毎日5記事更新 !! エッチ体験談 16,500話 突破!!

いつまで続けられるかな?

ベルさんから投稿頂いた「いつまで続けられるかな?」。

「お姉ちゃん、僕達っていつまでこの関係続けられるかな?」
バックでマンコを突きながら話しかけた。
「どうしたの?お姉ちゃんとするの嫌になったの?」

「違うよ、お姉ちゃんもいつかは結婚して家を出ていくでしょ?そうなったらもうお姉ちゃんとSEX出来なくなるから寂しいな…って考えちゃってさ」
「バカねぇ、お姉ちゃんが彼氏作らないの知ってるでしょ?SEXしてるのもあんただけよ?あんたが彼女作って結婚して家を出ない限りお姉ちゃんはずっとあんたとSEXする気よ?」
「僕も彼女作るつもり無いからお姉ちゃんと一生この関係でいられる?」
「お姉ちゃんとだけ?本当に?」

「お姉ちゃんとしかSEXしたいと思わないもん、他の女の人見てもやりたいって思えないから僕がSEXするのはお姉ちゃんだけだよ」
「それなら一生関係は変わらないし終わらないわよ」
「良かった…もしお姉ちゃんに僕以外で好きな人がいて結婚考えてるとかだったらどうしようかと不安だったんだ」
「そんな事考えてたの?もしお姉ちゃんが他の人を好きになってたらあんたとSEXしてないわよ」
「ありがとう、やっぱりお姉ちゃん大好き」
「お姉ちゃんもあんたの事大好きよ」

「ねえねえ、大好き同士なら赤ちゃん出来たら産んでくれるよね?」
「中に出したいの?」
「うん、お姉ちゃんと僕の赤ちゃん欲しいんだけど…ダメ?」
「あんたまだ中学生でしょ?その歳でパパになりたいの?」
「お姉ちゃんと赤ちゃん作れば親も認めてくれるんじゃないかな〜って…」

「ああ〜、そういうこと…確かに赤ちゃん作っちゃえば血の繋がった姉と弟でも認めるしかないかもね」
「でしょ!でもそれだけじゃないよ?本当にお姉ちゃんとの赤ちゃんが欲しいんだ!僕のお嫁さんになって欲しい!」
「それSEXしながら言うのは反則じゃない?」
「ねえ、僕と赤ちゃん作ろ?ゴム外して良いでしょ?お姉ちゃんの中に出したいよ」
「あん!奥をグリグリしながらは卑怯よ…そこ弱いの知ってるくせにぃ…」

「この奥に出させてよ、ね?」
「もう!そんなにグリグリされたらお姉ちゃんも赤ちゃん欲しくなってきたでしょ!ゴム外して良いわよ…」
「やった!お姉ちゃんと赤ちゃん作れる!中に出すの初めてだね!男の子かな?女の子かな?元気な赤ちゃんが生まれると良いね!」
「ん!赤ちゃん作るのは良いけどゴム外したらバックじゃなくて正常位で入れて」
「オッケー、じゃあゴム外したから正常位で入れるね?」
「あは…バックも良いけど正常位だと顔が見れて良いわね」

「キスも出来るしね!」
「中に出す時はキスしながら出してね?」
「本当に結婚したみたいだね」
「赤ちゃん作るんだから結婚したようなもんでしょ?」
「それもそっか、お姉ちゃんと結婚出来て嬉しいな〜」
「それはお姉ちゃんもよ、赤ちゃん出来たら二人で親に報告しようね」
「貯めてるお小遣いあるから、あまり高い指輪は無理だけど結婚指輪もそのうち買いに行こうね!」
「指輪は安いのでもそれなりの値段するわよ?」
「あまり無駄遣いしないから今15万くらい貯まってるけど買えないかな?」
「えっ?そんなに貯めてるの?」
「小学生の時から貯金続けてるもん」
「それでも凄いわよ、あんたが貯金の趣味あったなんて知らなかったわ」
「いつかお姉ちゃんの薬指に指輪ハメたいと思って貯めてたんだよね」
「それって初めてSEXした日から?」
「うん!僕が小学3年の時からだね」
「そんな前からお姉ちゃんと本気で結婚しようと考えてたのね…」
「お姉ちゃんほど優しくて可愛い女の人他にいないよ?結婚するならお姉ちゃん!ってあの時決めたんだ」
「5年も想い続けてくれてたのね…お姉ちゃん感動しちゃった…ちゃんと妊娠させてね?絶対に産むから」
「もう少しで出るから絶対妊娠させるよ」
「出すならキスして…いっぱい舌を絡めながら中に出されたいの」
「お姉ちゃんとするキスも大好きだよ」
「ん…ふわぁ…弟とキスしながら中に出してもらうのドキドキする…」
「んは…そろそろ出るよ…お姉ちゃんの子宮に僕の精子たくさん出すから妊娠してね?今日が僕とお姉ちゃんの結婚記念日だよ」
「あむ…出して…お姉ちゃんの中にいっぱい…弟の精子で妊娠させて…」
「出るよ…子宮で受け止めて…」
「ん!はぁん!出てる!子宮が精子受け取ろうと迎えに行っちゃってるぅ!流れ込んできてる!」
「先っぽに当たってるのがお姉ちゃんの子宮の入り口?」
「そうよ!あんたのチンポに吸い付いちゃってるのが子宮口よ!ああん!気持ち良い!中に出してもらうのがこんなに気持ち良くて幸せだったなんてぇ!」
「お姉ちゃんの子宮も赤ちゃん作りたがってるんだね、僕も幸せだよ」
「もっとキスして」
「大好きだよお姉ちゃん」

コメントを残す