エッチ体験談 15,000話 突破!!

高校時代の元カノとの親友関係を解消しました

元カレさんから投稿頂いた「高校時代の元カノとの親友関係を解消しました」。

高校時代の元カノと再会して、暫く親友関係でした。
お互い、大学の所在地が離れてて別れて、就職して再会、離れている時にいろんな恋愛を経験して、お互い大人になっていました。

でも、再会して、高校時代のアルバム見返したら、俺達はこんなに未熟な時に初体験したことに愕然としました。
初めて結ばれた17歳の夏、今でも思い出します。
恥ずかしさと、嬉しさと、感激に包まれたあの日の思い出は、私と元カノしか知らない宝物です。

その後、何度もセックスを経験していくうち、全裸になれる場所が少なくて、下だけ脱いですることが増えました。
セーラー服のスカートから伸びた眩ゆいばかりの生足、あの細い足首を掴んで、イチゴ柄のパンツを脱がせ、足を開かせてコンドーム被せたペニスを挿し込んでいたのです。
ラブホに入れるのは月に2~3度、その時は太腿の内側に舌を這わせ、元カノをヨガらせました。
女の子のアソコって、神秘的だと思いました。
「恥ずかしいよ・・・」
と言いながらも腰を震わせ、あまりの恥ずかしさに意識も戸惑い、快感を求める淫らな自分の存在を悟っていましたね。

夏の白いセーラー服から透けて見える白いブラ、それを剥ぎ取り、乳房を揉んで、乳頭をしゃぶったのも思い出します。
あどけない笑顔、可愛いその笑顔は、セックスの快楽で恍惚とさせていました。
でも、元カノは地元の大学、私は東京の大学、お別れしました。
最後のセックス、私が旅立つ前日でした。
新幹線のホームまで見送りに来てくれた元カノと、私を遮った新幹線のドア、「さよなら」と元カノの口が動き、走り出した新幹線の中で、泣いたのを覚えています。

卒業して地元に就職して一年後、再会したけど、恋心は微妙でした。
好きだけど、愛とは違うような、
「友達として・・・」
と元カノに言われ、ラインを交換しました。
男女の親友、一見あり得ないような関係で、一緒に食事したり飲んだりしても、ラブホに行くことはありませんでした。
お互い、それぞれにいい人ができて恋愛相談、男心と女心をアドバイス、先に元カノが結婚を決めたのが去年でした。

今年、元カノの結婚式の少し前に会って、
「もう、人妻になるんだから、親友も止めないか?元彼と繋がってちゃ、マズいだろ?俺も結婚が決まりそうだし、連絡先消そうや。」
「うん・・・わかった・・・」
目の前で、お互いの連絡先を消して、赤の他人という遠い関係になりました。
本当は、まだ好きでした。
結婚を考えている彼女とはまた違う、好きな気持ちが残っていたからこそ、俺達は離れるべきだと思いました。
最後、元カノとは握手をして別れました。
きっと、これで良かったんだと、自分では思っています・・・

1 COMMENT

コメントを残す