エッチ体験談が10000話を突破しました。

彼女と電マとバイブを使ったセックスにハマつつある

最近の彼女とのエッチ。
電マとバイブの併用が増えてきている・・

一緒に寝てると、自然と俺の乳首を触ってくる。

エッチの合図。

服をまくってあげると、乳首をゆっくりと舐めてくる。

まわりをゆっくり舐めたり、チロチロ舐めたり・・

さすがに俺の気持ちいいところをよく知ってる。

途中から俺の下半身に手が伸びる。

パンツの上からゆっくりと玉のほうから触ってくる。

俺の体がビクついてくる。

そして、徐々に俺の下半身のほうに顔が近づく。

下着を脱がさずに、足の方から手を入れてきたり、足のほうから太ももの付け根や玉を舐めてくる。

最高に気持ちいい・・

俺の液が染み付いた下着を脱がして、フェラ。

手と口でねっとりと舐めてくる。

俺のアソコは最高に膨張してくる・・・・

「下着になって、俺の上にまたがって」

69の体勢に。

「フェラしてるだけなのに、濡れてるよ・・・」

イジワルな質問をする。

「・・・うん」

太ももからゆっくり触って、アソコの周囲を舐める。

「ん・・・・・」

フェラしながらの喘ぎ声はエロい。

下着をズラしてクリを軽く舐めると、彼女の腰が動く。

彼女のアソコはすでに洪水状態で垂れてきている。

そこでバイブ登場。

バイブの振動を太ももからゆっくりとアソコに近づくようにあてていく。

ゆっくりと焦らして・・・

ゆっくりとクリの皮の上からあてていく。

彼女の腰が逃げようとするのを止めながら。

「あん・・・・・・・」

彼女のフェラが激しくなってくる。

クリにあててながら、ゆっくりと穴を攻める。

ピチャピチャ音をたてながら。

彼女の腰はビクビク動いている。

「入れて欲しい???」

またイジワルな質問。

「うん・・・」

「どうしよっかなぁ~」

と言いながら、ゆっくりとバイブを挿入。

「入ってるところが丸見えだよ。」

彼女の喘ぎが大きくなってくる。

強弱をつけながら、ゆっくりと気持ちのいいところにあてたり。

「もうダメ・・・・」

彼女がフェラできない状態になってきている。

そのまま逝ってしまう・・

アソコとアナルがヒクヒクしている。

そして電マがスタート。

まずは下着の上から、クリ上部にゆっくりとあてる。

下着がどんどん濡れてくる。

彼女はフェラできない状態で、ゆっくりとクリにあてたり。

そのままバイブも挿入。

「ホントにダメ~!!!!」

逃げようとする腰をおさえると、あっという間に逝ってしまう・・・

大量の潮が顔にかかる。

そしてバイブを入れたままフェラ。

バイブを抜いて挿入。

すでにヒクついているアソコが最高に気持ちいい。

彼女が抱きついてくる。

「死んじゃう!!!!」

そのまま正上位の変形でまた潮を吹いてしまい、騎上位もできない状態。

バックに移動すると、彼女が腰を動かしてくる・・

激しくつくと、彼女が逃げるので寝バックの状態に。

彼女は軽く痙攣状態・・

そしてそのまま口に大量の精液をフィニッシュ。

お互いの快楽が最高になるエッチは最高です。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!