エッチ体験談 15,000話 突破!!

大勢のギャラリーに見られて彼に種付けされた思い出

元ホモさんから投稿頂いた「大勢のギャラリーに見られて彼に種付けされた思い出」。

寝取られ離婚してヤケクソだった30歳の時、飲み屋でで知り合ったイケメンにアナル調教された。
40歳くらいで女にモテそうな男だったが、ホモだった。

乳首とアナルを徹底的に調教され、男に抱かれてトコロテンするまでになり、俺も、彼に抱かれて幸せを感じるようになっていた。
彼の生チンポで、アナルを掘られると前立腺が突かれて、やがてドロドロとトコロテン射精した。
ある日、ホモが多くてハッテン場になってるハプバーに連れていかれ、中央の舞台のようなところで裸にされ、乳首責めで勃起して、我慢汁まで垂れ流して、ギャラリーに笑われた。

客の8割方ホモ男だったが、2割くらい普通のカップルもいて、彼をフェラチオした時の女の視線が痛かった。
これから前立腺を可愛がってもらえるチンポだから、愛情込めてフェラチオした。
フェラチオしてるとき、アナルを解されてアヘアヘになった。
彼は生チンポにローション塗って、俺のアナルにズブズブと入れてきた。
俺を抱きしめ、キスして、舌を絡めてきた。
ゆっくりと腰を使い、まずは出し入れしながら死すして抱き合い、濃厚に交わった。
男同士が心から愛し合う姿を見せつけた。

アナルがローションのイヤらしい音を立てた。
俺は思い切り股を広げ、少しでも奥まで突いてもらおうとした。
気持ちいいのは前立腺だが、深々と入れられた時、彼の愛情を感じるのだ。
そして、前立腺の時間がやってくると、
「もっと、声を出して喘げ…」
と言うと、上体を起こして、前立腺を突き上げ始めた。
俺は、あまりの快感に言われるまでもなく、アンアンと喘がされた。

パンパンと肉のぶつかる音、前立腺が恐ろしいほどの快感をばら蒔いた。
俺は女のように、高い声でアンアンヒイヒイ言わされた。
その様子を、アナルを犯されて女のように本気で喘いでいる姿を、大勢のギャラリーに見られていると思うと、ものすごく興奮した。
男に組み敷かれて、アナルに生チンポが出し入れされている様子を見られる快感…気が狂いそうだった。
360度から鑑賞される歓び、特に結合部を凝視される羞恥はたまんなかった。

「種付けてやっからな。孕めよ。」
「種付けてください。孕ませてください・・・」
下腹部に感じる熱い精液のほとばしりに、俺のチンポから精液が噴出した。
トコロテンにざわつくギャラリー、口笛が鳴った。
彼がチンポを抜くと、アナルから精液が垂れているのがわかった。
ああ…値付けられたんだという実感が沸くひと時…幸せの時間。

あの、見られながらのアナル種付け、彼との最高の思い出だった。
今も忘れられない。
彼と過ごした時間は2年半、彼が元奥さんに刺されて亡くなってから12年、今年、彼の十三回忌だったけど、俺は顔を出せる立場じゃない。
遠くから、彼の冥福を祈るだけ。
あれから半年後、彼の思い出から逃げるように、仕事も辞めてあの街を遠く離れた。

誰も知り合いがいない土地で、前と同じ業種で働き始め、今は再婚して妻子と暮らしてるが、やっぱり彼のことは忘れられない。
嫁には、バツイチなのは話してるが、彼のことは話してない。
もう俺は、彼が亡くなった時の年齢を超えた。
彼が生きられなかった年代を、彼に恥ずかしくないように精一杯生きていこうと思う。
今、彼の十三回忌にあたり、ここに彼との思い出を投下して、彼の冥福を祈る。

3 COMMENTS

コメントを残す