エッチ体験談 15,000話 突破!!

担当スナックのママ。

チンタさんから投稿頂いた「担当スナックのママ。」。

もう20年前のことだけど俺は当時30歳で税理士浪人だった。税理士事務所に勤務して浪人生活をしていた。
税理士としての業務は、事務所長よりできる自信がありお客様から指名もあるようになってた。当時は、独身の俺。性欲も何時もMAX。

そんな中、スナック担当になり所長はややこしい客だからと俺を担当にした。一通りの書類を揃え担当のスナックに何時ものように行った。何時もお客様は、まばらだ。飲んで行ってと俺は水割りを飲んで先客の人達は、帰った。ママは当時45歳でやたら胸を強調するドレスを着てた。

体型は、年齢相応で色気がある。トイレに行ってる間にママは、店の看板を入れてシャッターを閉めて薄暗い店内を余計薄暗くしてた。カウンターに座るとボックスでゆっくりして、今日は先生の貸し切りよ。色っぽい目で俺の隣に座り体を密着してくる。チンチンはフルボッキになってズボンの上からも判る。

私はバツイチ独身よ。先生も独身でしょう?先生が本当に今から私を自分だけの物にしたいなら私の一生のお願い聞いてくれる?勿論秘密だからと言ってほっぺたにキスしてきた。舌で舐めてきたと言うのが正しい。
ママは、グラスに氷を入れて目の前でパンツを脱ぎ捨ていきなりオシッコをグラスに注いだ。ビックリしてドン引きした。飲んで!私をあげるから。好きにして良いからと出された。

酔いもあり全部一気に飲んだ。味は、海の潮水みたいだった。
ママを抱きしめて舌を絡めて裸にさせた。俺も服を脱いで思い切りいきり起ったチンコをママの顔に近づけてしゃぶってもらった。美味しい。大きいのね。俺は大学までレスリング部だったから胸筋も結構ある。舐め回してくる。大きいおっぱいは、乳輪が大きく乳首が陥没してる。俺は夢中で吸いならがら舌を使いコネクリ回してたら陥没乳首が勃起してママは、腰を振り出してきた。クンニも丁寧にクリトリスを吸いながら舌を擦り着けて両腕をおっぱいの勃起乳首を指先でツンツンしたり圧したり摘まんだりしてた。

ママは、我慢できないと泣き顔で言ってくる。ボックス席で濃厚なキスをしていきなりお互い向きあってしっかり抱きしめて座ったまんま挿入。避妊はしない。俺の顔じゅう舐めてくる。俺もママの顔じゅうを舐めて首筋や胸を舐め回してた。逝く逝く逝く気持ち良いと抱きしめて舌を入れてくるキス。

お互いの舌を擦りあい舌が痺れるまで吸いあって唾を飲みあいして燃え上がった。当然一回で済まない。
正常位にバックして俺はとんでもないことを言ってしまった。
俺の女になれ!俺のことだけ考えて俺の為に生きろ!浮気したら殺すからな!ママは、喜んで私の首筋にいっぱいキスマーク着けてと入れたまんま言ってきて先生の妻にしてと抱きしめて離さなくなった。

中にたっぷりと俺の精子を入れて俺は拭くのを辞めろと命令した。
暫くしてからママは、俺と暮らす為にマンションを新しくした。
俺の勉強部屋もあり俺に全て捨てて裸で私の家にきてねと泣きながら言うのでそうした。
ママと籍は、入れなかったが同棲した。毎日帰ってきたらママの全身を舐めてママも俺の全身を舐め回して常に抱きしめて暮らしてた。

昨年ママは、脳溢血で店で倒れて帰らなくなった。俺の名前を何度も呼んでたと客が言ってた。
お互いセックスの相性が抜群に合い離れなくなりお互いが命になってた。
もう女を愛すると言うことはできない
チンチンが勃起しなくなり頭の中で俺の名前を呼ぶママの声が聞こえてる。

コメントを残す