エッチ体験談 15,000話 突破!!

近所に住む従妹2

まささんから投稿頂いた「近所に住む従妹2」。

S学生の頃 近所の従妹Y子にイタズラしていました 興味が同級生の娘に移っていき次第に遊ばなくなっていましたが 僕がK校生の時 C学生になった制服姿のY子を見て昔の事を思い出してムラムラしてきました 

俺の勝手で放ったらかしておいたY子が昔のように誘いに乗ってくるか不安でしたがイチかバチか声を掛けてみる事にしました 冬のある日 学校帰りのY子を待ち伏せ「Y子ウチに寄ってけよ」というと「うん」と素直についてきた 部屋に入りコタツにもぐりこんだ「寒っ」「寒いよね」他愛もない話をしながらTVを観ていたが「久しぶりやな」「本当久しぶり」「昔の事憶えてる?」「何の事を?」惚けてるのか本当に心当たりが無いのか 「こっち来いよ」とこたつ布団をめくって呼ぶと「うん」と嬉しそうに移動してきました 

Y子を抱えるようにして暫くはじっとしていましたが Y子の髪の匂いを嗅いでいるうちに硬くなったアレを背中に押し付けていると Y子の息づかいが荒くなりだしY子の方から振り向いてキスを求めてきました キスをしながらおっぱいを揉んでみると昔はぺったんこだったのが少しだけ膨らんでいい感じになっていた ブラウスのボタンを外して手を入れると乳首が若干大きくなったような気がした 

パンティの中に手を入れると毛はまだ生えてないようでツルツルだけどもう既にヌルヌルでした 指を入れると「ハァハァ」と声を漏らしはじめる「Y子よく見せて」一度立たせ回れ右させてコタツに腰掛けさせます 久しぶりに見るY子のオマンコは昔より土手がふっくらした感じでピンク色に光っていました 見惚れているとY子が俺の頭をオマンコに持って行きます 昔舐めた時はオシッコの匂いのするピッタリ閉じたままのオマンコでしたが 今はパックリ開いて濡れていやらしい匂いのするオマンコです 

夢中で舐めていると「あっあーっ」という声とともにオシッコらしきものが飛び出してきました 半分飲んでしまいましたがオシッコみたいな匂いではなくスプラッシュというやつだったようです 「ゴメン」Y子は恥ずかしそうにもじもじしています「気持ちよくなってくれたってことやから嬉しいよ」と言ってやると嬉しそうに抱きついてきました 抱き合いながら膝立ちになるとコタツに腰掛けたY子のオマンコと高さがピッタリだったのでそのままインしました Y子の中はキツくてとても気持ちよく何度もイッてしまいそうになるのを我慢して腰を振り続けました ふと昔の事を思い出して「こんなの誰かにされたことある?」と聞いてみました「ううんっないってぇ」その返事を聞いて嬉しくなりY子の中に思いっきり発射しました。

コメントを残す