17,000話以上掲載!!毎日更新!!

私達2人で1人の男子を密着騎乗位でゴム中だし生活(第2章)

[AD]

[AD]

騎乗位好きな女子二人さんから投稿頂いた「私達2人で1人の男子を密着騎乗位でゴム中だし生活(第2章)」。

 私真衣と親友沙友里で、俊君を密着騎乗位でゴム中だし、人生初めての射精体験をさせたK校1年の11月23日。それ以降の話をさせていただきます。前回はダラダラした長い話でつまらないとご指摘を受けました。申し訳ございませんでした。要点をまとめて書かせていただきたいと思います。長くなったらごめんなさい。
 私と沙友里は、11月23日に俊君を「密着騎乗位でゴム中だし」を10発ずつ射精させてあげました。俊君のオチンチンは勃起しっぱなしで、まるで棒のアイスが私達の膣内を刺激しているみたいで、気持ちよかったです。ただ挿入してから私達が腰を動かすと1分足らずで逝ってしまう為、私達は俊君のオチンチンにゴム装着後挿入し、動かないまま俊君に抱きついたままじーっとしていました。俊君を動けないように手足を縛り、その上に私が抱きついて挿入したままの状態を保ちながら、オチンチンが私から抜けないようにして眠りました。(ちょうど午前0時頃)
 午前3時に目が覚めました。私と俊君は汗でベトベトでしたが、しっかり密着騎乗のままオチンチンが私の奥まで挿入しっぱなしでした。目が覚めた瞬間「ドピュッツドピュッツドピュットドピュッ・・・・・・」の気持ちよさが襲いました。俊君も興奮し、もの凄く気持ちよくなっていました。そして俊君の左側に添い寝(しっかり俊君の手を握った状態)してた沙友里も目が覚めました。なんと私は、俊君が熟睡したままの状態で射精させちゃったのです。

真衣「俊君逝っちゃったの?私動いていないよ!」
沙友里「うそ?真衣寝ながら俊君を逝かせちゃったの?凄―い!」
真衣「俊君のオチンチンまだ勃起している!3時間も私の中で勃起したままだよ!」
沙友里「真衣、今度私にさせて、俊君のオチンチン、密着騎乗位で挿入したままでいたい!オチンチン私の中に入ったままで俊君を強く抱き締めてあげて寝たい。」
 そして、私は俊君のオチンチンを抜き、射精したコンドームを外しました。オチンチンを綺麗にしてから今度は沙友里がコンドーム装着し挿入。俊君に身全体を密着して抱き締めながら就寝しました。そして約3時間後沙友里が目覚めました。沙友里も寝ながら俊君をゴム射精で逝かせてあげたのです。射精したコンドームがお互い11個ずつ
(ベッドの左側が私真衣、右側が沙友里)しっかり並べておきました。あと一回ずつで12個。一箱のコンドームを使い切る為、まず私から密着騎乗位で挿入しました。私が俊君を抱き締めながら腰を動かしている中、部屋のドアが開きました。なんと美香さんと由香さんでした。
美香・由香「真衣!やだーエロい!何このコンドームの数!1つ、2つ、3つ……22個も!あなた達一晩で俊君のオチンチンこんなに射精させちゃったの?」
真衣「先輩見て!私の密着騎乗位、俊君を気持ちよくさせてあげますから!」
 そして私が腰を動かしてから2分位(少しは長くなった方)、俊君が興奮冷めやまない状態になりました。まだこの時は俊君には「逝く」と言うことを私達は許してませんでした。そして「ドピュッツドピュッツドピュットドピュッ・・・・・・」

私は俊君の射精したコンドームを由香さん達に見せました。「先輩、これが私の密着騎乗位です。そして俊君を気持ちよく射精させてあげた証です」と。続けて沙友里が俊君のオチンチンにゴム装着。密着騎乗位で挿入しました。俊君のオチンチンは絶倫状態でビンビンに勃っていました。
沙友里「先輩、私も真衣に負けない様に俊君のオチンチンをこの密着騎乗位で気持ちよーく射精させてあげますから。」
そして約3分後、沙友里の中で「ドピュッツドピュッツドピュットドピュ・・・・・」
俊君は失神してしまいました。
沙友里は挿入したまま俊君を抱き締め、ディープキスしていました。
美香・由香「真衣、沙友里!分かったわ。2人とも密着騎乗位エロイね!実はね、俊君ののお姉さん言われたの。しっかり見届けてあげてねと!だから来ちゃった!これからあなた達の密着騎乗位で、俊君をもっともっと気持ちよくさせてあげてね!」

そして美香さんと由香さんは出て行きました。それから30分後俊君目が覚めて、沙友里は俊君を挿入し抱きつきながら寝ていました。射精したゴンドームで挿入したままなので精子が漏れないか心配でしたが、私達は排卵期ではなく、またアフターピルも飲んでいたため安全には万全を期していました。すると沙友里が眠ったまま突然腰を動かし
始めました。俊君は興奮しまた逝ってしまいました。沙友里は射精済みコンドームでまた射精させのです。そして私達の密着騎乗位で射精させてあげたコンドームは12個ずつ。写メに収めました。俊君は合計24発私達の密着騎乗位でゴム射精した訳です。コンドームはまだ398箱、4776個も残っています。

沙友里「俊君気持ちよかった?私も気持ちよかったよ。これからずーっとずーっと私と真衣で俊君に密着騎乗位してあげるからね!まだコンドームこんなに残ってるし。」
真衣「俊君、実はね私達過去に集団レイプされちゃったの!それから普通のセックスが出来なくなっちゃって。」
沙友里「そう、完全に男恐怖症になっちゃたの。でも俊君がいるから今生きていられる。私と真衣は俊君を好きになっちゃったの!」
2人「俊君、絶対に私達から離れないでね!私達俊君なしで生きていけないから。。」
真衣「それから俊君、オチンチンを自分で扱いちゃダメだからね!」
沙友里「俊君、オチンチン射精したくなったら私達に言って!私達がコンドームつけて、私沙友里と真衣の密着騎乗位で気持ち良ーくさせてあげるからね!」
2人「俊君は誰にも渡さないから!これからいつまでもいつまでも一緒だよ。永遠に永遠に密着騎乗位だけのセックスをしてあげるからね!」
私達は中学の時、不良グループから集団でレイプされたのです。そして死のうと考えていたとき由香さんと美香さんに助けられ、そして俊君に出会いました。俊君は女性経験はもってのほか、「射精」した経験もなく「密着騎乗位」だけのセックスしか知りません。そこで私真衣と沙友里の2人で、大好きな俊君に「密着騎乗位」のセックスしかしてあげないと決めました。
 初めての日には24発射精させてあげました。俊君のオチンチンを休ませる為、24日の朝、私達は実家に戻りました。母親も俊君との事は了承済みでした。しばらく排卵期を迎え、安全日が来るのを待っていました。次に俊君を密着騎乗位に誘ったのは12月になってからでした。17日から長い冬休みに入る為、16日(月)だったと思います。私達は俊君をつかまえてコンドームをちらつかせました。そして、

2人「俊君、密着騎乗位しよー!」2人で俊君のオチンチンを撫でながら
真衣「俊君のオチンチン約3週間もご無沙汰ね?」
沙友里「私と真衣でこのオチンチン!凄く気持ちよくさせてあげるから」
真衣「いっぱいいっぱい密着騎乗位してあげる!」
2人「俊君、オチンチンオチンチンいっぱいいっぱい気持ちよーく射精してね!」

そして16日の昼から密着騎乗位を始め、その日は5発ずつ、2人で計10発俊君を密着騎乗位で射精させてあげました。その夜は普通に就寝し次の朝6時に私と沙友里は目を覚しました。(俊君はまだ寝ています)
沙友里「真衣おはよう!」 真衣「沙友里おはよう!」2人でまだ寝ている俊君を愛撫始めました。俊君のオチンチンは立派に勃起しています。
沙友里「真衣、今日はこのオチンチン私から入れちゃうね!」
沙友里はコンドーム装着し挿入。そして密着して俊君に覆い被さり抱き締めてあげ、腰だけを動かし始めました。
沙友里「真衣、俊君のオチンチン元気いい!私の中でピクッピクッと動いてるわ!私も気持ちいい!」
そして1分経たなかったと思います。俊君のオチンチンは沙友里の中でコンドーム内で暴発してしましました。同時に俊君は起きました。凄く興奮冷めやまない状態で目が覚めたと思います。
2人「俊君おはよう!そしてオチンチンも・・・」
沙友里「俊君のオチンチン元気いい!久しぶりだからすぐ逝っちゃったね?」
俊「沙友里さん、真衣さん、おっおっおっはようございます。あーーっ」
沙友里「俊君、今日12月17日だから、私達22日までずーっと一緒にいるから、6日間いっぱい密着騎乗位出来るね!オチンチンいっぱいいっぱい気持ちよーくしてア・ゲ・ル!いっぱいいっぱい射精してね!」
真衣「沙友里、いつまで俊君のオチンチン入れっぱなしなの?早く抜いて。次私!」

そして私も俊君にコンドーム装着し挿入。身体全体密着して俊君を強く抱き締め、愛情込めたキスで舌を絡ませながら密着騎乗位を始めました。また1分足らずでゴム射精。その日は午前中だけで、私達2人で5発ずつ、午後は7発ずつ。トータルで私=12発、沙友里=12発で計24発も俊君のオチンチンを密着騎乗位で射精させてあげました。射精したコンドームもしっかり並べていました。夕方お風呂に入り、俊君が振る舞った美味しい料理を頂いて、夜の部、19時~スタート。
沙友里「俊君入れるね」とコンドーム装着し挿入。身体全体密着した騎乗位を始めるころでしたが・・・?
真衣「沙友里、動かないの?」
沙友里「俊君逝くの早いから、しばらくこの勃起したオチンチン、私の中に入ったままの状態で。。。こうして俊君を抱き締めていたままでいたいんだ!俊君チュッ」と舌を絡めました。沙友里は腰を動かさずとも、自分の膣内を動かすことが出来るようになっていました。膣内でオチンチンを締め付けたり緩めたり、オチンチンを吸引運動で摩擦し刺激し始めたのです。
沙友里「俊君、今日から逝く時はイクッて言っていいからね!」
そして俊君が「イクッ」と言い始め、
2人「俊君、逝って!白い液いっぱい出して!オチンチン気持ちよーくなって!」そして「ドピュッツドピュッツドピュッ・・・・・・」
それからしばらくの間、15分位沙友里は俊君に抱きついたままじーとしていました。膣内だけでオチンチンへの摩擦運動でゴム射精に導いたのです。

沙友里「俊君の精子、コンドーム越しで私の中を突き刺してくるのがよーく分かる。すっごく気持ちいいよ!」
真衣「沙友里、凄い!私の是非やってみたい!」
俊君のオチンチンは勃起が治まらない状態でした。
2人「俊君オチンチン凄ーく固いはち切れそうに勃ってるよ。痛くない?」
俊「オチンチンは痛くないです。凄くかゆくなり、オチンチンを中心に下半身全体が貧血起きた感じでモワーっとなり、かゆくてかゆくて仕方がないです。だから僕動けない状態です。。ワーッ」と震えが止まりません。
真衣「俊君黙っていて、入れるよ!」コンドーム装着し挿入。私も俊君を思いっきり抱き締めながらキスをし、私の膣内に全神経を集中しました。すると私も膣内が勝手に動き始めたのです。腰を動かしている時よりはオチンチンへの刺激の力は劣りますが、充分アソコでオチンチンを摩擦し刺激しているのがわかりました。そして15分後射精させてあげました。その夜は計5発づつ10発射精させ、その日のうちは私真衣が17発、沙友里も17発、計34発も俊君のオンチンを密着騎乗位でゴム射精させました。俊君のオチンチンは凄いことになっていました。赤く腫れ上がっておりその反面異常な絶倫でした。質の良い食、スタミナ、適度な運動、そして「勃起持続剤、精力増強剤など」服用し、私達と一緒にいる時はオチンチンは常にビンビンな立派な勃起したオチンチンを保っていました。また、自分で手で扱く事を禁止していまさいた。射精する時は必ず私と沙友里のコンドーム装着の密着騎乗位のセックスに限定していた為、より気持ちよく射精出来ていました。俊君が生まれて初めて射精した快感の感じがずーっと残っている。そして凄ーく気持ち良く失神してしまうとの事でした。
 18日(水)は、私真衣=15発、沙友里=15発で計30発、19日~22日は10発ずつで、23日は休み。そして24日のクリスマスイブの日は、私真衣=16発、沙友里=16発で、トータル32発。11月からの累計で私真衣=100発。沙友里=100発で計200発
俊君を密着騎乗位のみで気持ち良くコンドーム内射精させてあげたのです。

クリスマスイブの計100射精記念の時の話。12月24日の夜11時を回っていたと思います。俊君のオチンチンは相変わらずビンビンにはち切れそうで、勃起が治まらない状態でした。お互い99発づつであと1発で100射精記念を迎えます。
2人「俊君よく頑張ったね?あと1発づつだよ!がんばろうこのオチンチン!」
俊君「2人とも疲れないですか?何なら僕動きますか?」
2人「ダメ!」と2人で俊君をビンタしました。俊君は泣き出してしまいました。
真衣「俊君ゴメン叩いたりして、私達は大丈夫だよ鍛えているから。」
沙友里「俊君、聞いて!私達レイプされたって言ったじゃない?それから男恐怖症に襲われ、男に攻められるセックスが怖くなったの!」
真衣「そんな時に俊君に出会った。俊君純情で繊細だし今の私達にピッタリ!またセックスについて何も知らないから私達は俊君には、セックスは完全受け身でいて欲しいの!ずーっと私真衣と沙友里で密着騎乗位でいっぱい気持ち良くなって欲しいの!」
2人「俊君は絶対に動かないでいいんだよ。私達が愛情込めて俊君を密着騎乗位で気持ちよくしてあげるから。。。俊君のオチンチンをいっぱい気持ち良くしてあげる。それが私達の使命、生きる道。」
真衣「だから俊君、一生密着騎乗させて!」と言って最期俊君の両手両足を縛り付けて動けなくし、2人で優しく愛撫し、私真衣から導き入れたのでした。
真衣「俊君入れるよ」とコンドーム装着、挿入。そして身体全体密着して抱き締め、ゆっくりと密着騎乗位を始めました。密着して挿入している時間を長くし、ディープキス等愛撫を重ねました。結局5分後に俊君は射精してしまいました。記念すべき100発目、俊君を密着騎乗位でゴム射精させたわけです。
真衣「俊君おめでとう!しばらくこうさせて」とゴム射精挿入したままで俊君を抱き締め動かないでいました。
10分後沙友里が「俊君、次わたしの番ね!」といって繋がっている私を引き離し、コンドームを交換し、挿入。より愛情込めて身体全体で俊君を抱き締めながら舌を絡ませ、ゆっくりと腰を動かしました。11時45分でした。
沙友里「俊君、12時ジャストで射精して!」といって動かないで膣内だけで摩擦し刺激を始めました。
沙友里「俊君、大好きだよ!俊君、絶対に私達から離れないでね!一生密着騎乗位だけのセックス続けよう!」
2人「私達俊君が大好きだよ。私達の恋人だよ。だからオチンチン、いっぱいいっぱい気持ちよくなってね。」
そして12時を迎えるカウントダウン俊君が「イクッ」と言います。5,4,3,2,1,発射「ドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッツ・・」
俊君のオチンチン、射精の勢いが一層増し沙友里の膣内でコンドーム越しで勢いよく好き差していました。そして沙友里と俊君は気絶してしまいました。沙友里は俊君を強く抱き締めたまま密着し眠ってしまいました。射精し勃起したままのオチンチンは沙友里の膣内に吸い込まれていく状態でした。私真衣は俊君の左手を両手で握りしめ、ディープキスをし続けました。しばらくこの状態を維持しながら私達3人は眠ってしまいました。この時だけ俊君のオチンチンが沙友里の膣内に入っている事が残念ですが。私達にとっての素敵なクリスマスイブを迎えたのです。

 普通、セックスは8割が男が攻めるセックスが一般ですが、私達には出来なくなってしまいました。3人共好きでやっている訳で、必ず私真衣と沙友里の2人で俊君を「3Pで密着騎乗位」の関係をこれからもずーっと続けていく事でしょう。また3人のうち1人でも欠けるてもダメで絶望的です。私真衣と沙友里の2人は一生俊君の事を愛し続けます。俊君には完全受け身になり、私達で最初から最後まで密着騎乗だけの体位を続け、俊君のオチンチンを気持ちよーくコンドーム内に射精し続けていきます。

                                           次回は最後の章です。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次