だった。
当然Aには関係をバッサリ切られ、大学内でも話は行き渡ってしまった。
Aの知り合いの女からは冷たい目線が…。
B子には毎晩のように「戻ってこなければ自殺する」と電話がかかり、B子は「何年も付き合ってたらもう家族のようなものだ。ほっておけないと」とAの家に行ってしまった。
それでも付き合って(?)約二ヶ月は旅行に行ったりとそれなりに幸せだったようにも思える。
Aは遠距離中の浮気も打ち明けられ辛かったろうな…。
B子は他人の携帯を見ないと納得のいかない性格のようでメモリから女の子の名前は殆んど消された。
あるときB子は仕事では収入が足りないので居酒屋で働くと言い深夜まで帰ってこなくなった。
日中も居酒屋の社員や客と遊ぶようになっていった。
他人の携帯に興味がなかった俺だがさすがに怪しく思い家に忘れた時にでも携帯を見てみることにした。
授業が休講になり家に帰ると携帯が家に置いてある。
メールをチェックしてみる。
Aに対しバイト疲れただの、仕事起きるのが辛いとかのあたりさわりない愚痴にB子の体調を気遣うA、人の体調をいつも心配してくれる気の良いヤツだった。
B子の返信メールは「大好き」の一言。
思えばこの日から泥沼に突入していった気がする。
メール見て良かったのか悪かったのか…。
もちろんヘタレな俺はすぐには問い正せない。
遠距離中の浮気話が頭をよぎり疑り深くなっていく。
この時の俺はうざい男だったろうな。
疑いは的中したけど。
これから少し重たい話題になる。
未だに当時の自分の判断が正しかったのかわからない。
その内メールにはバイト先のヤンキーみたいな社員とのやりとりが増え、バイト中にキスをした話題まで出てくるようになった。
さすがに問い正すが、「疑うなら好きにすればいい」と言われ撃沈。
後にも先にも事ある度あんなに沢山「じゃあ別れればいいじゃん」て言われることないんだろうな。
しばらくして「距離を置きたい」と言われB子は他に部屋を借りた。
一週間くらい殆んど最低限のメールしかしなかった。
その時は静かにしてる方が良い結果になると思ったから。
そして電話がきた「家で一緒にご飯食べよう」俺はB子の家まで走っていった。
ご飯のお礼に後片付けをして生ごみを捨てようとポリ袋を広げた途端臭うあの臭い…丸まった大量のティッシュ。
一週間でその部屋に何が起きたかはわからないが俺は他に思い付かなかった。
目の前にある事実をさらしてもB子は浮気ではないという。泊まりに来た男女がヤって捨てていったと。
そして疑うならもう終りだと。付き合う前から散々疑われたんだけどな。
部屋を追い出された後電話しても着信拒否に。
完全に撃沈したと思い鬱になりかけ、学校にも行かずに2週間程たった時、B子から着信が。
検査薬を使ったところ陽性だったという。テンパる俺。
一日時間をくれと頼む。学校を辞めて働く決意をし、B子の家へ、だか話が何だか噛み合わない。
愛情がない夫婦の子供なんて、私はもうあなたが好きではないとか。
つまりもうおろすのは決めているので手術費を出せということです。手術日まで決めてたし。
Aに呼び出されなぜそんな目にあわせたんだと怒鳴られ、責められたが事実をそのまま話すことは何故か出来なかった。
当日、看護士と待合室の患者(?)達の冷たい視線を浴びながら待合室で待つ。
何故かシウツ同意書にはAの名前が…。
何時間待ったかはもう覚えてないが一生で一番長い待ち時間だろうな。
終了後車まで抱え家に帰る。今後一週間の介護を頼まれ了解した。
しかし翌日からB子は知り合いに電話しまくり子供を堕ろさされたと言いまくっていた。
俺の目の前だけでも5~6人には言いふらしたかな。
さらに居酒屋のヤンキー店員を呼ぶと言うのでもう面倒をみる義理はないと伝え部屋を出て自宅に帰る。
その後は部屋を引き払い地元に帰ったらしく一度も見ていない。
噂によるとAも関係を切ったようでその後は新しい彼女と暮らしていた。
何年か前にメールが来たがアドレスを変えて無視している。
残念だがAとは在学中殆んど話せずちゃんと謝ることすらできなかった。
トラウマを引きずり色々な女性と付き合ったが、今は大学の後輩だがAもB子とも一切ゆかりのない嫁と結婚し、幸せです。
Aへの謝罪と自分が金を出して奪った生命だけが心残りですが。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!