17,000話以上掲載!!毎日更新!!

親友嫁の好きもの痴態を親友に教えた。

[AD]

[AD]

ともやさんから投稿頂いた「親友嫁の好きもの痴態を親友に教えた。」。

僕:32歳、176センチ、70キロ、技術職、インドアの趣味が無いので出歩く
親友:32歳、170センチ、営業職、インドアタイプ、優しいがだいぶ鈍感
親友嫁:30歳、バツイチ、165センチ位、細身、バストあり、専業

以前から調子が悪かった古いスピーカーを折を見て修理して欲しいと頼まれていた。G.W.の初日に買い物に出かけたついでに親友のマンションへ向かった。
連絡はしていなかったが、どうせ休みなんだし居るだろうって考えだった。
親友のマンションへは時々遊びにいっていたので嫁とも仲良かった。

インターホンを鳴らすと嫁が応対し「少し待って」の後で扉を開けてくれた。
いつも通りの雰囲気だったが、事前連絡もなく訪れたにしては身ぎれいだった。
(普段からキチンとしているんだな・・・僕嫁と大違いだ)

スピーカーの件を話すと少し考えた様子で「今少し出かけているんで入って待ってください」と。
いくら親友の嫁とは言え二人きりは気まずいし誤解も招きそうだったので時間を潰して後で来る事を伝えたが、「いえ、本当にすぐですから」と強引に通された。

リビングでコーヒーが出され雑談がてらスピーカーの事を聞くと寝室にあるとの事。
さすがにマズイのでスピーカーは友人の帰宅後に見ることになった。

嫁さんは掃除の途中のようだったので構わず続けるよう言って友人がコレクションしているアニメのDVDの棚を見て時間を潰していた。
「汚れちゃった」と言い嫁さんは一旦寝室に入り、胸元が大きく開いた超ミニのワンピースで出てきた。
(こんな服どこで売ってるんだ??)

その格好で谷間やお尻をコッチに向けるような体勢を取りながら掃除を再開した。
(え?掃除するなら汚れたままの方がよくね?)

「遅いね・・・まだかな・・・」
「多分、もうすぐよ、途中のコンビニで立ち読みでもしてるのかしらね」
「電話してみよっか・・・」
「あ、大丈夫よ近所だし本当にすぐだと思うから」

無理に電話をかける雰囲気でもなかったのでDVD棚を見続けていると「ゴメンね」といって棚の脇にあるテレビ台の清掃を始めた。
「邪魔ならどこうか?」
「いえ、そのままで大丈夫よ」
棚を見る僕に胸元を見せつけるように下から上目遣いで返事をする。

テレビ台からテレビ本体の掃除の時には腰を突き出してパンティーが見えるように片足をつま先立ちにしている。
(からかってんのか??)

四つん這いでテレビ側にお尻を向けて胸元全開で僕が見ている棚付近の掃除を始めて間もなくバランスを崩すように僕の上に倒れて来た。
「ごめんなさい、邪魔しないように掃除してたら・・」
そう言っている嫁の手は僕の股間にあった・・・というか太もも付近に手をついたが明らかに探るような動きで股間へと移動した。

「あの・・・誘ってる?」直球で聞いた。
「いえ・・・主人がいるので・・・でも、そういうのもアリかなって」
上目遣い&胸元見せ&コケた時にワンピースがずり上がりパンティー丸見えで言っきた。

「それなら早く言ってよ」と僕は上衣を脱いだ。
嫁は凄い勢いでワンピースを脱ぎ捨てて(マジで放り投げる勢い)下着も脱いで全裸になってキスをしてきた。
(メッチャ積極的じゃん)
キスをしながら次々と僕の衣服を脱がせて僕も全裸になった。

僕「でも、やっぱアイツ帰ってきたらまずいな」
嫁「大丈夫よ、もう少しかかると思うから」
(さっきと言ってる事違わね?)

そのまま抱き合ってキスをしていると「ちょっと待って」と嫁が寝室へ何かを取りに行き、チューブに入った薬のようなものを持って戻ってきた。

僕「何それ?」
嫁「これ塗るとすごいエッチな気分になって身体も気持ち良くなるの」
(媚薬系??)
僕「アイツとする時も使ってるの?」
嫁「あの人の時は使わないわよ、こういうの使って感じているの知ったらガッカリするでしょ」
(それじゃ普段は誰相手に使ってんだよ・・・)

それとバイブも持ってきた。
嫁「コレ使うと二人に責められてる気分になって感じるの」
(わがままだな。。)
僕「あ、コレ使う時にさっきの薬使ってるんだ?」
嫁「使わないわよぉ、勿体ないじゃない、結構高いんだからオモチャじゃ使わないの」
(それじゃマジで誰相手の時に使ってるんだよ)

そうは思いながらもプロポーションが凄く良く、感度も反応も良い友嫁をジックリと楽しんだ。
2時間が過ぎていた。

僕「あのさ、マジで帰って来ないよね、最中に帰って来たらと思ってドキドキしたよ」
嫁「本当に遅いわね、遅く帰って来る罰でもう一回しましょ」
(誰の罰なんだよ・・・)

今度はタオルと荷造りテープを借りて目隠しをし、リビングの椅子に浅く座らせて手足の固定をして徹底的に責めまくった。
オモチャもあるし、電マも見つけたのでオカシクなるくらい責めまくった。
Mっ気があるようで、物凄く感じて潮を拭いたり漏らしたりで床にデカイ水たまりができた。
最後は背もたれに嫁の身体が挟まる形で腰を何度も叩きつけて中に出した。
「ヤメテ~ダメ~壊れる、本当に死んじゃう~」と言って痙攣して黙った。
責められて絶叫し何度も逝っていたのでフィニッシュで発射したあと首がだらんと横に倒れてヨダレを垂らしていた。
色んな液体で汚れたイチモツを口に入れたがわずかに舌が動くだけでほぼ反応はなく、マ◯コからは精液が流れ出ていた。

媚薬のチューブを絞って指に大量に薬を出してマ◯コの中にたっぷりと塗りつけた。
指を挿れた瞬間嫁の身体がビクッと反応し、塗りつけている間も喘いでいた。
そこにバイブを挿して電源を入れると痙攣が始まり時々大きく弾んでいた。

バイブを奥まで押し込んで荷造りテープで身体に固定しボリュームを最大にした。
手足も固定されているので自力で取り出すのは無理だ。
「もうやめて~、許して~、お願い~、抜いて~」だらしない声が聞こえた。

どう見てもレイプか性行為の後でイタズラされている姿にしか見えない。

僕はそのまま帰った。
結局友人は帰ってこなかった。
嫁の痴態を見て今後付き合って行けるか考えてみろ!とも思った。

連休明けに友人と飲みに出た時に内緒の話だと打ち明けられた。
取引先とのトラブルで連休初日は帰宅が夜半近くになる予定で出勤になった。
自宅へ帰ると嫁が椅子に固定されバイブが刺さったままピクピクして至るところが水浸しだった。
嫁に事情を聞くと親友が居なくて寂しくてオ◯ニーを始めたら取れなくなり動けなくなっていた・・・と。
精子っぽい白いのも混ざっていたが、愛液がバイブで泡立って白くなった物だと言っていた・・・と。

友「そういう事ってあるのかな?自分で外せない固定とか、バイブで泡立つとか・・」
(こいつは平和だな・・・)
僕が敢えて伝えることもないと思い黙って聞いていた。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次