17,000話以上掲載!!毎日更新!!

僕のオモチャになった母さんと姉さん

[AD]

[AD]

ギルバートさんから投稿頂いた「僕のオモチャになった母さんと姉さん」。

僕の両隣にはいつも母さんと姉さんが居る。
僕にピッタリと寄り添って僕の腕を隠してくれる。
「あなた、いってらっしゃい」
「お仕事頑張ってねお父さん」

「いってらっしゃ〜い」
「行ってくるよ」
玄関で父さんを見送りながら母さんと姉さんのアナルに指を挿れて弄るのがいつもの朝。
二人とも脚が震えれてるけど父さんは気付かないで仕事に行く。
玄関のドアが閉まると二人が崩れ落ちそうになるけど、アナルに挿れた指が余計に深く入るから床にヘタリ込めないでいる。
「ひぎっ!」
「も、もうダメ…」
「相変わらずアナルが弱いね二人とも」
「お父さんの前でイクの我慢するの大変だったのよ?」
「お願い!チンポでイカせて!」
母さんも姉さんもアナルに僕のチンポが欲しくて堪らない様子。
「挿れて欲しかったら念入りにフェラしてよ、気に入った方に先に挿れてあげるから」
そう言うと二人は競うようにして僕にフェラしてくる。
玉裏からチンポの先まで二人の涎まみれにしてくれて、早く欲しくて堪らない二人はチンポを取り合って交互に咥えてくる。
「お母さんが先に入れてもらうのよ」
「今日は私よ」
相手の口からチンポを奪って自分が咥えるのを繰り返してる。
「今日は頑張ってる姉さんに先に挿れてあげるよ」
「そんなぁ…」
「やった!濃いのたくさん中に出してね!」
勝った姉さんがパンティを下げてお尻を向けてくる。
「母さんは僕とキスしようか、アナルは指で弄ってあげるから姉さんと終わるまで我慢だよ」
姉さんとアナルセックスしながら母さんと舌を絡めてアナルを弄る。
「母娘揃って息子の女にされるなんて想像もしてなかったわ」
「でも二人揃って犯されて良かったよね、こんなに気持ち良くしてもらえるんだから」
「お父さんじゃこんなに気持ち良くなれないもの、息子を産んで良かったわ」
「僕も母さんの息子に生まれて姉さんの弟になれて幸せだよ、一生二人を飼ってあげるからね」
「ああん!もうイク!イクから中に出して!」
「もうイクの?しょうがないなぁ」
姉さんがアナルを締めるからイクのを手伝ってあげる。
中出しでイキたいって合図だから射精に向けて少し激しくするんだ。
「イク!イク!イクぅ!」
「出すよ!」
ビュルッと姉さんの中に射精すると、姉さんは激しくお尻を震わせながらビチャビチャとオシッコを漏らした。
「またお漏らし?母さん飲んであげて」
姉さんのマンコから溢れるオシッコを母さんに飲ませる。
母さんは解ってるから飲みながらクリトリスも刺激して姉さんを完全に果てさせた。
「あひぃ!」
クタっとその場で失神する姉さん。
「これで暫く目を覚まさないわね、さあ…お母さんにもチンポを挿れて」
母さんもパンティを脱いで僕にお尻を向け、自分でアナルを広げて奥の方まで見せつけてくる。
「いつもエロい誘い方するよね」
姉さんから抜いたばかりのチンポを母さんのアナルに挿れる。
「おほぉ!これが欲しかったのぉ!待たされたからキクぅ!」
「挿れただけでイッたの?でも休ませないからね」
イッたばかりのアナルを容赦なく突く。
「いひぃ!ひぐっ!」
「イキながら犯されて嬉しいんだね?母さんは姉さんより変態だね」
両腕を掴んで上体を反らせて激しくする。
「イグぅ!」
イッたばかりなのにまたイク母さん。
「まだまだ…さっき出したばかりだから僕がイクまで時間掛かるから覚悟しなよ?ガバガバのアナルが閉じなくなるまで犯すよ」
その後もイキ続けて涎ダラダラ垂らして飛びかけてる母さんにも中出し。
「やっと出せるよ、母さんの中にも濃いの出すからね!」
射精で母さんが完全に飛んだ。
二人とも玄関前の廊下に倒れ込んでアナルから精子を噴き出させてる。
「いい眺めだなぁ」

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次