エッチ体験談 15,000話 突破!!

処女損失と妊娠と今

サキさんから投稿頂いた「処女損失と妊娠と今」。

いつも乗るこの電車で私、サキは処女を失った。
高一のGW明け、私は普段通りに通学のため電車に乗った。ところがその日に限って満員だった。コロナだってあるのに、これじゃかかるなと言う方が無理があるじゃん…そう思っていた。

おまけに急な停止信号で止まるし最悪だった。
季節が少しずつ暑くなってくるから電車の中も蒸してきたような気がした。マスクしてても感じるくらいだから、相当だなーって思っているとスカート越しにお尻のラインをなぞる様に触る感触があった。あーいつもの痴漢のお兄さんか…ほんと毎朝必ず私のお尻を触る人がいる。何が楽しいのかわからないけど、お尻触られる程度なら気にすることもなかった。だけど、手の動きがいつもと違った。あれ?と思うとそのお兄さん急にスカートの中に手を入れて直に私のお尻を触り出した。何してんだよと思い脛に思い切り後ろ蹴りを入れてやったけど効いてない?痛がる素振りはない。なんなのよコイツと思ってるとお尻の割れ目を舐める様に触ってきた。さすがに直に触られるのは気持ちが悪い…大声出してやると思った瞬間、突然電車が動いて私はバランスを崩して「きゃっ!」と声が漏れた。同時にお尻の中に何か刺さった。指だった…よろけたショックでお肛門近くにあったお兄さんの指が突き刺さった。お兄さん慌てて指抜いてる…けど、もう少し優しく抜いてよ!と思っていると電車が動き出して駅に着いた。人が凄い乗り込んできて、さっきよりも身動きが取れなくなった。私はお兄さんに隠れる様な姿勢になって、お尻を突き出す様な姿勢で固定されている。このお兄さん痴漢をあくまでも辞めたくないのかパンティの中に手を入れてきて膣を弄り出した。自分でも弄ったことすらないのに、こんな見ず知らずの会社員に触られるなんて…せめて彼氏とかが良いのに。。そう思っていると膣の入り口に何かが当たった。瞬間、ズキッという痛みと腰が浮く様なゾクゾクが襲ってきた。まさかオチンチン!?そう思って「何すんのよ…」と言って振り払おうとしたときだった。
ブチッ…
挿入った。膣内に太い棒状のものが挿入ってる…。腰が砕けるくらい気持ちいい。膝が笑って上手く立てない。これが挿入…私の処女は見事に見ず知らずの男によって奪われてしまった。動画とかでは見たことあったけど、まさか自分自身にこんなことが起きるなんて。お兄さんは私のお腹に手を回して転ばないように支えながら腰を振ってくる。異物感が凄くてお腹に苦しさがあった。結局、膣内射精された。危険日だったから私は両親にこの事を伝えて病院へ連れて行ってもらい、妊娠や性病の検査をされた。病気は免れたけど、妊娠はしてしまっており初期の段階で分かったため中絶薬でなかったことになった。薬も極少量だったお陰で将来、不妊のリスクなどは低いそうだ。しかし処女を奪われたショックでしばらく学校を休み、復帰後も父と母が交代で車で送ってくれていた。最近はようやく電車に乗れる様になったが、あのお兄さんは見なくなった。同時に自慰行為をすることが増えた。連休中は朝から晩まで一人でふけっていた。だけど指の挿入だと少し物足りないなぁと思う自分がいるのには驚いた。将来、結婚する人が出来て子供を作るってなると、そのときの記憶がよみがえるのかな?とふと思う。

1 COMMENT

コメントを残す