エッチ体験談 16,000話 突破!!

無防備で天然過ぎる嫁が大家さんに悪戯された話

無防備で天然過ぎる嫁が大家さんに悪戯された話

ぽぽぽさんから投稿頂いた「無防備で天然過ぎる嫁が大家さんに悪戯された話」。

結婚5年目になります。私の嫁の話を聞いて下さい。
まず嫁のスペックから

年齢33歳
B86
W63
H90
童顔で巨乳

小柄ながら肉付きが良くとてもエロい体型です。
家ではノーブラ、ノーパンは当たり前で羞恥心がない様で、裸で過ごす事も多々あります。
Hに対しての知識があまり無いと言うか、無頓着と言うか、良く言えば純粋で、悪く言えば無知です。

今回は結婚2年目(嫁30歳)の時の出来事をお話します。

ある平日のお昼過ぎアパートのチャイムが鳴りました…

「ピンポーン」
「こんにちはー」

「はーい」
嫁が玄関を開けると段ボールを持った男が立ってました。

「大家さんこんにちは、今日はどうされました?」

「実家の田舎で採れた野菜なんですけど、皆さんに配って回ってるんですよ」
と段ボールを玄関に置き、中身を見せました。

「すごーい♪これ頂いていいんですか?」
嫁は無邪気な笑顔で答えました。

その日嫁の格好は白のロングTシャツに下は短めのショーパン、もちろんノーパンノーブラです。

野菜を前屈みに覗く嫁のTシャツは首元が大きく開き、垂れ下がった巨乳が丸見えになってました。

(お、おほほぉ♪奥さんのいやらしいおっぱいが)
大家さんは興奮して股間が盛り上がりました。

「きょ、今日は旦那さんは御在宅ですか?」

嫁は前屈みで管理人さんをみながら
「今日、主人は仕事に行ってますよ。何か伝えときます?」
大家さんを上目遣いで見ながらTシャツの隙間からは柔らかそうな巨乳がプルプルふるえてます。

大家さんスペック

年齢40〜50歳ぐらい
痩せ型
薄毛
独身

「いえ大した用ではないので」

大家さんは旦那が居ない事を確認すると
「いやいや、今日暑いですね。私ずっと野菜を配り回ってるもので汗だくですよ」
ワザとらしく暑くてたまらないアピールをしました。

嫁はニコニコしながら
「良かったら家で少し涼んでいきます?お飲み物出しましょうか?」

大家さんはニヤリ
「ええっ?!よろしいんですか?いやあ助かります。暑くて暑くて、お言葉に甘えて少し休んで行きましょうかね」

嫁はどうぞどうぞと家の中へ大家さんを案内してしまいました。

(旦那が居ない家にノーブラの奥さんと2人きり♪ぶへへ、た、たまらん)
大家さんの股間は痛いぐらいに勃起してました。

「こちらでお掛けになってて下さい。直ぐお飲み物を用意しますね」

案内された部屋はクーラーが効いていました。6畳程の畳間です。真ん中に木製のテーブルがあり、大家さんは座布団の上に座りました。

「はぁー、涼しい、生き返ります」
手で顔を扇ぐ仕草をしました。

大家さんは襖の向こうの台所に立つ嫁の姿をスケベな目で見ながら…
(ムチムチしたいやらしい身体してやがるぜぇ…この奥さん相当天然だよな…何か自然にエロい事出来ねぇかな?…何かないか……おっ!そうだ!)

大家さんは台所に立つ嫁に向かって言いました。
「奥さーん持って来た野菜運んどきますね」

大家さんは玄関から野菜を運びテーブルに置きました。

「ありがとうございます♪実は重くて主人が帰ったら運んで貰おうと思ってました」
笑顔で言いました。

「あっ!そうだ!奥さん野菜で遊べるゲームがあるんですが…やってみません?私の田舎では大ウケなんですよ」

「お野菜で?へぇー楽しそうですね♪ぜひやってみたいです」
嫁は嬉しそうに答えました。

「結構難しいですよー奥さん当てられるかなー?」
大家さんは嫁を煽る様に皮肉っぽく言いました。

「え?クイズですか?私お野菜大好きなので自信ありますよーw」
嫁も負けじと大家さんを煽る様に皮肉っぽく答えます。

大家さんはニヤリとして
「じゃあ…奥さんが負けら罰ゲームですよ?その方が盛り上がるでしょう」

嫁は笑いながら
「ええーっ!罰ゲームって何やるんですかぁ?凄く怖いんですけどw」
子供の様に無邪気に答えます。

「罰ゲームは負けてからのお楽しみで♪」
大家さんは嫁の全身をいやらしい目でジロジロ見ながら言いました。

嫁は自信満々に笑いながら答えます。
「まあ、負けないんですけどw」

嫁が冷たいお茶をテーブルに運び終わると大家さんは嫁に言いました。
「奥さん目隠し出来る物あります?」

「んー、タオルかハンカチかな?あっ!アイマスクとか…」

大家さんは「それだ!」と手を叩きました。

嫁は寝室からアイマスクを取って来て、大家さんに渡しました。

大家さんはアイマスクを着けて、何も見えないのを確認すると
「では、奥さんアイマスクを着けて下さい」

嫁がアイマスクを着けると大家さんが言いました。
「奥さんにはその状態で、身体の至る所を使って何の野菜かを当ててもらいます。最後までわからなかったら罰ゲームですよ」

嫁は楽しそうに
「わかりました。絶対当てます。自信あります」
と笑顔で言いました。

(よしよし…やっぱり奥さん抜けてんなぁ♪)
大家さんはズボンの上からチン◯を触り、鼻息荒く興奮しています。

「ではまず・・・手で野菜を当ててもらいます。これは何でしょうか?」
大根を嫁の手に渡すと直ぐに

「わかった!大根だ」

大家さんは
「早いっ、正解!」
と嫁を持ち上げました。

「やったー簡単簡単♪」
嫁は目隠しをしたままドヤ顔です。

「それでは・・・これは何でしょうか?」
今度は人参を手に渡しました。

「ん?余裕です!人参」

「凄い、正解!」

嫁は調子に乗って
「簡単過ぎません?」
と大家さんに言いました。

「まだまだですよ、それでは・・・これは?」
嫁の手に渡した物はキュウリです。

「ん?ん?あ!わかっちゃった!キュウリですよね?」

大家さんは「エエッー?!」と大袈裟にビックリしました。
「これは強敵だ、じゃあ…秘密兵器を出しますよ。コレを当てれたら奥さんの勝ちです」

大家さんはズボンを下ろしてチン○を出しました。
(ふぅ、ふぅ、い、いくぞ)

「絶対、絶対当てます!」
嫁もヒートアップして興奮気味に言いました。

「それでは・・・これは何でしょうか?」
半立ちしたチン◯を嫁の手にツンツンとくっつけました。
(ふぅ、ふぅ、ば、ばれるなよ…)

嫁はチン◯を握ると
「ん?んん?柔らかい…え?難しい…」
とにぎにぎし始めました。

「お、奥さん!柔らかい物なので優しく握って下さい。潰れちゃいますよっ!」
少し握る力が強かったのか痛そうです。

「は、はい!ごめんなさい!潰れたら食べれなくなっちゃいますよね。え?膨らんだ?生き物??」

(ぐふふ、わ、私のチン○を味わいたいのか…たっぷり味あわせてやる)

大家さんは食べれなくなっちゃうと嫁が言った言葉に興奮してチン◯は半立ちから勃起になりました。

「えっ?膨らんだ??うーんなんだろ…」

「わからないですか?もっと触ってみてください。優しく握って前後に動かしてみましょう」

嫁は言われた通りチン◯を前後に動かします。
「シコシコシコシコ」
(おっおっ、いい!奥さんの手コキ!)

「んー?なんか生暖かいです…」

大家さんは嫁のTシャツの首元を指で引っ張り、手コキしながら揺れている巨乳の谷間を上から覗きこみました。
(お、おほぉ、良い眺め。奥さんなんていやらしい胸してるんだ!た、たまらん)

「ふぅ、ふぅ、はい!残念」

嫁は悔しそうに
「えー?悔しい!全然わかんない!何だったんですか?」
とアイマスクを外そうと…

「ちょっ、チョット待って下さい!まだです。まだ終わりじゃないですよ!」

嫁は「そっか!今度こそ」と意気込んでます。

(あ、危なかった!勃起チン◯見られる所だった…でも奥さん全く気付いてないな。ぐふふ…)

「それでは、今度は匂いと味を確認してみて下さい。わかるかな?」
大家さんは勃起したチン◯を嫁の鼻に「ちょん」と付けました。

嫁は「くんくん」と匂いを嗅いでます。
「んー?ん?少し酸っぱい匂いがします。なんだろ…」
(お、奥さんが私のチン◯の匂いを…こ、興奮するっ!)
勃起したチン◯の先からは我慢汁が出てます。

「難しいですか?では味を確認してみましょう。舌を出して舐めてみて下さい」

嫁は舌でチン◯の先っぽを「ペロペロ」っと舐め始めました。

大家さんはいやらしい舌使いに「びく」っとして
「おっほ、いいですねぇ。く、口の中に含んでみてもいいですよ?」

嫁は「かぽ」っと勃起したチン◯を咥えました。

「ふっ、奥さん咥えながら舌で舐め回して、前後に動かしなさい」
大家さんは興奮して命令口調になります。

「は、はひ…こ、こうれふか?かぷっ…」

嫁は言われた通りにチン◯を咥え、舌を絡ませながら前後に動かしました。

「ジュポ、ジュポ、ジュポ、ジュポ…」

大家さんは奥さんのフェ◯に恍惚とした表情でうっとりしていました。
(お、奥さんのフェ◯やべぇ、き、気持ちいいぃ、こいつなんでも言う通りにしやがる)

大家さんは嫁のTシャツの首元から手を入れて巨乳を弄り始めました。

「アンッ!え?大家さん?アッ、どうしました?アッ」

「あ…いやぁ、気になさらずに…で?解りました?」
(ふおぉぉ!お、奥さんの胸ぇ、でけえ…や、やわらけぇ)

「い、いえ、アッ、ま、まだ…アッンッ!」

「じ、じゃあ、もう少し咥えて確認して下さい。唾液もいっぱい含めて!」

「は、はひ…アッ」

嫁は胸を触られながらフェ○を続けます。

「ジュポッ、あっ、ジュポッ、ジュポッ、あんっ、ジュポッ、アッ!ジュポッ…」

大家さんは嫁のいやらしいフェ○に
「おっ、おっ、い、イクッ、おい!奥さんイクぞっ!奥さんの口まん◯の中にぶちまけるぞっ!」

嫁は「ふぇ?」と言うと

「ドピュ、ドピュ、ドピュ!」

絶頂に達して嫁の頭を掴むと、チン◯を喉の奥に突っ込み勢いよく射精しました。

嫁はビックリして

「ん…っっ…ん!う、うぅ、な、なんれふか?ドロドロひたものがれてきまひた」

「ふぅふぅ、お、奥さん新鮮な野菜汁が出ました。勿体無いので飲み込んで下さい」

「は、はひ…ゴクッ!んっ…に、苦いですぅ」

大家さんは興奮気味に
「お、奥さんまだ汁が出てるので、舐めとって下さい」
と嫁の口にチン◯を押し込みました。

「えっ?ふ、ふごっ!は、はひ…ジュル、ジュル」
嫁の口の中でチン◯がまたムクムクと勃起してます。

「よ、よし…じ、じゃあ今度は奥さんの胸で挑戦しますよっ!」
嫁は「え?」と言うと
チン◯を嫁の胸に押し付けました。「くにゅ」っと柔らかい感触がします。

「ンッ!」
小さくアエギ声をあげました。

大家さんは興奮して夢中でグリグリとチン◯を押し付けました。

「アッ、アッ、ンッ!」

(エロい声でアエギやがって、私のチン◯で奥さんのおっぱい犯してやる)
「ど、どうです?まだわかりませんか?」

奥さんは感じながら
「アッ、ちょ、アッ!ま、まだ、わから、アッ、ない、アッ!ンッ!」

大家さんは嫁のTシャツを捲り上げました。するとピンク色の乳首をしたいやらしいおっぱいが「ぷるんっ」と飛び出しました。

「服の上からだとわかりづらいと思うので、直接触れてみましょう」
大家さんは嫁の両肩を押さえて、露わになったおっぱいに勃起チン◯を突き刺しピストン運動を始めました。

「アッ!まって、アッ、アッ!ンッ、アッ!アンッ、ちょ、ちょっと、アンッ!はげしっ、アッ!」

チン◯がおっぱいに突き刺さる度、いやらしくアエギ声を出してます。

「ふっ、ふっ、お、奥さん巨乳のくせに大分敏感じゃねーか!やらしいデカ乳が犯されてんぞ!まだわかんねーの?」
大家さんは興奮して早口で嫁に聞きました。

「アッ!か、固くて、アアッ!暖かくて、ンッ、ええ?、アンッ!な、何?アッ、ンッ」
嫁は感じてて考えがまとまらないようです。

大家さんはテーブルの上に座り嫁に
「で、では、おっぱいで挟んでみて下さい」
とチン◯を嫁の巨乳の谷間に寄せました。

「はぁ、はぁ、はい…こ、こんな感じでしょうか?」
嫁は両手で胸を掴み、勃起チン◯を圧迫しました。

「おっふ…じ、上下に動かして確認して下さい」

「上下に?こ、こうですか?」
嫁は素直に上下に動かし始めました。

「あっ…表面が擦れて駄目になってしまうので、奥さんの唾をたっぷり付けてヌメりを加えて下さい」
嫁は言われるままにチン◯にたっぷりの唾をタラーッと垂らしました。

「ヌッチャ、ヌッチャ、ヌッチャ、ヌッチャ」

6畳間にいやらしい音が響きます。

(ほぉぉ、奥さんのいやらしい巨乳でパイズリ、き、気持ち良過ぎぃ、すげぇ乳圧、さ、最高ぅ)

「お、おい!もっと早く動かせっ!しっかりおっぱいで挟め!」

「こ、こうでしょうか?」
「ヌッチャ、ヌッチャ、ヌッチャ、ヌッチャ」

「おっ、やべぇ…いいぞ、いいぞー!挟みながら先っぽの味見をしろ!奥さんのいやらしい巨乳を動かしながらナメナメするんだよ!」

「え?は、はい?…レロレロ、ヌッチャ、ヌッチャ」

嫁はさすがになんかオカシイなと思い
「あ、あの…これ…お野菜を当てるゲームですよね?」
と聞きました。

「あ、当たり前だ!奥さん動き止まってるよ!いいから黙っておっぱい動かせっ!」

嫁はとても素直なんです。
「ですよね…あっごめんなさい!ヌッチャ、ヌッチャ、ヌッチャ」

(た、たまんねぇ…奥さんって素直?バカ?いくらでも騙せるじゃないか)

「奥さん、まだわからないみたいですね?次が最後ですよ」
と嫁を床に押し倒しました。

「きゃっ!ど、どうしました?」

びっくりした嫁に大家さんは
「じゃあ、最後は1番敏感な所で当ててもらいます」
と嫁のショーパンをずらしてオマ◯コにチン◯を擦り付けました。

「え?え?アッ、アンッ!よ、よけい、アッ!わかりづらい、アッ、ですぅ、アッ!バナナ?アンッ!アッ」

オマ◯コはすでにヌルヌルしています。

「ブー!残念違います…では…おっ、おっ、オオオオーッ!」
「ヌルッ、ズブズブズブ」

嫁の足を掴み、擦り付けていたチン◯をオマ◯コの中へ一気に挿入しました。

「はっぁぁぁ!ああっン!」
嫁はゾクッとするくらい色っぽい声を上げました。

「え?何?な、何か入ってますぅ?と、取りますね」
嫁はアイマスクを外すと、正常位でチン◯を挿入している大家さんがみえます。

「はぁ、はぁ…お、大家さん?アッ、な、何してるんですか?ンッ、ちょ、ちょっとダメです!抜いて下さい」

大家さんはニヤニヤして
「奥さん、わからなかったら罰ゲームって最初にいったよねぇ…正解はチン◯でしたっ!」

「お、お野菜って言ってたじゃ…ああっ!あっ、アッ、あっ、アッンッ!あんっ、アッ、ンッ」
大家さんは激しくピストン運動を始めました。

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「い、いつか犯してやろうと思ってたんだよっ!い、いやらしい身体しやがってぇ!」

「アッ!あっ、アッ、ンッ!あんっ、アッ、アッ!大家さ、アンッ!だ、だめぇ!アッ、だめっ、あっ、アッ、アンッ!」

大家さんは嫁のTシャツを捲り上げると、激しく揺れる巨乳にむしゃぶりつきました。

「ベロベロベロベロ」

「奥さんのいやらしいおっぱい美味え!でかい乳しやがってぇ!た、たまんねー」

「アッ、だめ、アッ、いくっ!アンッ、待ってッ、イっちゃう!アンッ、アンッ、」

「うおおぉ…ま、オマ◯コが締めつけやがる!だ、ダメだっ!い、イクッ!だ、奥さん出すぞっ、中出すぞッ!!」

「アッ、ちょ、アッ、待っ、アッ、中、アンッ、だめぇ、アッ、アッ、ンッ」

「ふっ、ふっ、じゃあ、そのいやらしいおっぱいにぶっかけてやる!お、おい!おっぱい寄せろっ!ぶっかけて下さいってお願いしろっ!」

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「あっ、は?はいッ!アッ、おっぱい、アッ、にィ!、アンッ、かけて、あっっ、下さいぃぃ!アッ、アッ、あっ、アンッ」

「奥さん!い、イクぞっ!イクぞーーーーッ!!」

大家さんはチン◯を抜いて嫁のおっぱいに大量の精子をぶっかけました。

「ドピュ、ドピュ、ドピュ、ドピュ!」

「お、おいっ!奥さんっ口開けろっ!」
嫁は素直に口を開けると、嫁の口に精子まみれのチン◯をぶち込みました。

「ングッ!」

「おらっ!舐めて綺麗にしろっ」

「は、はひ、わはりまひた…」
嫁は「ジュルジュル」とチン◯を舐めました。ドMなので命令口調にはしたがってしまうのです。

「ふ、ふぃー!お、奥さんが間違えたから悪いんですよ。これは罰ゲームなので」

すると嫁は膨れ面で言いました。
「はぁ…はぁ…お、大家さん!ズルイ!お野菜って言ったのに!オチ◯チ◯は野菜じゃないです」
と犯されまくったのに、ゲームに対してのクレームを言ってます。

嫁の態度に大家さんはびっくりです。
(え?レ◯プされた事気にしてない?話合わせてみるか…)
「あ、あははは、すみません。奥さんがあまりにもポンポン正解するもので…思わずムキになってしまいました」
と申し訳なさそうに笑顔で答えました。

「もお」と言う嫁の姿は、Tシャツが捲り上げられおっぱい丸出し、そのおっぱいには大量に射精した精子がついたままでした。

管理人は「ゴクッ」と唾を飲み込みその姿に興奮してます。
(お、奥さん怒ってないな…ま、まだいけるかぁ?)
「奥さんなんか…汚してすみません。気持ち悪くないですか?お着替えします?」

「あっ?ホントだ!ベトベトしてるぅ…着替えちゃって大丈夫です?」

「どうぞ、どうぞ。私はここでもう少し涼んでますので」

嫁は「すみません」と言うと、寝室の方へ向かいました。

「ぐふふ…今度は旦那とS◯Xしまくってるベッドで犯してやる」

大家さんはコッソリ寝室に向かうと、ドアの隙間から覗きました。嫁は全裸で身体を拭いました。

「ふひぃー、ふひぃー、やっぱりスケベなムチムチした身体してんなぁ」
鼻息荒く覗く管理人のチン◯はムクムク勃起しました。

大家さんはその場で全裸になり、ゆっくりとドアを開けて背後から近づいていきました。
前屈みの嫁の腰を掴み勃起チン○を一気に進入しました。

「アンッ!え…大家さん?あ、アッ、アッ!えっ?アッ、ンッ!アッ、な、なんで?、アッ、アッ!ンッ」

管理人は後ろからチン◯を挿入して腰を打ち付けます。

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「アッ!アッ!アッ、ンッ!アンッ、アッ」

「ふぅ、ふぅ、やっぱりたまんねぇんだよ!奥さんのいやらしい身体みると我慢できねえ」

大家さんはバックから激しく打ち付けます。

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「アッ、アッ!さ、さっき、アンッ、やっ、アッ、たばっかりっ、アンッ!も、アッ、もう、アッ、だめえぇぇ!アッ」

「こ、ここで旦那と愛し合ってるんだろぉ?気持ちいいのかぁ?ふ、夫婦のベッドで他の男に犯されて気持ち良くなってるのかぁ?」

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「ギッシ、ギッシ、ギッシ、ギッシ、ギッシ」

ベッドの軋む音がリズム良く響きます。

「アンッ!だ、だめ、アッ、いやっ!、あっ、アッ、んっ」

四つん這いで巨乳がブルンブルン暴れています。

大家さんは激しく揺れる巨乳を揉みながら、腰を更に打ち付けます。

「ぶふぅ!でけぇ乳ブルンブルンさせやがってぇ!ぐちょぐちょに濡れてるじゃねーか!お、おっほぉ!奥さんのオマ◯コ絡みつくぅ!腰が止まらねぇよぉ!」

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「ギッシ、ギッシ、ギッシ、ギッシ、ギッシ」

「アンッ、大家、アッ、さぁん、や、アッ、やめ、アンッ、くら、アッ、さいぃぃ!も、アッ、もう、アンッ、ダ、らめぇ!アッ、アンッ」

「う、うるせえ!奥さんの身体が悪いんだよッ!オラッ!いやらしい身体がよッ!オラッ、オラッ!あんあん言いやがってぇ!オラッ!」

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「いやんッ!アンッ、いっ、イっちゃう!アンッ、いやッ!ほ、アッ、んとッ、イっちゃいますぅぅ!アッ、あっ、あんっ」

「心配しなくても今度は汚さないからっ!、ちゃんと中に出してやるっ!旦那以外のチン◯で中出しされてイけっ!だ、出すぞ…イ、イくぅ!」

「えっ?、アッ!あっ、アッ!ダ、らメぇ…アッ!中、らめッ!アッ、い、イくっ!あっ、あんっ、イッちゃうっ!アッ、アーーーーッ!」

「パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!」

「ドピュ、ドピュ、ドピュ、ドピュ!」

大家さんは腰をビクンビクンさせながら、嫁の中に大量の精子を出しました。

「うっ、ふぅ…奥さんご馳走様でした。私はこれから野菜を配りに行かないとなので、これで失礼させて頂きます」

サッと服を着ると玄関から出て行きました・・・

ご覧頂きありがとうございました。

またまとまりましたら投稿させて頂きます。

ご意見、評価宜しくお願い致します。

3 COMMENTS

ぽぽぽ

匿名様コメントありがとうございます。
残念ながら混浴での体験は無いです。
盲点でした。今度行ってみます。

返信する

コメントを残す