エッチ体験談 16,000話 突破!!

電車で見つけた理想のお尻

犯罪者予備軍さんから投稿頂いた「電車で見つけた理想のお尻」。

普段は車で移動するけど、偶には電車で移動してみるか…と、特に理由があったわけでもなく気まぐれで電車に乗った。
乗り込んだ車両で素晴らしいお尻を見つけたので、もっと近くで見ようとその女性の真後ろに立った。

丸みがあって張りもあり、見れば見るほど素晴らしいお尻だ。
こんなお尻を鷲掴みにしてSEXしたら気持ち良いだろうな〜と考えてたら無意識にお尻を触ってた。
痴漢で捕まってしまう!と焦ったが、女性は震えながら黙って耐えている。
これはチャンスでは?と悪魔が俺に囁き、理想のお尻を揉み揉みと堪能する。
この弾力がたまらない。
楽しんでると電車が揺れて指が割れ目にハマった。
踏ん張ったついでに手の指にも力が入ってしまい、女性が「ひうっ!」と小さく声を漏らした。
指先から伝わる感触からしてアナルに触れていたようだ。
あまりアナルを触られ慣れてないようなので反応が初々しい。
とことんアナルを虐めたらどんな反応してくれるのか知りたくなり、触りながらスカートを少しずつたくし上げていった。
人混みの中でお尻を丸出しにさせるのに成功して、白いパンティの中に手を入れる。
直接アナルに触れるとビクッと大きく反応するが、やはり黙って耐え忍ぶばかり。
初物と思える固く閉ざしたアナルを擦ったり押したりしてたら完全に俯いてしまった。
ここまでやっても助けを求めて叫ばないなら大丈夫だと判断し、強引にアナルへと指を押し込んでいく。
第一関節まで何とか挿入して抜けない程度に指を動かす。
女性の脚が震え始めた。
更に深く挿入しようと強めに押すと第二関節まで入れるのに成功。
第一関節と第二関節の間で抜き差しを繰り返して異物挿入に慣らす。
恐らくは恐怖でアナルが強く締まり、指の抜き差しがし難くなる。
それでも指の抜き差しを続けながら周りを確認してチンポを出した。
アナルから指を抜かないまま親指を使ってパンティに隙間を作ってチンポを差し込む。
この後どうなるのか予想がついたのか、女性は震えながらゆっくりと振り返った。
まさかの母親だった。
母親も痴漢してるのが息子だと知って固まってる。
ここで慌ててやめたら電車内だろうと大目玉を食うのは間違いない。
俺は覚悟を決めてアナルから指を抜いてすかさずチンポを押し込んだ。
指で少しだけ隙間ができてたアナルはキツかったけど何とかチンポを根元まで飲み込んでくれた。
これで母親が大声出せば息子にアナルを犯されてると周りに周知されてしまうので何も言えないはず。
案の定母親は怒った顔しながらも何も言えなくなり、俺は素知らぬ顔で腰を振った。
もちろんお尻を鷲掴みにしてだ。
抜き差しするたびに腸液が分泌されてどんどん滑りが良くなる。
臭いも多少上がってきたが気にせず続けて、妊娠の心配が無いからそのまま中出しした。
人混みの中で母親とアナルセックスして中出しするのはめちゃくちゃ興奮した。
「あれ?母さんじゃん、奇遇だね」
チンポを抜かずに軽く声を掛ける。
「え?ええ…そうね」
母親は面食らった感じで答える。
「どこ行くの?」
「叔母の所よ、あんたは?何で今日は車じゃなくて電車なの?」
「何となく電車で移動する気分だったから」
「そう、で?何処で降りるの?」
「目的地は無いんだよね、適当に出掛けようと思って電車乗ったから」
「じゃあ付き合いなさい」
「別に良いけど」
周りから注目を集めたからチンポを抜くに抜けなくなった。
密着してればハメてるのはバレないだろう。
母親も手に持ったバックでお尻を隠して見られないようにしてる。
叔母の住む町の駅まで挿入したまま過ごす。
揺れで勝手に腰を振る感じの動きになり、駅に着くまでに2回追加で中出しした。
「駅に着いたら分かってるわね?」
ボソボソと俺にだけ聞こえる音量で話しかけてくる。
「覚悟はしてる」
どれだけ怒られるか予想もつかないけど無事ではいられないだろう。
次が降りる駅なので周りを確認してコッソリとチンポを抜いて素早くしまう。
母親のパンティとスカートも元に戻して表面上は仲良く電車を降りた。
腕を掴まれて足早に改札へと向かう母親。
改札を出て少し歩き、路地裏に引っ張り込まれると思い切り平手打ちを食らった。
「この馬鹿息子!痴漢だけじゃなくあんなことまでするなんて!最低よ!」
「ごめんて…あまりにも理想的なお尻で無意識に触ってたんだよ…」
「過去にも同じような事してないでしょうね?」
「今回初めてだよ、嘘じゃない!」
「まあ…被害者が私だけで良かったわ…今回はこれで許すけど、もしまた誰かにこんな事して捕まっても知りませんからね!」
「ここまで理想的なお尻は他で見た事ないから大丈夫だよ、母さん以外には手を出さないと思う」
「私だって知っててあんな事したの?」
「知らなかったに決まってるだろ?振り向かれて初めて母さんだって知ったんだから」
「知っても続けたわよね?どうして?」
「ここを逃したらやらせてもらえないと思ったからだよ」
「ふう…分かった…もう良いわ…」
突然話を切られて「???」だったけど、気にしてもしょうがないと気持ちを切り替えて一緒に叔母の家に向かった。
道中何度も母親が俺をチラチラと見てくるのは気づかないふりした。

1 COMMENT

コメントを残す