エッチ体験談 16,000話 突破!!

娘の甘え方

廉次郎さんから投稿頂いた「娘の甘え方」。

小さな頃から少しマセた所はあったけど、年頃になってまさかこんな甘え方をされるなんて…。
リビングのソファーに座ってテレビを見ていたら娘が膝に頭を乗せてきた。
可愛いと思いつつ撫でてやると、その手を胸に誘導された。

揉めと言うのか?
戸惑っていると娘が手を重ねて強制的に揉ませてくる。
成長したとは思っていたが、服の上から見るより大きいようだ。
柔らかくも張りのある胸は揉み心地が良くて勝手に手が動いてしまう。
揉んで硬くなった乳首を摘むと娘が小さく可愛らしい声を出した。
慌てて自分で口を押さえていたので、妻に見つかったら拙いのは理解しているのだろう。
襟元が緩めのシャツを着ていたので、そこから手を入れて直接揉んでみた。
肌が手に吸い付くようだ。
小さめの乳首もしっかりと存在感を示している。
不覚にも胸を揉んでペニスを硬くしてしまった。
それに気付いた娘がチャックを下げて現れたペニスを咥えてしまった。
おおう…娘に咥えられるのは妻に咥えさせるよりも興奮する。
やめさせるのが親として当然なのだろうけど、親失格と言われても良いから続けてもらった。
出そうになったが言葉で伝えるのへ危険すぎる。
なにせ妻が背後のキッチンに立っているからな。
結局娘に伝えられないまま口に出してしまった。
すまない…と思いつつしっかりと出して娘を見ると嬉しそうに吸っている。
もう男を知っているんだな…。
吸い出された精液を仰向けになって口を開けて見せてくる。
今自分が出した物が娘の口に溜まっている。
吐き出させるにはティッシュが必要だが、生憎と近くには無い。
洗面所に行かせようかと考えていたら娘が口を閉じて飲み込んでしまった。
口から娘の体内に自分の精液が入ったのを見てまたペニスを硬くしてしまった。
再び咥えられたので、シャツから手を抜いて娘の股間を弄る。
既に下着を濡らして愛液を染み出させていた。
下着の中に手を入れて直接愛撫してやるとペニスへの吸いつきが強くなる。
中指一本でも強く締め付けてくる膣内の狭さよ…。
この辺かな?と思う所を弄り続けたら娘が絶頂したらしい。
口からペニスが抜けてしまったが、手で確保して舐め続けている。
絶頂が終わると娘が膝に乗ってきた。
下着をズラしてやると手に持ったペニスの位置を調整して腰を下ろした。
娘の中にゴム無しで入ったペニスが強烈に締め付けられる。
背中を預けるようにして座った娘を軽く突き上げる。
背後の妻にバレてしまわないように娘とSEXして、その気持ち良さに酔って中に出してしまった。
抜こうにも娘がしっかりと腰を下ろしてお尻を押し付けてくるので抜けない。
娘を妊娠させてしまうかもしれないと後悔が押し寄せてくる。
しかし、娘が振り向いて笑顔を見せてくれたら後悔はどこかに吹き飛んでしまった。
指で隣の部屋を指すと娘が膝から降りてくれたのでペニスをしまって隣の部屋に移動する。
キッチンとは廊下を挟んだ部屋だから安全だろう。
娘の服を脱がせて娘に私の服を脱がせてもらう。
そしてまたSEXした。
一度中に出してしまったので歯止めが効かなくなり、二度三度と繰り返し娘の中に出してしまった。
この日以来、娘は妻が近くに居ても居なくてもペニスを求めてくる。

1 COMMENT

コメントを残す