17,000話以上掲載!!毎日更新!!

中学のマドンナだった某女子アナに似た美人妻はAVに出ていました

[AD]

[AD]

同級生夫さんから投稿頂いた「中学のマドンナだった某女子アナに似た美人妻はAVに出ていました」。

結婚して17年の妻は47歳、中学時代の同級生です。
妻は、膳●貴子アナウンサーに激似で、20代半ばの頃、N〇K女子アナがAVデビューと言う触れ込みで、AVに出ていました。

凛々しい美人アナウンサーの痴態は話題になりましたが、イメージが膳●貴子アナウンサーに固まってしまい、すぐに飽きられて出演作はたったの5本、1年で引退してしまいました。
私は、妻のAVを見て、同級生だった学級委員の女の子に似てるなあと思いながら、妻のAVを見てオナッていましたが、まさかの本人でした。

妻は、父親のリストラで大学3年の時に中退の危機に陥りましたが、某社長の愛人になって、若い女体を差し出して学費と生活費を賄っていました。
卒業後就職するも、不況で2年で倒産、凛々しい美人がAV落ちしたのです。
そうとは知らず、モテなくてババア上司の愛人をしてた私は、妻のAVでオナッていました。
母親より年上の50代も後半の閉経ババア上司に跨られ、しなびた乳をブラつかせながら、ユルユルの身体とマンコの餌食になっていました。
ゲッソリするまで若い精液を吸い取られる性欲ババアでした。
しかも私は、童貞は風俗で卒業していて、素人とのセックスはこの閉経ババア上司しか知らないという、非モテ男でした。

当時はVHSテープ、デビュー作は美人アナウンサーがプロデューサーに性関係を強要され、裸に剥かれて嫌々フェラさせられていました。
そして、タイトスカートをまくられてムチムチ太股を広げられて、洗ってない臭いオマンコを舐められて、でも感じていました。
モザイク越しにもわかるプロデューサーの巨大なペニスが、美人アナウンサーのオマンコを貫くと、嫌々ながらも感じてしまい、奇麗な乳を揺らして感じていました。
清楚で凛々しい美人アナウンサーの痴態で、何度も抜きました。

その他にも、スポンサーの社長に性接待するものもありました。
N〇Kなのにスポンサー?って思いましたが、清楚で知的なスーツにタイトスカートの美人アナウンサーが、ジジイに体中舐められて、ジジイのペニスを捻じ込まれて中出しされるAVもまた抜けました。
アナウンサー物は3本で、大御所俳優にSM調教されて、M字開脚で、アタッチメントがついた電までオマンコを責められて、
「イヤーーーーーーッ!狂っちゃう狂っちゃう、頭がおかしくなっちゃうーーーーーッ!」
とイキ狂いながら潮を噴かされる美人アナウンサーAVは、アナウンサーシリーズで一番抜けました。

アナウンサーシリーズには限界があったようで、あとの2本は女教師ものでした。
何かをやらかしてしまい、校長の愛人とならざるを得なくて、和室で凌辱の限りを尽くされていました。
オマンコとアナルの両方にバイブを挿されて、どっちで感じているのかさえ分からない状態でヨガり狂わされる女教師が、翌日、リモコンローターを入れられたまま授業をするというラストシーンでした。
教壇に立つ足が震え、タイトスカートから延びる太股の内側を愛液が伝い落ちるシーンで終わっていたのが印象的でした。

引退作も女教師もので、英語教師の黒人二人に、サンドイッチにされて、巨大ペニスをアナルとオマンコに入れられて中出しされ、白目を剥く内容でした。
これは、あまり抜けないので見た回数も少なかったですね。
妻のAVは、アナウンサー物も女教師ものも、一貫してブラウスにスーツとタイトスカートでした。
色は紺だったりベージュだったり灰色だったりしましたが、あのタイトスカートの腰から太股のあたりのエロさが良かったんだと思います。
今はもう処分して手元には無い妻のAVですが、記憶には残っています。

私が妻と再会したのは20年前、お互い27歳の時でした。
ババア上司が定年で退職して、還暦オマンコに別れの精液を中出しした5カ月後でした。
私は次男坊だったので、大学進学で上京したまま東京に就職していて、お盆に帰省した時の新幹線の隣が、妻だったのです。
お互い何となく察してて、チラチラ見合ってて、
「もしかして・・・」
となったのです。

その後、地元で会って飲みに行き、携帯の連絡先を交換して、東京でも会いました。
私は、中学時代に妻が好きだったと打ち明けたら、
「私ね、AVに出てたの。あなたとお通気合出来る女じゃないのよ。その前は愛人してたし・・・」
と言われて、私も、
「俺だって、今年の3月まで、ババア上司の愛人してたんだ・・・」
と言って、その年のクリスマスを一緒に過ごし、初めて結ばれました。

テレビの画面でしか見られなかった憧れの女体に触れ、モザイク越しで見えなかったオマンコにむしゃぶりつきました。
「色んなおチンチン入れられたオマンコでごめんなさいね・・・ああ、クンニお上手・・・」
ババア上司に鍛えられた舌技は、妻のお気に入りになりました。
色んなペニスを突っ込まれた妻のオマンコは使い古しでしたが、ババア上司の萎びた黒く伸びたオマンコと比べたら、まだ少し赤茶になった程度の妻のオマンコは綺麗に見えました。

私が中学時代にあこがれた高根の花のマドンナは、辛い人生を送っていました。
お金のために、彼氏に別れを告げ、脂ぎった中年社長の愛人に堕ち、嫁入り前の若い女子大生の身体に辱めを受けていたのです。
その後の不況でAV落ちして、何人もの男優の巨大ペニスでオマンコどころかアナルまでガバガバにされてしまったのです。
でも、非モテの私の目の前には、マドンナのオマンコがあって舐めることができて、愛偉人もAVも生だったからとそのオマンコに生でペニスを入れさせてくれました。

膳●貴子アナウンサーに激似の知的美人が、ムチムチ太股をM字に開き、私の生ペニスを受け打入れて、アンアンと喘ぐ姿は感動的でした。
私たちは、結婚に向けて貯金をしたり、いろいろと準備を始め、30歳同士で結婚しました。
非モテの私にとっては、夢のような結婚生活でした。
現在47歳同士のアラフィフ夫婦ですが、頻繁に愛し合っています。
今も膳●貴子アナウンサーに似た知的美人の妻は、相変わらずムチムチした太股をM字に開き、ドドメ色になったオマンコを剥き広げ、愛液を垂れ流しながら、淫らに喘いでいます。
そして私は、かつての妻のAVを思い出し、アラフィフペニスに嫉妬の喝を入れるのであります。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (1件)

  • 元AVの嫁さんって世の中いっぱい居てるんやろうな。
    元風俗嬢も無茶苦茶たくさん居てそう。

    けど、幸せなら結果オーライやね。

コメントする

目次