17,000話以上掲載!!毎日更新!!

同級生の下着2 K子のお風呂

[AD]

[AD]

まささんから投稿頂いた「同級生の下着2K子のお風呂」。

K子の下着を盗む中で 風呂場の脱衣所から脱ぎたてのパンティやブラジャーも頂いた パンティのクロッチ部分には割れ目の位置にトロっとした汚れが付いていて 何とも言えないいやらしい匂いがして舐めると少ししょっぱいような独特な味でたまらなかった 

何度か侵入を繰り返すうち 風呂場が外から覗ける事に気が付いた 風呂場がある側の隣には一段高くなったところに畑があり 低いブロック塀の上から風呂場の窓を見下ろす位置にありました ブロック塀と畑の間には側溝がありそこにスッポリと入り込んで姿を隠せるので覗くには最適でした 

それから暫く通っても親が入ってたり窓が閉まっていたりしてなかなかK子の裸にはたどり着けませんでしたが 6月のある夜 現場に着くと既に誰かが入ってる様子 右側の脱衣所の窓が開いていて 蚊に刺されながら待っていると やがて風呂場からK子が出てきました 色白でぽっちゃりしたK子の身体はおっぱいもキレイな形でアンダーヘアも薄く堪りません 

最初は隠れながら見ていましたが 普段メガネを掛けているK子はメガネを外しているから 暗い外がよく見えるはずはない事に気付いて   素っ裸のまま歯を磨いたり身体を拭き上げたりパジャマを着るまでじっくり鑑賞出来ました。その夜K子のパンティでオナニーしたのは言うまでもないのですが それに味をしめた僕は 次からはK子の家の敷地に下りて窓の近くで見る事にしました 

間近で見るK子の身体に興奮して その場でシゴイて出したりもしましたが ある日の事 いつものように窓の下で待っていると風呂場の中から チャプチャプというお湯の音に混じってK子の切なげな声が聞こえて来ます 普段は覗かない風呂場の方を覗くと 湯船に浸かったまま胸を揉みもう一方の手でオマンコを触りながら喘いでいるK子がいました いつもは清楚なK子がオナニーしてる 

堪らなくなりチンチンをしごきはじめてふと思う チャンスかも 窓からそっと「K子」と声をかける  K子はビクッとして動きを止める 悲鳴を上げられては元も子もありません「シーッ!オナニーしてたん?」そう言うと「誰?」とわかってない様子で 「俺〇〇」と名乗ると「何で?」とパニックってる様子

 「中に入れてよ」と窓から中に 怯えている様子で声は出さない 「オナニーしてたの学校で言っちゃおかな」「やめてお願い」本来なら覗きがバレてこちらが弱い立場のはずが完全に逆転 あとは無言でK子の乳首にむしゃぶりつきオマンコに指を突っ込み夢中で掻き回しました「んっ」というK子の声を聴きながら あまり長居は出来ない事に気が付き とりあえずフェラさせて二人だけの秘密を作ることに 嫌がるK子の口に押し込んで腰を動かすと初めての感触に またたく間にイッてしまいました 半泣きのK子に「だれにも言うなよ言えやんか」「また学校でな」と言い残して また窓から帰りました。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次