17,000話以上掲載!!毎日更新!!

初体験した初カノを綺麗な思い出にできた理由

[AD]

[AD]

初カレさんから投稿頂いた「初体験した初カノを綺麗な思い出にできた理由」。

35歳の二児の父です。
私の母校の高校が無くなる、というか、新築されて中高一貫校になるので名前は残るけど、無くなるに等しいので、閉校式に行ってきました。

なぜなら、初めての彼女、初カノとの思い出の校舎を最後に一目見たかったからです。
卒業以来行ってなかったから、懐かしかったです。
初カノに告白した渡り廊下、初カノとキスした体育館の裏、セーラー服着た初カノが居間にも走ってきそうでした。

色んなことを思い出しました。
初カノと初体験するために、バイト代握りしめて入ったラブホ、今も営業してるのでしょうか。
まだ成熟していない16歳の体を初めて見て、増える手で触れたのを覚えています。
初カノは、二次性徴に股間を晒し、自由にさせても良い男性に、私を選んでくれたんだと、感動したのを思い出しました。
恥ずかしい割目を広げて見られ、触られ、舐められ、私のペニスでズブズブッと処女膜を破られ、歯を食いしばって痛みに耐えたのです。
その時の初カノの恥じらう初々しい仕草は、私しか知りません。

その後、何度も私に抱かれ、初カノがセックスの快楽を知っていく過程は、私しか知りません。
私のペニスで突かれ、かき回され、時には上半身はセーラー服のまま淫婦のように喘いだ初カノの姿は、私しか知りません。
セックス中に生理が来てしまい、コンドームを外して生入れして、精液を注ぎ込まれ、内股をイチゴミルクが伝い落ちたこともありました。
高校を卒業して、進路の違いで泣く泣く別れることになって、最後のお別れセックスして、この校舎の前でお別れしました。
もう、17年も前のことなんですね・・・

別れても、初カノのことはずっと好きでした。
進学先で恋愛しても、初カノと比べてしまいました。
就職で帰郷した時、初カノを訪ねるのが怖くてできずにいたら、妻に告白されて付き合いました。
妻には処女膜はありませんでした。
妻の処女喪失と快感を知る過程を知る男が、どこかにいるんだと嫉妬しました。
初カノには処女膜があったのに、とか、妻は可愛いだけに悔しくて考えてしまいました。
それでも、タイミングと勢いで、妻と結婚して、もう8年になります。

閉校式で、近くから初カノの名前を呼ぶ声が聞こえて、ふと見渡すと、初カノの名を呼んだ女性に近寄る人物がいました。
え?・・・面影はありましたが、ずっと想い続けていた、思い描いてた初カノとは違いました。
清楚なセーラー服少女は見る影もなく、小太りのおばちゃんになって、呼んでた女性と「ガハハ」と大声で笑いながらお話ししていました。
私は、そうっと閉校式の会場を後にしました。
こんな経験をすると、昔の恋人とは二度と会わないほうが良いと感じました。

帰宅して、元気がなかった私を見た妻が、
「校舎は無くなっても、学校の歴史は残るんだから、クヨクヨしなさんな。」
と励ましてくれました。
その妻を見ると、さっき見た初カノと比べて、とても可愛いくて、今まで勝手に思い描いた初カノと比べてたことに対する贖罪を感じました。
その夜、いつもよりたくさん妻にサービスして、逝きまくってもらいました。
結果的に、閉校式に行って良かったと思いました。
もう、初カノのことは、綺麗な思い出になりました。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次