エッチ体験談 16,000話 突破!!

仲の良い家族の近親相姦

まさるさんから投稿頂いた「仲の良い家族の近親相姦」。

前の彼女と私はお互いに×1で彼女には中1の息子がいました。
自由奔放な娘で、それがSEXに関してもでした。
彼女は、思春期の息子がいるのに風呂上りに平気ですっ裸でリビングに来てみたり、子供と寝室が同じなのに息子の隣で全裸になって跨ってきたりしました。

ある時、息子が風呂に入っている時に入ろうとしたら、息子が母親のパンツでオナニーをしていたのです。
しかもバカデカく,500ccのペットボトル位あったのです。
その時は、オナニーくらい年頃なので仕方ないと思いました。

沖縄旅行に行った時です。
二人で湯船に浸かっていると、息子が戸の隙間から見ていたので、一緒に入ろうと言うと入ってきたのです。
大きな湯船だったので3人で入ると母親の上に座ったのです。彼女は息子と私のサンドウイッチ状態でした。
すでに勃起しているであろう息子のチンポに彼女の手を添わさすと
「あらぁ、大きくさせてるのね。」と言いました。
「洗ってやれよ。」と言うと二人は湯船から出て彼女は息子を洗ってやりました。
最後に下半身を洗い始めたので
「お前とやりたいんだって。」と言うと「ダメよ。親子だから。口でしてあげる。」と言って跪き咥えたのです。彼の限界は早くすぐに口の中で果ててしまいました。
それを彼女は飲み込んだのです。
風呂から出て3人とも素っ裸で話していると、彼女が「暫く見ないうちに大きくなったのね。」と言って触り始めました。
「入れさせてやれよ。」と言うと「ダメよ。親子なんだから。子供が出来たら困るでしょ。」
と言ったので「じゃぁ見せてやれよ。お前のパンツでオナニーしてるんだから。」と言うと「それだけなら良いわ。と言ったので、彼女を横にならせ股を開いて見せてやりました。
彼は、母親のマンコに先をあてがうと入れてしまいました。
彼女は「ダメと言ったでしょ!」と叫びましたが後の祭りです。「ダメよ!」と叫びましたが息子はズンズンと突きまくりました。
ですが、やはり限界は早く母親の胎内に子種を放出したのです。
彼女のマンコから息子の子種が流れ出てきたのが卑猥でした、

夜寝ていると隣に彼女が居ないのです、よく見ると隣のベッドの上で息子に跨り腰を振っていたのです、
自分が生んだこととても相性が良かったでしょう。
息子も自分が生まれた穴に戻ったのが嬉しかったのでしょう。
旅行中に計10回も息子の精液を体に注入され益々彼女は息子にメロメロになっていたのです。

彼女とはそれ以来疎遠となったのですが、街で見かけた二人は手を繋いで歩いていて、彼女のお腹は大きくなっていました。誰の子か分かりませんけど、まだ二人の関係は続いている様です。

コメントを残す