エッチ体験談 16,000話 突破!!

父さんから母さんを奪った

串カツ二度漬け禁止さんから投稿頂いた「父さんから母さんを奪った」。

「母さん良いだろ?抱かせてくれよ」
「駄目!やめて!」
「母さんが好きなんだ、父さんじゃなく俺を愛して」
「いけないわ!やめて!脱がさないで!」

「綺麗なマンコだね、ジュルルル」
「ああん!舐めちゃ駄目よぉ!」
「母さんのマンコ美味しいよ、これだけ濡れてれば挿れられるね」
「入れちゃ駄目ぇ!」
「もう遅いよ、先っぽ入ったから奥まで入れるね」
「んああ〜!駄目駄目!太すぎるぅ!」
「父さんのよりデカいだろ?母さんのマンコの形変えてやるよ」
「あひぃ!オマンコ広がっちゃうぅ!」
「よっ…と…奥まで入ったよ」
「んひい!これ駄目!駄目なチンポなのぉ!」
「何が駄目なんだよ?母さんのマンコ喜んでるよ?」
「いぎぃ!擦らないで!オマンコ抉られるぅ!」
「極太チンポで気持ち良いとこ全部擦られて最高だろ?」
「んひいぃ!おかしくなる!おかしくなるぅ!」
「もう父さんのチンポじゃ満足出来なくしてやるから俺の女になりなよ」
「あひいぃぃ!お母さんを母親でいさせて!お願いよぉ!」
「嫌だね、母さんが俺の女なるまで犯すよ」
「んほお!あぉぉん!」
「いつまで保つかな?」
「ひぎいぃ!狂う!狂っちゃう!」
「それで良いんだよ、親子で狂って愛し合おう」
俺のチンポで散々喘がせて絶頂しまくった母さんがグッタリとしたのでトドメの中出し。
「おほぉぉ!中出しぃ…」
「俺の女になるだろ?女になるならもっと中に出してやるぞ?」
「あひっ…あひっ…な、なる…息子の女になるからもう許して…」
「俺の女になるんだな?」
「なりますぅ…なるから…」
「それじゃ母さんを孕ませるよ」
這って逃げようとする母さんを捕まえて更に絶頂を繰り返させて追加の精子を注ぎ込む。
「あ…」
遂に限界を迎えた母さんが失神した。
これで抵抗が無くなったから好きに犯して何度も中出しした。
「ふう〜、これだけ中に出せば孕むかな?もうちょっと出しとくか…」
糸の切れた人形みたいな母さんを犯しやすい格好にさせてまた腰を振る。
「これで…全部だ!」
子宮口をチンポで塞いで周りに漏れないようにして精子を流し込む。
「孕めよぉ…孕めば完全に俺の女になるんだ…父さんから母さんを奪って結婚するんだ」
本気で母さんと結婚を考えてる俺は何が何でも母さんを孕ませたい。
孕ませる過程をカメラに収めたからそれを父さんの携帯に送信した。
これ見たら母さんが俺の女になると宣言したと知ることになる。
どんな顔して帰ってくるか楽しみだ。

コメントを残す