エッチ体験談 15,000話 突破!!

C3で好きな女の子の前で連続射精に男潮を噴かされた思い出

マゾ男さんから投稿頂いた「C3で好きな女の子の前で連続射精に男潮を噴かされた思い出」。

私は中●時代にイジメに遭っていて、C3の夏、スケ番ОBの女子K生に、同級生の御野の紺の見てる前で射精ショーをされました。
男子でもスケ番ОB女子K生3人に襲われればひとたまりもありません。

後ろ手に縛られ、公園の障がい者用トイレで足を竹刀でM字に縛られ、便座の上でペロパン、同級生の女の子の前でペニス晒しされました。
キャーキャー言う女の子の中には、好きな子もいました。

「さあ、男の子が精液を噴き出す瞬間を見せてやるよ。そして、そのあとも責めるとどうなるか・・・」
好奇心旺盛な女子中●生は、ローションが塗られて、スケ番のテクニックで勃起していくペニスをガン見していました。
敏感な中●生ペニスは早くも射精間近でビクビク、するとスケ番は亀頭責めで寸止め地獄にされました。
執拗なまでに繰り返される亀頭責め、疲れると後退して左へ右へスリスリスリスリ、快感が果てしなく前進を駆け巡り、そしてドピュン・・・ドロドロドロ~~っとダダ洩れして、女の子たちは大はしゃぎでした。

そして、精液をローション代わりに射精後も続く亀頭責め、
「ぎえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~」
のたうち回る私を押さえつけ、亀頭から竿扱きの地獄に襲われました。
そして、元気な男子中●生のペニスは一度の射精では萎えきらずまた勃起、二度目の射精の快楽へとあっという間に導いていかされました。
二度の射精で盛り上がる女の子、続けられるシコシコに衰える様子のないペニスに悶絶する私、三度目の射精、亀頭責め、シコシコで四度目の射精、萎え始めましたがシコシコで五度目の射精はタラタラでした。

半起ちのペニスに加えられた亀頭責めに涙する私に、さらに激しい亀頭責めとシコシコ、その先に待っていたのは「男の潮噴き」で、ぴゅピュピュピュっと透明な液体が宙を舞ったのです。
しかもその気持ち良さは今まで味わったことがないくらいで、
「あああ~~」
と喘がされてしまいました。
女の子たちに嘲笑され、やっと解放されたのです。

その後、C学を出て高●生になりました。
ある日、街なかの本屋で、好きだった同級生とバッタリ、ペニス虐めの悪夢がよみがえり、逃げようとしたら、腕を掴まれて、
「お願いがあるの・・・」
とその足で障がい者用トイレに行って、好きだった女の子にシコシコされ、射精を鑑賞されました。
それからというもの、土曜の補習後には公園の障がい者用トイレで、好きだった女の子にシコシコドピュンされ、射精鑑賞をされるようになったのです。

大学進学でその好きだった彼女とは離れ離れになり、大学で先輩あてに童貞を卒業すると、どうも私にMっ気を感じ取った先輩にペニス苛めを受け、ペニス緊縛やタマ苛めなど、マゾ化されました。
そして、先輩の友人の前で、ペニス苛めで惨めに射精するショーをやらされ、私は先輩の友人や後輩の女の子たちにペニス奴隷となりました。
ペニス緊縛されたり、尿道責めされたり、射精鑑賞されたり、仰向けに縛られてコックリングで生ディルドにされ、女の子が満足するまで腰を振られたこともありました。

そして大学を出て帰郷、中●時代好きだった彼女と再会して、
「私、あなたのおちんちんを苛めた快感が忘れられなくて・・・」
と言われ、彼女のペニス奴隷となって結婚、現在、ペニスだけでなく、妻にアナル調教を受けてトコロテンを鑑賞される二児のマゾ父になっています。
もちろんセックスもありますが、コックリングで締められて、妻が満足するまで、腰振りをさせられて、漏らそうものならコックリングが2本に増えて血管が浮き出ます。
好きだった彼女が妻で、嬉しいような、辛いような・・・

1 COMMENT

コメントを残す