17,000話以上掲載!!毎日更新!!

NTRとは?歳の差愛 8

[AD]

[AD]

よしきさんから投稿頂いた「NTRとは?歳の差愛 8」。

NTRとは?歳の差愛 7の続き

二人は既にテーブルに座っていた。
麻衣子とイサワは並んで座っていた。
俺たちは少し遅れて店に入った。

麻衣子「よしきにまりちゃん、二人とも今日はありがとう」

俺「話って?何?」

麻衣子「実はさ、イサワのことなんだけど、、」

麻衣子「あれからイサワすぐ病院は退院したんだよ。
んで薬を抜く施設に入ったんだ。」

麻衣子「でもね?この子あれからもう何回も薬使って逮捕されてるのよ、、」

やっぱりそうなったか、、
俺がEDになったように、あのことはイサワも、慎二が死んでも変わらないのだと思った。

麻衣子「どこで聞いたのか知らないけど、組織から離れてるチンピラが薬持って来んのよ。」

麻衣子「この子薬やっていろんな男とセックスして、もーひどいもんなのよ。」

麻衣子「やる度”慎二、慎二”って」

麻衣子「最近はチンピラが金を巻き上げるために、イサワに立ちんぼとかやらせて、一回5000円とかで一日40とか50人とかやらせるの、、」

流石に哀れだと思った。

麻衣子「んでさ、どこにかくまってもチンピラに突き止められるから、よしきんどこでかくまってくれないかな、、」

麻衣子「よしきのとこ、めっちゃ警備厳しいじゃん?」

麻衣子「お願いできないかな?」

俺とまりは顔を見合わせた。

麻衣子「無茶な相談とはわかってるんだけど、わたしも昼仕事あるし、守ってあげられないの」

俺はしばらく考えるふりをした。
そんなお願いなんか聞く筋合いでもないし、元々うちはまりの家族が住んでいる。
当然すぐ断る対象だが、考えたふりをした方が後々、後腐れないと思ったからだ。
やおら俺は口を開き断ろうと発言しようとした時

まりも「わかりました」

えっ?

麻衣子「えっ?いいの?ホント?」

いや俺いやなんだけど、、

まりも「わたしにはなんの権利もないのでこんなことを決められないのはわかっています。」

まりも「でも、わたしはよしきさんとずっと一緒にいたい。
よしきさんに抱きしめてエッチもしてもらいたい。」

まりも「でもよしきさんはあの件があって以来、女性を抱けなくなってしまったんです。」

まりも「わたしは今のよしきさんでも充分幸せです。でも悩んでるよしきさんを見るのは辛い。」

まりも「彼ができなくなってしまったのは、そのイサワさんのせいです。」

まりも「そのイサワさんとの辛い思い出は、イサワさんと離れていては解消することはない。」

まりも「だったら、いっそ一緒に住めば、原因を解消できるチャンスかもしれないとおもったんです」

おれは確かにと思った。

俺「でもまり、仮にもこのイサワはしばらく付き合っていた人間なんだよ、、」

まりも「わたしの方が先に付き合っててもん!」

まりも「子供もいるもん、だからよしとのお父さんは心変わりなんかしないもん!」

全くその通り

俺「まりがいいならいいんだけど、、でも薬漬けの人間が家庭にいるのって怖くないか?」

まりも「大丈夫、仮にもあたしストリッパーだったから、、
海千山千ですよ笑」

確かに笑

まりも「あたしの隣の部屋空いてるから、あそこに住んでもらおう?」

まりも「鍵は外からかけられるようにして、昼は簡易おトイレ置いておこう?」

まりも「夜帰ったらわたし処理するし、、」

そ、それは、、

麻衣子「まりちゃんありがとう。よしきは素敵な彼女捕まえたね、、」

まりも「じゃイサワさん、今日からでもうちに来て。」

まりも「一緒に薬を抜きましょう。わたしもそれがよしきのためだって信じてる。」

イサワは終始俯いて何も喋らなかった。

NTRとは?歳の差愛9へ

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次