エッチ体験談 16,000話 突破!!

23年前に撮影した順子先生とのハメ撮り

後悔さんから投稿頂いた「23年前に撮影した順子先生とのハメ撮り」。

あれは俺が私立大学を出て、この大学の営繕課に配属されたばかりの23年前の話し。
冬を迎える前の点検で、付属中学の暖房器具の具合が悪いということで俺が呼ばれた。

応対してくれたのは、当時4歳年上の順子先生で、なかなか美形の教師だった。
27歳の若さでバツイチで、まだ就職1年目の俺は誑かされ、暖房器具が直ったことを伝えに行った時、誘われた。
なかなかの美人先生に誘われりゃあ悪い気はせず、飲みに行って、そのままホテルにイン。
淫乱な先生で、離婚以来半年ぶりのセックスだと言って、鼻息が荒かった。

部屋に入ると自分から裸になったから、俺、買ったばかりのデジカメを出してパチリ、叱られるかと思いきや、ポーズ撮ってきてヌード撮影になった。
すると、シャワーも浴びずに即ハメで迫られ、騎乗位で腰振られた。
生入れだったから、このまま出たらヤバいと抱き寄せて反転、正常位になると結合部から淫臭がモワ~、「い「いいわ、もっと…」
とヨガりまくった。
現役美人中学女教師のセックスを、デジカメで撮りながらのセックス、興奮した。
27歳のバツイチだけに、その女体は年齢以上に熟した味わいが良かった。

1回戦を腹上射精で終え、一度風呂へ入った。
ダメ元で先生にオナニー撮影をお願いしたら、М字開脚でマンコ晒し、バツイチだけに27歳にしては黒いビラの滑りを指でクリに擦りつけて、
「これで興奮して勃起させてもう一回入れて…」
と本気でオナる様子をデジカメで切り取った。
オナりながら、貪るようなフェラでフル勃起、2回戦に突入した。
今度も生ハメ、スレンダーな身体を捩って喘ぐその腰を掴んで、激しくピストンして、再び腹上射精でフィニッシュ。
その後、感極まった先生と濃厚なキス、ホテルを出ようとしたら終電が無くそのままお泊りして、翌朝3回戦をキメて朝帰りした。

あの後、付属中学に行くことは無く、順子先生とは疎遠になった。
更に、俺は営繕部から総務部に移動、その後、財産管理部を経て大学事務局に、そして昨年、久々に営繕部へ戻った。
23年ぶりに付属中学へ行くと、順子先生はもう居なかった。
「昔、バツイチの奇麗な先生いましたよねあ?」
「順子先生の事かな…あの先生、亡くなったよ。」
「えっ!」
「大きな声では言えないんだけどね…」
と言って教えてくれたのは、順子先生は、再婚相手とのSМプレイ中に、ロープが首に絡まって窒息死したそうだ。

順子さんが亡くなったのは、8年前、42歳の時だと聞いた。
しかも、再婚相手が教え子で、13歳年下、つまり、俺が順子先生を抱いたあの日に、順子さんが担任していた男の子だった。
俺は、23年前に撮影した順子先生のハメ撮りデータが入ったCD-Rを叩き割り、処分した。
叩き割ったCD-Rには「親愛なる順子先生との思い出」と書いてあり、その部分だけ一つの破片となり、文字が残されていた。
やっぱり、順子先生に素直な気持ちを伝えればよかった…と、本当は順子先生に惚れてたのに、バツイチと年上を気にして、言えなかった自分を責めた。
せっかく俺と、妊娠の危険が伴う生セックスしてくれて、受け入れられる意思表示をしてくれたのに…
ごめんよ先生…さよなら…

1 COMMENT

コメントを残す