17,000話以上掲載!!毎日更新!!

美術の授業であった出来事

[AD]

[AD]

やまなみさんから投稿頂いた「美術の授業であった出来事」。

やまなみです。
今回は僕が高●3年生の美術の授業であったお話です。

新採用の美術科新人のO内先生、、頑張ってくれるところを評価してくれ、授業も楽しいそんな時間を過ごしていた。

ある日のこと、運動部の大半が大会でクラスには文化部の13名ほどしかいなかった。
しかし、美術は製作作業とのことで、個々で作業をしていた。
10月というのに、O内先生は半袖ブラウスを着ていた。しゃがんだりしたのか、先生の服は少々乱れていて、ブラウスがはみ出ている、、、
僕は先生の方を意識してしまい、鉛筆や消しゴム等をわざと落として、先生に拾わせることを数回程行った。
先生は親切に、鉛筆や消しゴム等を拾ってくれ、僕の制作物の評価もしてくれた。ちなみに、先生からは僕の作品は好評だった。
しばらくし、先生に資材を貸してもらうため、準備室に入った。すると、先生は机の下に何か落としてしまったのか、しゃがんでいた。
僕は先生を見ていた。先生の乱れたブラウス、ズボンにしまっていたブラウスがこうも簡単にはみ出ているとは、、、
前はしっかりとしまっていたが、左右と後ろははみ出いる。この姿はいくらでも見れる、ずっとこの姿が続くと願っていた。
お尻を突き出して、今にもパンツが見えてしまいそうとひやひやしていました。
しばらくすると、先生のズボンから何やら白っぽい生地が目に入った。O内先生、白か!と僕は察した。
背中も見えてるし、ガン見連発でした(笑)
授業が終わり、放課後になった。
皆は教室へ戻っていた。僕は先生に作品について聞きに言ったが、先生はまだ机の下の物を取ろうとかがんでいた。
僕はその姿を見ていたらチ〇ポがだんだんと大きくなっていたのがわかる。
我慢できなくて、僕も先生と同じように服装を乱した。、体操着シャツは全部出して、ジャージを着ていた。
すると、先生は僕の方を見てきて、「だらしないからしまいなさい」と言った。僕は会話を無視し、使った道具の片付けを始めた。
「だらしないからしまえ」と言うなら、先生がやれよと思った。
すると先生は僕に近づきシャツをしまおうとした時に、あそこに手が言ってしまった。既に勃起しているチ〇ポを触った。
先生は「これそうしたの?」と聞いてきた。僕は「先生のせいだと」言った。
すると先生は僕の手をつかんで、美術準備室へと行った。
先生は「これ誰にも言わないでよ」と告げ、僕のズボンを下させた。僕は先生のズボンのベルトを外した。
お互い、下半身は下着一枚の状態。
先生の下着をみると、少々真ん中付近が濡れていることに気づいた。当時、僕はブリーフパンツを履いていたので、どんな状況かは察しの通りです。
誰も来ないなら、先生の下着と僕の下着を交換しようと話を持ちかけた。
この話の続きはまたの機会に!

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次