エッチ体験談 15,000話 突破!!

妻との暮らしと別れ方が忘れられないあの彼女

心残りさんから投稿頂いた「妻との暮らしと別れ方が忘れられないあの彼女」。

結婚して、妻も子供もいますが、時々、あの彼女と結婚してたら・・・と考えることがあります。
妻を愛していますし、結婚して来年で10年になる三十路夫婦ですが、今も性生活は充実して、淫らで楽しいひと時を過ごしています

その彼女というのは、結婚する話も出ていた、妻の前に付き合っていた彼女です。
でも最近、なんであの彼女がいつまでも忘れられないのか、気づいてきました。
忘れられないのは、彼女じゃなくて、彼女との別れ方なんだと思います。

例えば、別れ方が綺麗じゃなかったり、別れの理由が見えないままだったり、完全に切られたりすると、元恋人に対する未練ではなく、その別れ方に未練が残るのではないでしょうか。
妻と喧嘩したりすると、もしあの彼女と・・・と思ってしまうのは、あの彼女が心の逃げ場所になってしまっているんだと思います。
結婚したらどこに住もうとか、話し合っていたあの彼女に、ある日突然関係を切られました。
理由は全くわからず、黙って別れて欲しいと言われました。
だから、別れについては、何でも好きに想像してしまいます。
せめて、嫌われたり、嫌いになったり、彼女に幻滅してお別れしたかったです。

あの彼女は、私が惚れて言い寄って付き合いました。
妻は、妻に惚れられて言い寄られて付き合いました。
なので、外見はあの彼女の方が好みです。
セックスも、あの彼女のことは私が口説き落としましたが、妻には、潤んだ目で「抱いてください」と言われました。
抱き心地はムッチリ系の元カノの方がしっくりしましたが、オマンコの具合は、ロリっぽい体形の妻の方が良いです。
妻のオマンコの方がキツくて、はうねるような動きがあって、搾り取られるような感じです。
だから、妻とラブラブでセックスしている時などは、あの彼女を絶対に思い出したりしません。
集中しないと、いきなり妻に抜かれかねません。

妻に生理が来ると、あの彼女を思い出します。
あの彼女は、生理が来ると手で扱いて抜いてく入れました。
妻は、そんなことはしてくれません。
新婚時代にお願いしたら、断られてしまいました。
男の生理を理解しているのは、あの彼女の方でした。
彼女、どこで何してるでしょうか。
別れて暫くして、大震災があり、心配してメールしましたが返事はありませんでした。
海沿いの街じゃないから、津波の心配はありませんが、無事かどうかは心配でした。
通信障害かと思い、数日後に再び安否確認のメールを送りましたが、返事はありませんでした。
メールが戻って来なかったから、届いてはいると思うので、諦めました。

いつか、あの彼女のことを忘れられる日が来るといいです。
もし、偶然どこかで再会して、笑顔でお話しできたら、忘れられそうな気もします。
そんな日が来るといいなあ・・・と思って、これからも生きてみようと思います。

2 COMMENTS

コメントを残す