エッチ体験談 15,000話 突破!!

デリヘルでフェラの気持ち良さを知ってしまった俺は母にもお願いしてみた

源さんから投稿頂いた「デリヘルでフェラの気持ち良さを知ってしまった俺は母にもお願いしてみた」。

彼女いない歴=年齢の俺は、初のデリヘルで生フェラの良さを知ってしまって忘れられなくなった。
だがしかし!毎回デリヘル頼んでたら金が続かない!
そこで母にフェラだけでもしてもらえないかと頼んでみた。

「母ちゃん、俺とSEXするのは嫌?」
「嫌って言うか近親相姦なんて出来るわけないでしょ!」
「じゃあさ、フェラチオだけならどう?毎日とは言わないから…溜まってきたら言うからその時だけ口で抜いてもらえないかな?」
「ええ〜?息子のチンコ咥えるの?んんん…それなら近親相姦じゃないけど…んん〜」
「お願い!飲んでとも言わないから!」
「ん〜、それだったらまあ…」
「ありがとう!母ちゃんにフェラチオしてもらえるなんて嬉しいよ!さっそくお願い!」
「え!?今すぐ!?」
「うん、母ちゃんの気が変わらない内に一回してもらいたいな」
「はあ…わかったわよ…」
最初に無理な事を言って、妥協案みたいにフェラを切り出して上手くいった。
すぐにしてもらうのも、一回咥えさせれば次から頼みやすくなるから。
日を置いて頼んだらやっぱり嫌とか言われそうだからね。
その気になってくれてる母の目の前でチンコ出す。
「風呂入ったばかりだから咥えるのに抵抗ないでしょ?これからも頼む時は風呂に入ってからにするからね」
「はいはい…まさか息子にフェラする日が来るなんて思いもしなかったわ…」
呆れたような諦めたようなセリフを吐きながら力なく項垂れるチンコを手に取り、先ずはペロペロと舐めて勃起させてくれた。
「意外と大きくなるのね、それに凄く硬いわ」
反り返ったチンコを見て少しはテンションが上がったみたい。
手で手前に引き倒しながらゆっくりとチンコの先から咥え込んでくれる。
口の中ってかなり熱くて気持ち良いんだよね。
しかも実の母が俺のチンコ咥えてるってのはデリヘルに咥えてもらうより興奮する。
「母ちゃんのフェラ気持ち良いよ…母ちゃんは息子のチンコ咥えてみてどんな気持ち?」
「ん…子供の頃はあんなに小さかったのに今はこんなに大きくなってたのね…」
「大きさの感想じゃなくてさ、息子にフェラチオするのって興奮する?」
「凄くいけない事してるみたいで興奮しちゃうわ…でもSEXは絶対しないからね?」
「そこまで無理言わないよ、でも俺がしてもらうばかりじゃ申し訳ないから母ちゃんのマンコも舐めさせてよ」
「そんな気を使わなくて良いのよ」
「いやいや…無理言ってフェラしてもらってんだから少しは母ちゃんに返さないと…」
「変な所で律儀よね」
「それに母ちゃんのマンコ舐めれば興奮してすぐに出ると思うからさ、母ちゃんもフェラチオしてる時間が短く済めば楽でしょ?」
「長くフェラしてると疲れるのは確かね…それじゃ舐めてもらおうかな?」
俺の母だけどチョロすぎないか?
あっさりとクンニを受け入れてくれたから、父が帰宅する前に終わらせるつもりで、リビングでシックスナインした。
母も風呂上がりの筈だけど少しマンコが臭う。
舐められないレベルじゃ無いから我慢して舐めたけど、これは洗い方が雑なのか…逆に洗いすぎてダメなのか…。
臭いさえ気にしなきゃ親子でシックスナインしてる事実に大興奮。
母も同じくらい興奮してるみたいで濡れ方がハンパない。
マン汁で溺れそうな程にビショ濡れで臭いもキツくなっていく。
フェラチオの吸い付きも強くなって、俺は宣言通りアッサリと射精してしまった。
母のマンコ舐めながら口の中に射精とか絶対他人に言えないけど、この気持ち良さは異常だと思う。
こうして始まった母との関係は月に2回くらいのペースで続いた。
最初の何回かは口に出した精液を吐き出してたけど、吐き出すのが面倒になったのかいつの間にか飲んでくれるようになった。
俺もマンコの臭いに慣れて全然気にならなくなった。
寧ろこの臭いのおかげで母のマンコ舐めてるって実感するようになった。

コメントを残す