エッチ体験談 16,000話 突破!!

再会した妹と

ちーちゃんさんから投稿頂いた「再会した妹と」。

俺は今48、今から3年前の事。
俺には種違いの妹がいる。 一緒に暮らした事はないけど近所だったので妹が小さい時はよく家に遊びに来ていた。

妹は丁度10歳下になる。   
俺は20で地元を離れて23で結婚して43で離婚して地元に戻って来ていた。
妹とは10歳の時別れてから一度も会わず連絡する事もなかった。
離婚後戻ってきて友達と飲みに行った時、そこに妹が働いていて偶然再会した。
その時連絡先を交換して2日後の日曜日に俺の部屋で会った。
[まったく、突然いなくなって連絡もなくて…ずっと心配してたんだからね] そう言われて(すいません…)って俺は笑って言った。
[バカ!]そう言いながら妹は泣きながら抱きついてきた。
(悪かったよ…)俺はそう言って妹を抱きしめた。
色々話しをしていたら、妹もバツイチで子供が3人もいるらしい。
1番上が中学3年で次が小学6年で1番下が小学2年らしい。
(あの明美がお母さんか…)俺は染み染みそう思って言った。
[これからはちょくちょく来るからね]妹はそう言って俺にもたれ掛かって頬にキスした。
(バカ。何やってんだ、俺達兄妹だぞ)俺はそう言って笑ったけど、
(きっとずっと寂しかったんだろうな…)そう思い頭を撫でて俺も頬にキスした。
その日はそのまま妹を見送った。
それからまた2日後妹は来て、[今日は煮物作ってきたから食べてね] そう言って美味そうな筑前煮を作って持ってきてくれた。
それを食べながらまた色々長い事話していた。
妹はまた横にきて俺の肩に頭を乗せて甘えていた。
俺は頭を撫でながら話しをしていた。
するとまた頬にキスしてきたので俺も返す、と今度は口にチュっとしてきた。
俺も普通にチュっと返した。
暫く沈黙があり…またキスしてきたけど…今度は舌を絡ませてきた…
普通なら怒るか嫌な気分になるのかもしれないけど、不思議と俺も嫌な気分にならず、
普通に舌を絡ませてキスしていた。
離婚してから女っ気がなかったせいもあるけど、
妹とのキスで俺は不覚にも勃起していた。
妹はそれを素早く気づき…[まったく…何でそんなになってるのよ…]そう笑った。
(ただの生理現象だよ)俺は顔を赤くして言った。
[まったく男はしょうがないな…]そう言って妹はまたキスしてきて、
左手で俺の勃起ペニスを摩ってきた。
(いいよ)って言おうと思ったけど…俺は久々の快感に言葉が出なかった…
暫くすると妹は俺のジャージとパンツを脱がせて俺のペニスを口に含んだ…
俺は妹の頭を押さえながら快感で今にもイキそうになってた…
(明美…もうヤバいかも…)そう言うと[出していいよ…] 妹はそう言ってゆっくりスロートした。
さすが3人も子供を産んだだけあってフェラもねっとり最高に気持ちよかった…
妹の舌使いとスロートで俺はもう耐えられなかった…
妹が手で金玉を捏ねてくれた時…俺は妹の口の中でびっくりする位放出した…
ゴクッゴクッ…妹はゆっくり味わうように飲み干して…[いっぱい出たね…]そう笑った。
その顔が可愛くて愛おしくて…俺は妹を倒してブラジャーとパンティを剥ぎ取った…
そして夢中で妹のオマンコにしゃぶりついた…
[あぁ…お兄ちゃん…気持ちいい…]妹のオマンコは既に洪水状態だった…
それから10分位タップリとオマンコを舐めて…復活したペニスをオマンコに充てた…
ズブズブっ…とゆっくり俺のペニスは妹のオマンコに飲み込まれていった…
[あぁ…すごい…気持ちいい…すごく…大きい…] 妹はそう言って俺の腰に合わせて腰を振っていた…
まるで元々1人の人間だったかのように、妹との身体の相性は最高だった…
俺は快感で無我夢中で腰を振っていた…
(明美…俺の…とろけそうだよ…)[お兄ちゃん…私も…もうイキそうなの…] そう言って2人のピストンが最高潮に達した時、一緒に絶頂を迎えた…
暫くそのままでいて…(そのまま出しちゃったから…子供できちゃうかもな…)
俺はペニスをオマンコに挿れたままそう言うと、
[お兄ちゃんとずっと一緒にいられるからいいよ] そう言って妹はオマンコをキュッと閉めた。
ゆっくりオマンコから抜くとドロドロと精子が溢れてきた…
妹は俺のペニスを綺麗に舐めて尿道に残った精子もチュルっと吸ってくれた。
(いけないって思ってたけど…やっちまったな…)俺は言うと…
[何そんなに気にしてるの?…私も気持ちよかったし、元々お兄ちゃんの事好きだったから私は全然気にしてないよ]妹はそう笑って言ってくれた。
俺は何故か心のモヤが晴れたような気がしていた。
そしたらまたムクムクとペニスが大きくなり始めてきた…
[もう!どれだけ欲求不満だったの?]そう言って笑いながら、
また最高のフェラを始めてくれた。

コメントを残す