17,000話以上掲載!!毎日更新!!

娘の母親になったかもしれない思い出の彼女の淫らな秘密

[AD]

[AD]

男寡さんから投稿頂いた「娘の母親になったかもしれない思い出の彼女の淫らな秘密」。

12年ぶりに舞い戻った思い出の地。
前妻に浮気されて離婚して、小学校低学年の娘を抱えて、とても辛かった時、一緒に居て支えてくれた彼女がいた街だ。
彼女のアパートと携帯の連絡先は分かっているけど、きっともう結婚してアパートを出ただろうし、今更連絡する理由もない。

離婚した14年前に出会って、娘をとても可愛がってくれた。
付き合ったのは、2年弱だったな。
彼女は10歳年下だったけど、セックスも良くて、結婚の話も出ていた。

彼女は東京で男に騙され、不本意にも素人AVに出されて、仕事を辞めて、故郷にも帰れず、地方都市に移り住んでた。
AVを白状したのは、娘の母に泣てくれないかと言った時だった。
彼女は自分が出たAVを持ってた。
それは、見せられた時の3年前、彼女が22歳の時で、ラブホでの隠し撮り風だったが、実際に隠し撮りだったそうだ。
当時の彼氏の借金のカタに、男2人に輪姦されるんだが、予めホテルには3箇所にカメラが仕掛けてあって、それを撮影されてた。

脱がされ、男たちに足を広げられ、彼女のマンコがモザイク越しに映し出されていた。
吸引器がクリに吸い付き、クスコが入れられてマンコの奥の襞まで覗かれていた。
不覚にも漏らした彼女の羞恥愛液が光線に反射して輝いた。
男たちの愛撫が大胆になっていった。
吸引機が外された売りは、包皮が捲れ、勃起した赤い充血クリが露わになった。
その敏感なクリにローターが当てられ、説教と共に身悶えするが、男に抑えられて逃げられず、絶望の潮を噴いた。

次から次へ、男たちの指が彼女のマンコを凌辱していった。
指が1本、また1本と、彼女のマンコの中へ入れられた。
クチュクチュ、ピチャピチャ、マンコをまさぐる淫靡な音が聞こえた。
そしてバイブが入れられ、強制的な快楽地獄が始まった。
もんどり打ってヨガり狂う彼女は、普段のお塩や下で大人しいイメージからは考えられない、淫乱な姿を披露していた。
髪を振り乱し、乳を揺らし、腰をガクガクさせて、白目を剥いてイキまくった。
嫁入り前の乙女には酷な羞恥プレイが続いた。

その後、生のまま入れられたチンポで散々犯され、何度もイカされた身体は敏感になって男のチンポでもイキまくった。
あまりの快感に中出しされたことにも気づかず、もう一人の男の生チンポにも犯され、狂ったようにイキまくり、最後、二人の男に中出しされたことに気付き、
「イヤ~~~~」
と泣き叫びながら、マンコから精液をっ気出すシーンがフェードアウトになっていった。

俺は、そんあAVを見せられても、彼女に対する思いは揺らがなかった。
しかし、そんな時、娘のぜんそくが悪化して、子育ての経験が無い彼女に面倒を見るのは困難なことに気付かされた。
決定打は、娘のぜんそくが絶望的なほど悪化して、地方都市でも無理になって、山間の診療所付き療養所へ行くことになった。
俺は、異動願を書いて、山間の診療所のある街の営業所へ異動した。
誰も逝きたがらない田舎だから、すぐに受け入れられた。

彼女とは、泣いて別れた。
生まれ変わったら、その時は…と言って、最後のセックスをした。
娘も泣いていた。
「さよなら。元気でね。」
と彼女に見送られ、彼の地を後にした。
泣きじゃくりながらせき込む娘を抱いて、療養所を目指した。

環境の良い田舎で父娘で頑張った。
部屋に療養所の部屋には、写真立てが置いてあり、あの頃、まるで家族みたいに彼女と3人で旅行に行った時の写真が入れられてた。
娘と彼女が海辺で大笑いしてた。
娘には心の支えの写真だが、俺は見る度に涙が出た。
写真を見なくても、彼女のことを思い出していた。
血が繋がっていなくても、凄く仲良しだった娘と彼女、笑顔で遊ぶ二人…
もう一度、3人で手を繋いで歩きたいと何度も思った。

12年ぶりにこの街へ戻ったのは、娘のぜんそくが治り、大学進学で上京したから、俺も本来の仕事に戻されたのだ。
やっぱり、彼女のことは思い出す。
今更一緒になりたいとかは思わないけど、あの時、仲良くしてくれて、愛してくれて、本当にありがとうと伝えたかった。
彼女に支えられて、俺と娘がどれだけ助かったか、どんなに幸せだったか、伝えるだけでよかったけれど、12年過ぎて連絡されても戸惑うだろう。

年賀状くらい、出せば良かった。
今じゃ出す理由もないし、出しても届くかどうかわからない。
彼女が住んでたアパートに行ってみたけど、彼女、もう住んでなかったよ。
メルアド…今時ラインが主流だけど、もしかしたら届くかもしれないけど、幸せな結婚をして家族が出来てるだろうから、連絡はしないでおくよ。
俺もアラフィフ、もう、恋をするには遅すぎるし、彼女を最後に、恋が出来なくなっている。
彼女が、最後の恋だったんだと思う。
だから俺は、この街で、彼女との思い出を胸に、ひとり、生きていくさ。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (3件)

  • なんか、切ない話ですね。
    健康上の理由で終わる恋って、どうしようもないですね。
    縁が無かったと諦めるしかないですね。

  • アパートじゃ、12年も住んでないよね。
    もう、思い出でいいと思うな。

コメントする

目次