エッチ体験談 15,000話 突破!!

毎日発情してて胸チラ・パンチラを目敏く見てたら家族に対しても性的な目で見るようになって襲ってしまった

発情兎(オス)さんから投稿頂いた「毎日発情してて胸チラ・パンチラを目敏く見てたら家族に対しても性的な目で見るようになって襲ってしまった」。

性欲が大きすぎるのか、毎日発情してて1日10回のオナニーは欠かせない。
外出先で女性の胸チラやパンチラを目敏く見つけては脳のメモリーに保存してオカズにする。

そんな毎日を送っていたら母・姉・妹も気になり始めてチラ見をするようになった。
家の中で家族の前って事で無防備な姿を見せてくれるから胸チラ・パンチラの宝庫だと気付いた。
それから家族のチラをオカズにオナニーするようになり、それが行き過ぎてしまって襲ってしまった。
最初に襲ったのは妹。
風呂上がりにバスタオル一枚でウロウロしてたから、少し前屈みになっただけでマンチラ・アナルチラしてくれる。
こんなの襲ってくれって言ってるようなものだろ?
妹と入れ違いで母が風呂に入ってて、姉はトイレに入ったばかり。
父は酒飲んで先に寝てしまって俺と妹しかリビングに居ないとなればチャンスだ。
マンチラしてた妹の背後から近付いていきなりクンニした。
尻を抱え込んで舐めたから逃げようがない妹は何とか俺を振り払おうとしてバスタオルが床に落ちた。
それを俺は足で踏んで拾えないようにして舐め続けた。
マンコもアナルも涎でベチョベチョになるまで舐めたら妹がイッて床に崩れ落ちた。
目の前には四つん這いではぁはぁ言ってる妹。
素早くパンツまで脱いでゴムなんて着けずにマンコに挿入した。
妹が叫ぼうとしたから抱きついて手で口を塞ぐ。
姉は便秘気味でトイレに1時間は篭るし、母も長風呂で1時間は入ってるから急げば射精までイケるはず。
まだ処女だったみたいだけど、遠慮なく犯して中出しした。
泣く妹の口にチンポ突っ込んでしゃぶらせてから身体にバスタオルを巻いてやって部屋に追い返した。
家族に手を出した後悔なんて感じなかったから、その日の深夜に姉に夜這いをかけた。
妹と同じように口を手で塞いで叫べなくしてゴム無しSEX。
姉にも中出しする。
二人犯したら三人犯すのも変わらないと思い、そのまま父と母の寝てる寝室に向かった。
父の寝てる隣のベッドに母が寝てるから、母のベッドに潜り込んで脱がせていく。
途中で母が目を覚ましたけど、大きな声を出したら父が目を覚まして大問題になると思ったのか、小声で制止を促したり大きな音を立てないように控えめな抵抗を試みるも無駄に終わる。
母には無理矢理キスしてから前戯を開始して普通にSEXした。
俺を制止出来ないと気付いてからは母も積極的に楽しんでフェラチオもしてくれた。
当然ゴムは着けずに挿入して中出しする。
それだけは小声で怒られたけど、それでも仕方ない子だ…と諦めて抱きしめてくれた。
やはり母の愛情ってのは凄いね。
息子に犯されても尚抱きしめてくれるんだから。
妹と姉は数日間俺に対して余所余所しくなったけど母とは以前より仲が深まって、母が何かしてる時に抱きついたり触ったりすると微笑んでくれる。
下半身さえ隠れてれば皆が揃ってる場でもSEXさせてくれる。
同じく犯された妹と姉は俺と母の関係に気付き、初日以降襲ってないのを不満に思ったそうだ。
自分達には一度しか手を出してないのに母には何度も手を出して幸せそうにしてるのが納得いかなかったんだろうね。
痺れを切らした妹と姉がそれぞれ別日に俺の部屋に来て逆レイプ紛いのフェラチオしてきた。
どうせ全員に手を出したんだろう?と妹も姉も言い、それなのに母だけと関係続けてるのは納得いかないと嫉妬心丸出しでSEXさせてくれた。
初日は無理矢理中出しされたから、お返しに無理矢理中出しさせて搾り取ってやる!と息巻いてた姿は姉妹だなぁって思った。
暫くは個別にSEXしてたけど、ある日母・姉・俺・妹の四人で話があるからと言われてリビングに集まった。
父はパチンコに行ってて居ない。
そこで全員が俺と関係を持ってる事の確認をされて、今後は不平等が無いように等しくSEXするのを義務付けられた。
それとこの四人の仲で隠し事はしないと約束させられ、時々は四人で一緒にSEXする日を作る約束もさせられた。

コメントを残す