エッチ体験談 16,000話 突破!!

いつも良いタイミングで現れるママ

久城序太郎さんから投稿頂いた「いつも良いタイミングで現れるママ」。

「序太郎〜入るわよ〜」
「ちょうど良いところに来てくれたね、またママのオマンコ貸してよ」
「またなの?ここ最近毎日じゃない」
「アナルでも良いけど?」
「アナルもやりすぎて最近広がってきちゃってるからオマンコ貸すわよ」

「さっすがママ!今日は中?外?」
「外でお願い」
何でか分からないけど最近性欲が高まってて毎日ムラムラしっぱなし。
オナニーでもしようかな?って考えてると必ずママが現れるからオマンコ貸してもらってる。
「ママは優しいね〜、こうやって僕とSEXしてスッキリさせてくれるんだから」
「こんなの他所のお家じゃあり得ないんだからね?絶対に言いふらしたら駄目よ?」
「分かってるよ、僕とママだけの秘密でしょ?」
スカートは履かせたままパンツだけ脱がして四つん這いになってもらい、僕はズボンもパンツも脱いでオマンコにチンコを擦り付ける。
「最近前戯がおざなりになってきてない?やるならちゃんと前戯してくれないとオナホ扱いされてるみたいで嫌だわ」
「ごめんね、そんなつもりじゃないんだけどこうやって擦り付けるのも好きだからこればっかりはになってたね」
貸してもらってるんだから前戯もちゃんとやってママにも気持ち良くなってもらわないとね。
僕は擦り付けるのをやめてオマンコを舐めた。
「あふ…舐めてもらうの久しぶり…ああ…気持ち良いわ」
「ママって舐められるの好き?」
「大好きよ、特に丁寧に舐めてもうとそれだけでイキそうになるの」
「この格好だとアナルも嗅げてオマンコも舐められるから僕も興奮するよ」
「やだぁ…アナルなんて嗅がないでよ」
「鼻の位置がちょうどアナルの位置にくるから嗅げちゃうんだよ」
「鼻を押し付けないで〜」
「いい匂いだよ」
恥ずかしがってお尻をふりふりするから僕の顔にアナルとオマンコが擦り付けられる。
「顔中にママのオマンコとアナル擦り付けられて幸せ…」
「変なこと言わないでよ〜」
「やっぱり前戯すると気分が盛り上がって良いね」
オマンコに指を入れながらアナルを舐めてあげる。
「はあん!今日はアナルでやらないんだから舐めなくて良いわよ〜」
「僕が舐めたいから舐めてるの」
「やだ…舌が入ってきてる…」
「いつも綺麗にしてくれてるから美味しいよ」
「そんなところが美味しいなんて…ああ!ダメ!逝っちゃう!」
言葉責めてって程でもないのにママは興奮しすぎて逝っちゃった。
「指一本しか入れてないのにギュウギュウ締め付けて…こんなに狭い穴なのに指より太いチンコが入るんだから不思議だよね」
「あはぁ…もう前戯は良いから早くオチンチン入れて」
「ママも欲しくなってきたね?ちゃんと奥まで入れてあげるからスケベにおねだりしてよ」
股の間から手が出てきてオマンコを広げる。
「ママのオマンコにその太くて硬いオチンチンが欲しいの…ママと一緒に気持ちよくなりましょう」
「よく出来ました、ご褒美にいっぱい突いてあげるね!」
一気に奥まで突き入れて最初から全開で腰を振る。
「ママのオマンコ知ったらオナニーなんて虚しいだけだよ、ああ〜気持ち良い」
「ママのオマンコの形が変わっちゃう〜!パパのより太くて硬くて素敵よ〜!」
「パパより僕とSEXした方が気持ち良い?」
「比べ物にならないわよ〜!このオチンチンの方が良い!大好きなの!」
ママも僕のチンコを気に入ってくれてるなんて嬉しいな。
ますますやる気が漲ってきて乱暴なくらい強く打ち付ける。
「ああ!奥に響く!凄く良い!もっと!もっと乱暴にして!」
「それじゃこんなのはどうかな?」
両手で腰を掴んでたけど、片手を離してママの前に回してクリトリスを強めに摘んだ。
「いぎぃ!そん…な…ああ!逝く!」
「ママってちょっとMだよね」
摘んだクリトリスをセンズリみたいに擦る。
「逝く〜!逝く〜!飛んじゃう〜!」
掃除機で吸うより強くチンコを締め付けてママが逝く。
「そんなに締めたら中で出ちゃうでしょ?今日は外に出せってママが言ったんだよ?」
何とか踏みとどまったけど危なかった。
「ママを本気で逝かせるからでしょう…」
「だからって中で出ちゃってたらどうするのさ」
「我慢してくれてありがとう」
「少し落ち着いたからまた激しくするね」
まだ波が続いてるオマンコを容赦なく突く。
「ああん!まだ逝ってる!止まってないの〜!」
「知ってるよ、でも僕だって早く出してスッキリしたいからね」
ママには悪いけど遠慮はしない。
そしてママがもう一度逝くのとほぼ同じタイミングでチンコ。引き抜いてお尻にぶっかけた。
「スッキリした〜、ママのおかげだよありがとう」
「日に日に上手くなってるからママも嬉しいわ…ちょっと休ませて」
「休んでて良いからチンコしゃぶって」
マン汁でベチョベチョになったチンコをしゃぶってもらった。
「チンコのマン汁掛けは美味しい?」
「ザーメンソースもまだ少し残ってたわ、息子のを美味しく感じちゃうなんて母親失格ね…」
「SEXしてる時点で親子失格じゃない?」
「それもそうね…」
そんな話をしながらずっとしゃぶり続けてくれたママが歩けるレベルまで回復したみたいなのでパンツを履かせてあげる。
「そう言えば僕に用があったんだよね?」
「忘れてたわ!トイレの電球が切れかかってるから交換して欲しかったのよ」
「後でやっとくよ、今日もありがとう」
「お願いね、ママも気持ち良かったわ」
それにしても何でこう毎日ムラムラが止まらないんだろう…。

コメントを残す