17,000話以上掲載!!毎日更新!!

女子CK生が入れ食いだった若い頃とハゲ親父になった今

[AD]

[AD]

四十路さんから投稿頂いた「女子CK生が入れ食いだった若い頃とハゲ親父になった今」。

私は、若い頃はイケメンで、初体験はC3、相手は近所に住む叔母でした。
子供がいなかった叔母には随分と可愛がられ、C3の時に騎乗位で童貞を卒業、K校を出るまで叔母の相手をしていました。

若い頃はイケメンだった私は、その頃からモテていて、K校に進学して、C学時代の後輩2人の●4歳の処女、K校の同級生の●6歳の処女3人をゲットして、日替わりで抱いていました。
場所は、叔母が所有していたアパートの管理人室で、叔母ともその部屋でハメていました。
K校生の性欲はとどまることを知らず、女子CK制とハメた後、叔母ともしていました。
あの頃、女子CK生を脱がせまだ幼い性を貪っていましたが、後に、セーラー服は脱がさない方が萌えることに気づいていきました。

大学進学とともに故郷を去った私は、大学でもモテモテの人生を歩みました。
女子大生だけでなく、バイト仲間の女子K生とパートさんは入れ食い状態で、特に女子K生の中でもあまりオツムの良くないK校の女子K生はやり放題でした。
勉強を見てあげると言って部屋に2~3人の女子K生を連れ込んで、1対1じゃない安心感を利用して下ネタに持っていくと、性に興味津々の女子K生は乗ってきます。
そこで、無修正の国外配信のAVを見せると、興奮してきて、気づけば全身全裸でオマンコ弄られてハアハアしています。
当時はまだ光回線じゃなくてADSLでしたが、女子K生ものを見せればイチコロでしたね。

オツムの良く無い女子K生は処女率が低かったですが、連れ込んだ女子K生が3人とも処女だったこともありました。
一度に3人の処女膜を破るとか、初めての経験でしたが、彼女らはお互いに恋愛対象ではなく遊びのセックスで、やがて彼氏が出来ると疎遠になっていきましたので、入れ替わりの回転が早かったですね。
あまりにも入れ食い状態だったから、何人の女子K生とハメたのか、何院の処女膜を破ったのか、覚えていません。

一方、新学校の女子K生は身持ちが堅く、大学の4年間で落とせたのはたった2人、どちらも処女でした。
真面目で清純派の彼女たちとは、処女喪失後も交際が続きましたが、アパートにお持ち帰りは極力避け、できるだけラブホで抱きました。
彼女たちは真剣に恋愛をしてくるので、セックス優先じゃなく、デート重視でした。
でも、真面目な新学校の女子K生のセーラー服を脱がさないセックスって、萌えますね。
オツムの良くない女子K生は、積極的に股を開きますが、新学校の子はこちらが脱がせに行かないと、スカートとパンツを脱ぎません。
上だけセーラー服着た真面目少女との対面座位は、メッチャ興奮しました。

女子大生とも関係しましたが、彼女たちは完全に割り切ったセフレで、半分以上が彼氏持ちで、アパートにお持ち帰りしていました。
女子大生とは夜だけで、ほとんどが週末、女子K生とは不可能な一緒に朝を迎えるセックスでした。
夜も散々セックスしたのに、朝もセックスして、シャワー浴びて彼氏とのデートに出かけていきました。
そして私も新学校の女子K生とのデートに出かけて、セックスしてたのですから、若いって凄いですね。
そして週中はパート人妻や、オツムの良く無い女子K生を摘まみ食いして過ごしました。
性欲旺盛な青春時代を過ごしました。

地元では姉が結婚して、義兄がマスオさん状態で実家に入ってしまったので、私は帰郷せず大学のある都会に就職しました。
ここからモテモテ人生が終焉を迎えたのです。
私は、まだ20代前半だというのに、髪の毛が後退していきました。
体毛は濃いめなのに、頭髪が薄いという皮肉に落ち込みました。
自慢のイケメンもこれで台無し、就職してから彼女なしでした。
私は移動願を出して、25歳で都内郊外へ転勤、その転勤を機に潔くスキンヘッドにしました。

その転勤先では、女性主任のアシストをする役回りでした。
主任は10歳年上の独身でしたが、若々しくて三十路には見えませんでしたし、かなりの美形でした。
主任の美貌は優しい顔立ちで、でも、どこかエロさを感じさせる垂れ目が可愛かったです。
こんなに奇麗なのに、なんで独身なんだろうと不思議でした。
その主任と二泊三日で出張した時、関係してしまいました。
出張先の街の奥座敷の温泉旅館に宿を取ったのですが、ブッキングして一部屋しか空いてなくて、主任と同部屋、もう勃起が止まらなくて前屈姿勢を強いられました。

当然不自然なので問われますが、まさか主任の色香に勃起したとはいえず、悶々としていましたが、酒が入ってヤケクソ、浴衣をはだけて、トランクスからはみ出した亀頭を見せて、
「主任のお色気で、こうなってしまいました。」
と言ったら、ニッコリ笑って、
「私で興奮してくれるなんて、女冥利に尽きるわよ・・・」
と言って脱ぎだすと、当時身長が164㎝たやや大柄な身体は、これも当時でバストが88cm、ウエストが60cmのDカップ、前々から気になっていた豊満な乳房が拝めました。
そして、ヒップは87cmでムッチリとしたハリのある色白な太腿にくぎ付けになりました。

Dカップの乳房は綺麗な形をしていて、乳首はツンと尖って上を向いてて乳輪は小さめで色も綺麗、AVに出たら絶対に売れるだろうという見事な身体と美貌でした。
特に乳房の色、形、大きさは全て満点の素晴らしさで、やや垂れているようにも見えるけれど、10歳年上の熟女らしさがあって萌えました。
その程よい肉付きは、セックスしたくなるスタイルをしていました。
私は、数年の禁欲生活を吹き飛ばすように、主任にむしゃぶりついて、Dカップを揉みしだき、乳首を吸いました。

愛を開かせ、オマンコを覗き込むと、35歳とは言え独身の主任のオマンコは、人妻のパートさんとは違ってまだドドメ色ではなくて、クパアと開いたオマンコを舐めまくりました。
次第にとがるクリを吸い、転がし、感じまくる主任の、
「もういいからチンチン入れて~」
の声に、コンドームも被せずズブリと挿入、ガンガン突き上げ、主任を揺さぶりました。
Dカップがユサユサと揺れ、主任の美貌が歪みました。
10歳年上の美貌の熟女の放つ色香にクラクラしながら、一度ペニスを抜き、主任の乳房の辺りにドピュ~~っと射精しました。

主任の身体をティッシュで拭いていると、
「凄く良かったわよ。今、彼女がいないなら、彼女ができるまでお相手してあげるわよ。」
と言うので、一度射精したにもかかわらず、萎えずに脈打つペニスを見せながら、
「主任があまりにも綺麗でイイ身体してるから、チンポが全く治まりません。あまりにも魅力的な主任を一度抱いたら、もう、他の女はだけません。主任、彼女になってください。」
と言って、シャワーでペニスを洗ってくると、主任は優しい笑顔で、
「いっぱい、可愛がってね・・・」
とオンナの顔になりました。

この夜、主任に4発の射精をして寝て、翌朝も1発キメて、2泊目の夜も4発、チェックアウト前に1発キメて、出張で10発キメたら、主任はすっかりご満悦でした。
「すみません、俺、性欲強くて・・・」
「そういうのを、絶倫っていうのよ。いくら20代でも、凄すぎよ。」
と言われました。
その後は、お互いが求めあって穴れているのが辛くて同棲をはじめ、毎晩激しく愛し合いました。

同棲を始めてすぐに私は主任にプロポーズ、10歳年上の主任を連れて里帰り、反対されるかと思いきや、主任の美貌に両親も姉夫婦もフリーズしてしまいました。
こうして、私26歳、主任36歳で結婚しました。
新婚生活は中出ししまくって、翌年女の子が生まれ、主任は暫く休職しましたが、やがて私に転勤があり、そのまま退社して、専業になりました。
私の収入だと生活はギリギリでしたが、36歳まで独身だった妻の貯蓄や投資からの配当でやっていけました。

娘に付きっきりでなくても良くなったころ、妻は四十路を迎え、ますます艶めかしさを増しました。
それと同時に、妻も絶倫になって、夫婦の営みがお盛んになりました。
30代になっても私の精力は衰えを知らず、毎晩は当たり前で、一晩に何発も射精していました。
妻に生理が来ると、何発も射精するペニスで妻が射精遊びをしています。
手コキで射精させて、ドピュドピュ溢れる精液を見て喜んでいますが、射精中も射精後も手コキを辞めないので、あまりの刺激に暴れだすから、その後は身体を縛られて手コキ地獄をされています。
射精しては悶絶、射精しては悶絶を繰り返され、
「絶倫男じゃないとできないプレイね~」
と妻の生理が終わるまで、快楽地獄に落とされ続けます。

その代わり、その直前の安全日になると、妻に中出しした後も抜かずに、そのまま何度も妻のオマンコを抉り続け、妻を快楽地獄へ落とします。
抜かずの2発で妻は意識朦朧、4発目には既に白目を剥いて気を失っています。
4発の射精でドロドロと精液を逆流させるオマンコは、とても卑猥です。
それでも、精力絶倫な四十路妻と三十路夫の性生活は、毎晩激しく営まれてきました。
自他共に認めるスキモノ夫婦ですから、夫婦仲は極めて良好で、夫婦喧嘩は一度もありません。

今年、結婚して17年、妻は53歳、私は43歳です。
妻の身体は今もお色気たっぷりですが、やや緩みが見え始めています。
でも、その少しだらしないと思える女体は、いかにも熟女という感じで、たまらないエロさを感じさせてくれます。
K校生になった娘も、幼い頃から両親が揃って寝室に入ったら近づかない習慣があるから、両親がパパママモードなのか、夫と妻モードなのか、見極めています。
なので、夫婦の営みは今も毎晩続いています。

昨年、妻が閉経したので、夫婦の営みは毎回中出し、現在は抜かずの2発で止めています。
今でも1回3発はイケますが、妻の体力がついてこれません。
それでも毎晩2発なので、自分でも絶倫だと思います。
1回に2発なので、休日、娘が部活に出かけると、妻をキッチンのテーブルなどで下だけ脱がせて、私も下だけ脱いでハメています。
キッチンで1発、後処理をしてリビングでお茶飲んでいるうち抱き合ってキス、リビングでまた下だけ脱いで1発、のように、1日に何度か分けてするようになりました。
もちろん、寝る前には素っ裸でしっかり抜かずの2発をキメます。

妻は、夫の私が言うのも何ですが、五十路とは思えない肌のハリ、そして豊満で形の綺麗な乳房にムッチリした太股は、人気熟女AV女優に引けを取らないと思います。
特に、後背位でペニスをガンガン突くと、妻の綺麗な腰のくびれとお尻が際立ち、そしてパンパン打ち付けるたびに波打つ様子がエロいです。
そして正常位で開いた太腿の付け根、めっちゃエロいです。
抜かずの2発をキメた後、抜かれたペニスに精液が糸を引き、そしてドロドロッと精液と愛液が混じった体液を吐き出すオマンコは、最高級に卑猥です。
私は、10歳年上の妻と結婚して、本当に良かったと思いますし、精力の続く限り、妻の最高のオマンコに中出しし続けようと思います。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (2件)

  • 体毛が濃くてハゲてるなら男性ホルモンが豊富ってこった
    よかった仲良しで

コメントする

目次