エッチ体験談 16,000話 突破!!

八重歯とエクボが清純そうに見えたYさんがご懐妊・・・

片思いさんから投稿頂いた「八重歯とエクボが清純そうに見えたYさんがご懐妊・・・」。

入社した頃から、社食のYさんが凄く気になっていました。
マスクと三角頭巾で素顔がわからなかったけど、何となく好みでした。

後ろ姿が素敵で、束ねた長い黒髪が清楚なイメージで、細身だけどお尻が大きくて、腰からお尻にかけてのラインだけで勃起してしまいました。
ある日、仕事が終わったYさんが、社食で遅めの昼食を食べているのを見つけ、その素顔にゾッコンになりました。
年上だろうなとは思いましたが、丸顔で八重歯とエクボが可愛くて、年の差はせいぜい2~3才だろうと思ってました。
前から見ると可愛くて、後ろから見るとエロい、少しお姉さんだけど恋焦がれました。

ある休日、ファストフード店の窓際でハンバーガー食べてたら、目の前をYさんが男性と二人で仲良さそうに歩いていました。
彼氏いるのかと、凄くショックでした。
それから半年くらいすると、Yさんの後ろ姿に変化を感じました。
あの、素敵な腰からお尻にかけてのラインを、消してしまうものばかり着てくるのです。
そして、その理由がわかりました。
Yさん、ご懐妊でした・・・OTZ

Yさん、4歳年上の28歳で、2年前にご結婚されていました。
あんなに可愛いYさんは、あのとき一緒に歩いていた旦那さんと裸で抱き合い、アソコを思い切り広げられて恥ずかしい穴を舐められ、感じたのです。
あんなに可愛いYさんは、あの旦那さんの怒張をおしゃぶりして、アソコの中に生で受け入れ、暴れる怒張にあの長い髪を振り乱して喘いだのです。
あんなに可愛いYさんは、旦那さんと唇を重ね、舌を絡ませ、腰をくねらせながら性の快楽を分かち合い、淫らな姿を晒したのです。
あんなに可愛いYさんは、アソコの奥深くに突き刺された怒張から、ドクドクと吐き出された子種汁の熱さに悦んで気を遣ったのです。
その結果が、ご懐妊なのです。

丸顔に八重歯とエクボが清純そうで可愛いYさんが、裸で大股開きでアソコ丸出しで、中出しセックスして痴態を晒したなんて、想像したら胸が張り裂けそうでした。
Yさんは清純な乙女ではなかったのです。
アソコを舐められ、怒張で子宮を掻き回され、乳房を揺らして喘ぎ乱れる淫女だったのです。
Yさんは結婚指輪ををしていなかったのは、社食の人たちは、仕事中は一切の指輪をしないからでした。
そして、Yさんのお腹は次第に大きくなり、やがて社食から姿が消えました。
一言も会話する機会はありませんでしたが、Yさんのいない社食は寂しくなりました。
さよなら、Yさん・・・どうか、元気な赤ちゃんを産んでください。
叶わぬ恋だから、せめてYさんの幸せを祈ります。

1 COMMENT

コメントを残す