17,000話以上掲載!!毎日更新!!

NTRとは?歳の差愛2

[AD]

[AD]

よしきさんから投稿頂いた「NTRとは?歳の差愛2」。

NTRとは?歳の差愛 1の続き

まりも「わたしあれからすぐストリップ小屋に就職して
ずっとストリップやってるの。」

俺「大変だったんだな、、」

まりも「んー、そーでもないんよ?なんか楽しいし客喜んでくれるし、、」

まりも「今でこそ減ったけど、うちはまだまな板ショーってのがあるんだ。
客を一人呼んで舞台でセックスやるの、、」

俺「へーっ、、」

まりも「そこになんとびっくり、、あたしのお父さんが上がってきたのよ?」

俺「ええっ!?」

まりも「向こうはわかっててきてるから、、
あらー出所してきたんだ、、って思った。
仕事だし、しゃーないからお父さんのチンポ咥えてあげたの笑」

お父さん「き、きもちいい、気持ちいいって涎笑」

俺「えーお父さんのチンポを?おぞましすぎる、、どうだった?」

まりも「んー?別に他の客と同じかな笑」
まりも「すぐいれたがってさ、、チンポギンギンなの笑」

まりも「なんか面白くてからかってやろかとおもって、、」

まりも「ほんとはゴムつけないといけないんだけどさ、私その日生理の前の日だったし(お父さん、生でしたいんでしょ?だいすきだから、生で出させてあ、げ、る❤️)」

まりも「って生でお父さんのチンポをまんこに入れてあげた」

まりも「キスもしたらダメなんだけどディープキスもしてやって(したかったんでしょ?キス)って舌からめてやったの、笑」

まりも「お父さん(舌、や、柔らかい、、おまんこしまる、狭い、こんな狭かったんか!)て、この世の天国みたいなゲス顔笑 超大ウケ笑」

まりも強くなったなと思った

まりも「よー娘で気持ち良くなれるもんだね。
自分の分身なのに笑」

まりも「わたしあいつの耳もとで(なんであの時お父さんのおっきい素敵なおチンポであたしの処女奪ってくれなかったんですかぁー?お父さんに処女奪って欲しかったなぁ)って耳噛んでぺろぺろしてやったらすぐ中出しでいっちゃった。笑」

まりも「逝ったら(アーンお父さんはやぃいーわたし満足しないーもっとしてーん)って中出ししてる時お尻かにばさみしてやった。笑」

まりも「お父さんめっちゃ勘違いして、もっとしようと思ってステージの上なの構わずにさらに襲い掛かってきたんだけど、スタッフに連れ出されて、、。

—————
まりも:生中出しとキスでスタッフにボコボコにされてた笑

お父さん:あいつが自分からしてきたんだ!

スタッフさん:まりさん、ほんと?

まりも:そんなわけありません、、
この気持ち悪いおじさんに生で中出しとディープされたー。
ピル飲んでないのに泣

まりも:もうお嫁にいけない、、ぐすんぐすん

て嘘泣きしてやったらさ、、」

まりも「スタッフに

スタッフさん:ほらみー、んなわけあるかいや!
俺らのアイドルになにさらすんじゃーボケ!
—————

ってさらにボコボコで簀巻き笑。
うちのストリップ小屋も出禁」

まりも「警察に傷害で突き出されたんだけど、あいつわたしらに接見禁止じゃん?
警察に二重で再逮捕されてた。笑」

恐ろしや、、

俺「え?ていうか、それが仕事の悩み??」

まりも「違う違う笑」

まりも「わたし今年で25なのよ、、」

まりも「人に見られるのはきらいじゃないし、対人も嫌いじゃないんだけどさ、、」

俺「どしたの?」

まりも「見られるのとか、知らない人とエッチとかもーいいかなって思ってきて、、」

まりも「そしたら今の仕事いつまで続けられるんかなぁって思ってきて。。」

まりも「ある程度お金貯まってきたし、子供もおおきくなってきたから、そろそろやめどきかなと、、」

まりも「でもなんか仕事しないとって思ってるけど、お母さんと子供養おうと思ったら、できる仕事なんてもう風俗くらいしかないし、」

まりも「でも風俗にしたって身体壊しやすいっていうし、、」

まりも「で相談、なんかあたしに合う月給高い仕事ありません?笑」

俺は少しウケた。

俺の仕事は士業、なかなか専門知識がないとできない過酷な仕事で周りにもそういう人しかいない。

俺「まりちゃんオフィス系パソコンできる?」

まりも「じぇんじぇん、イラレなら描けるよ!」

俺「なら簿記とかは?」

まりも「勃起ならさせられる!」

俺「あほ!」

とにかく、その日はまりがもう出番らしく、次回またその話をするということで連絡先交換した。

NTRとは?歳の差愛2へ

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次