エッチ体験談 15,000話 突破!!

忘れられない彼女を忘れないために

元彼氏さんから投稿頂いた「忘れられない彼女を忘れないために」。

彼女が居なくなって3年、まだ忘れられません。
結婚する約束までしていましたから、引きずりまくりです。
3年の間に、彼女を忘れらなくてもいいと言ってくれた女生性と付き合いましたし、その女性とセックスもしました。

その女性はとてもセクシーな身体をしてて、男性器の扱い方も上手で、生挿入さえ許してくれて、安全日は中出しもさせてくれました。
奇麗な人で、セックスの反応も淫らで最高でした。
М字開脚で女性器を広げて誘惑してくれたり、そのままオナニーショーを見せてくれたり、私の要求に何でも応えてくれました。

セクシーで美人でエロくて、セックスも気持ちいいけれど、全部物理的な快楽でしかなくて、心が満たされませんでした。
そのことがそのっ女性にも伝わったのでしょう、彼女を忘れられなくてもいいと言ってくれた女性でしたが、1年で去って行きました。
私も、あの女性の幸せは私じゃない男性と育む方がいいと思ったので、追いませんでした。
もう、他の人を好きになれる自信がありません。
居なくなって3年過ぎても夢に出てくるし、好きな気持ちが消えません。
彼女とは、もう二度と会えないし、いくら待っても彼女は絶対に私の前には現れないのはわかっているのに、忘れられないのです。

病室で彼女の手を握った後、近親者以外面会謝絶になって、次に彼女に会った時は、冷たくなっていました。
人生で、あんなに泣いたのは初めてでした。
去年営まれた三回忌で、彼女のご両親に、今後一切かかわらないで欲しいと言われました。
私が来ることで彼女が成仏できないし、私も新しい人生に踏み出すべきだとも言われました。
30歳を迎えた私は、先々月お見合いをしました。
お相手は1歳年上の31歳でしたが、山本美月さんに似た超別嬪さんでした。

二人きりになった時、お相手の女性は、
「自慢するようですけど、私、モテモテだったから、調子に乗りすぎて、気づいたらアラサーって言われる年齢になってて、見向きもされなくなっちゃったんです。バカですよね。」
って言って、笑っていました。
私は、忘れられない彼女の事を話しました。
お相手の女性は、黙って聞いて、
「忘れる必要はないですよ。心の中で、生きていれば、永遠に一緒に居られるわけですから。」
と言いました。
私は、この人となら一緒に人生を歩めるかもと思いました。

先週末、その女性と関係しました。
以前関係したセクシーな方に負けず劣らず、良い身体してました。
モテモテだっただけに、セックス慣れしてて、山本美月さんに似たAV女優とセックスしているみたいに淫らな女性でした。
終わった後、私からコンドームを外し、結んで、
「ごちそうさまでした。とても良かったです。」
と言いました。
今、この人との将来を、見つめ始めています。
一生彼女を忘れないために・・・

2 COMMENTS

匿名

みんな、忘れられない人を心に抱いて生きているのさ。
君だけじゃない。

返信する

コメントを残す