17,000話以上掲載!!毎日更新!!

ご主人様とのお別れ(3)

ご主人様とのお別れ(3)

[AD]

[AD]

ご主人様とのお別れ(3)

陽子さんから投稿頂いた「ご主人様とのお別れ(3)」。

冬にご主人様より貴重な体験をさせて頂きました。今思い出してもつらい調教の果てに得られる恍惚感が忘れられないまま仕事にもどり過ごしていました。
初夏のある日、ご主人さまより連絡が入りました。私の方からは連絡をしない、ご主人様が希望するときに連絡を頂き、その命令には服従するとお約束していました。

それは前にお連れ頂いたご主人様の別荘でサデイスト達のパーテイを行うとの連絡でした。3日間迷いましたが、受ける責めの辛さよりも得られる快楽が勝ったのでしょうか参加しますと答えてしまいました。前回、お会いしたクラブでお会いする事になり、ご主人様の求めに応じてクラブでは股間がやっと隠れるぐらいの革パンテイだけを着けた姿でお迎え頂きました。昼間の熱気が少し残っていましたが全裸に近い姿では未だ肌寒い夜でした。

これからどうなるのか不安が湧きましたが以前の経験を思い出し最後は解放されると思って安心しようとしました。そのまま目隠しをされ後ろ手に手錠を掛けられ、車内には載せて頂けず荷物トランクに詰め込まれ2時間ほど移動しました。うとうとしていたのでしょうか、怒鳴り声で目が覚め、目隠しが外されトランクが開き外に引きずりだされました。そこで水を頂いたのですが、睡眠薬が入っていたようです。もう深夜でしたが、大きな牛が下げるようなカウベルのついた首輪をつけられ別荘の外の大きな犬小屋に鎖で繋がれました。動くと首のベルがカランコロンといい音色でしたが、窮屈な犬小屋に横になると深い眠りに落ちました。

翌朝、差し込んできた日差しで目が覚め、暫くするとご主人様と2人の男たちが私を引きずり出し四つん這いのまま、散歩と称して庭から藪の中を歩かされました。後で気がついたのですが、午後に行われる残酷なプレイの下見だったのでした。

犬の使う丸いアルミの食器に入ったペットフードとミルクの朝食の後は、ホースを使い散歩で汚れた体を洗って頂きました。昼になると女性2人を含む5人ほどの来客が加わり、昼食会となりました。私はテーブルの脚に繋がれ正座して皆様の食事を眺めていました。食事が終わるとご主人様が2人の女性に陽子の化粧をしてくれと話し、女性たちが私を別の部屋に引き立てました。2人は本物のサデイスト女王様たちだったのです。

檻のように作られた部屋の中で、濃い化粧を施され、アヌスプラグの着いた尻尾、ウサギの様な耳、首輪のカウベルはそのまま、ジュエリーで飾られた鎖だけのGストリングで股間を飾られました。恐ろしいことに尻尾の先には尖った針の着いた丸いボールが下がっていて歩くと皮膚に刺さらない程度にチクチクと痛みました。乳首は口紅で赤く塗られました

手首に手錠が嵌められ首輪に就いた短い鎖ろ繋がれたため、ウサギのように両手を前にそろえた格好になりました。足首にもやっと歩けるぐらいの長さの足輪の着いた鎖が付けられ、女性2人に首輪を引き立てられ、お客様達の待つ庭に小さな歩幅でベルを鳴らしながら引き出されました。午後のお楽しみと称してご主人様がゲームの説明を始めると私は恐怖に足が震え出しました。お客様は一人5発の着色弾の入ったモデルガンを持ち、ウサギになった私を狩るのです。8人が持つ銃の玉は夫々異なる色で8色となっていて、1発当たると当てた方が私に鞭を与える権利を貰えるというゲームです。

そしてルールは私が逃げれる場所の周りに張ったロープの外から、ご主人様の笛が鳴ってから初めは30秒後に打つ事、その後はご主人様の笛に合わせて打つ事でした。

私はゲームが終わるまで逃げまわり、逃げれる場所にある草陰に隠れてもご主人様が笛を吹いたら出て逃げる事でした。私は、ご主人様に首輪をつかまれロープの中に追いやられました。8人のサデイストたちは思い思いにロープの周りに場所をとり笛を待ちます。ご主人の笛が鳴ると30秒後にくる射撃から逃れるべく私は必死にロープの中を逃げ回りました。草陰に隠れても首輪のベルが鳴るのですぐ場所が分かります。

突然、弾が飛んできて肩に一発当たり黄色く2cm程、丸く染まりました。逃げる時に尻尾の針玉が太ももの内側を痛く責め、アナルプラグとクリトリスに嵌められた鈴輪で股間はヌルヌルに濡れていました。意外と当たらない用で、5発撃ち終わった時に当たった数は13発でした。ご主人様は1人3発当たるまでやろうと言いサデイスト達は盛り上がりましたが結局終わった時には26発当たり全身8色に染め上げられていました。

そのまま、昨夜のようにホースで洗われて、全裸のまま外の吊り輪に繋がれ鞭を受けました、5発当てた方の鞭が非常にきつく赤い筋を残したままゲームは終わりました。夕食まで犬小屋で休ませて頂いたのですが、夕食後、トイレに繋がれ人間便器として深夜までお客様達のお酒を含んだ排泄をお受けしました。

[AD]

[AD]

ご主人様とのお別れ(3)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次