17,000話以上掲載!!毎日更新!!

「高齢者大学」で・・

[AD]

[AD]

やまださんから投稿頂いた「60女が性欲丸出しの「高齢者大学」で・・」。

市が主催する一年間の「六〇才以上の高齢者学習教室」は、オレオレ詐欺防止講演・消防技術見学・四季の花園見学等が、僅かな会費で男20名女30名の計50名で開催された。

初めての集まりでは、受付で名札を受け取ったら教室内の席は自由なので、私は何げなく女性Aの隣に座った。一応自己紹介で、市内の地域と名前を伝えると「エッ・私は一つ先の〇駅なんですよ」と驚いていた。

一年間のプログラムでは、午前中で終わる日と午後三時頃までがミックスされていた。この日は午前中で終わったので私から「よろしかったらお茶しませんか」の誘いにOKが出た。
私は65才妻子あり、彼女は60才で、定年後もバイト勤務の夫有りと自己紹介の後に「世間知らずなので宜しくお願いします」と甘え顔を見せた。

以後は毎回二人は並んで座り、しばしばお茶をしたり親しくする内に「良い天気が続くので高原の新緑が綺麗になりましたね」の話からドライブの約束が出来た。高齢者でも男女二人の性欲溢れた交際に、ウキウキした顔が印象的だった。

当日、お互いに家庭にはニセの行事にして私の車で高速に入ると「夫には嘘ついたけど、若い頃を思い出すわ、よろしく」と私の左腕にオッパイを押し付けてニヤリとしていた。その勢いで車の中から湖の畔を眺めつつ、キスから椅子を倒してAの股間に右足を入れて、ひと時の興奮を楽しんで居た。
もう大人同士の、この後の成り行きはお互いに期待と我慢が心の中で揺らいでいた。

ランチの後の帰り道で、ひときわ目立つ建物が有り、Aが「あれは何かしら?」の
質問に「なんだろう?」と言いつつラブホの駐車スペースに停めて「中を見ようよ!」と腕を組んで入室した。

お互いに高齢ではあるが、浮気・不倫が久しぶりに性的な興奮を呼び起こしたのです。(お互いの夫婦間のセックスについて話題にした事はありませんでした)。
室内見学の後に「折角だから楽しみましょうね」と言いつつ、シャワーの後にベッドでは69でお互いの下半身を相手の口元に当ててナメナメしつつ、タップリのヌレヌレのオマンコに正常位で挿入をしたのです。

Aは終始「エーッ・すごい!」「アッアッアーっ」「どうしよう、気持ちイイ!!」「イクー-っ」と大きな声を上げつつも、久しぶりにセックスの気持ち良さを味わい(この年では勃起は短時間で、射精は無いが)、お互いに納得していた。
お互いに、暫くベッドの上で天井を見たまま呼吸を整えながらも、快感の余韻を楽しんだ。キスと下半身コスリ合わせと69そしてHな言葉は興奮度が高まった。

若い時の様な激しいセックスではないが、Aがこんなに濡れるのかと言うほどの興奮に「抱き合ってコスリ合わせるだけでも、こんなに気持ち良いから、お互いの幸せのために、内緒で・・またネ!!」。
市の教室は一年で終わったが、二人の秘密のデートは、その後一年間も裸で擦り合わせる程度でも、タップリのキスと69の気持ち良さで続いたが、お互いの家族の雰囲気を感じて来たので自然消滅になった。それで良かったと思っている。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次