17,000話以上掲載!!毎日更新!!

去年の夏…母を犯してしまった

[AD]

[AD]

宣武さんから投稿頂いた「去年の夏…母を犯してしまった」。

薄着でベランダで洗濯物を干してる母。
汗で服が身体にピッタリと張り付いて後ろから見てた僕はムラムラが抑えられなかった。
夏休みだけど遊ぶ約束も無くて暇だったから家に居たんだけど、母のこんなエロい姿を見るなんて思いもしなかった。
「手伝おうか?」

そう言って後ろから抱きついた。
「暑いのに抱きつかれたら余計暑いでしょ」
「良い匂い…母さんの匂い大好きだよ」
汗が滴る首筋に顔を埋めて匂いを嗅ぎ、汗を舐めた。
「やだ…何してるのよ」
「後ろから見てたらムラムラしちゃってさ…硬くなってるのわかるでしょ?」
勃起してるチンポをお尻に押し付ける。
「嘘でしょ!?何で母親に興奮してるのよ!」
「いけない事だって解ってるけど我慢できないんだ」
まだ午前中なのに母の着てるシャツを捲ってノーブラのおっぱいを鷲掴みにする。
「やめ…やめなさい!」
「無理、母さんとSEXしたい!」
暴れる母を抑え込んで短パンを脱がす。
「嫌!やめて!」
「大きな声出すと近所の人に見られるよ?僕とSEXするところ見られても良いの?」
まだ暴れてるけど声は出さなくなった。
張り付く下着もずり下げて、僕もチンポを出した。
暴れてバランスを崩した母が手摺りにもたれ掛かる。
ちょうどお尻を突き出すような格好になったから素早くマンコに挿入した。
「母さんの中に入ったよ、中は凄く熱いね」
「嫌!抜いて!」
「精子出たら抜くよ」
嫌がる母に腰を打ち付ける。
だんだん濡れてきて滑りが良くなり、気持ち良さも上がっていく。
母も口では嫌がってるけどあまり暴れなくなったから腰から手を離して僕は全裸になった。
ついでに母のシャツも無理矢理脱がす。
汗だくの肌を密着させておっぱいを揉んで乳首を軽く引っ張る。
「ああ!お願い許して!」
「気持ち良いよ母さん、もう少しで出るからね」
「中は駄目!お願い外に出して!」
「せっかく生でSEXしてるのに外に出すわけないでしょ?しっかり奥に出してあげるよ」
マンコを突いておっぱいを弄り回し、首筋と背中を舐めながら中出しした。
「嫌ぁ!本当に中に出てる!」
「ふぅ〜、母さんのマンコめっちゃ気持ち良いからいっぱい出るよ」
言いながら強引に顔を振り向かせてキスした。
「むぐう!んん!んー!」
舌をねじ込んで絡ませたら逃げようと暴れるから押さえ込んでまた腰を振る。
気持ち良くなれば少しは大人しくなるからね。
狙い通りマンコを気持ち良くしてあげたら大人しくなった。
もしかしたら諦めたのかもしれないけど…。
そのまま二度目の中出しをする。
「2回続けて出したの初めてだよ、それだけ母さんのマンコが気持ち良かったって事だね!ありがとう」
もう一度キスしてからチンポを抜いて少し離れる。
その場で蹲って泣き出した母に対して罪悪感が少しだけ湧いたけど、尻を丸出しにして精子をマンコから溢れさせてるからまたムラムラしてくる。
「どこまで僕をムラムラさせれば気が済むの?」
そう言って母の前に移動して口にチンポを突っ込んだ。
「また勃起したのは母さんのせいなんだからちゃんと気持ち良くしてね?」
頭を掴んで腰を振る。
口をマンコ代わりにするのも気持ち良い。
「このまま口の中に出すからね」
僕を手で押して逃げようとするけど僕が頭を抱えてるから逃げられない。
問答無用で口に精子を出した。
「ここで吐き出したら洗濯物に匂いがついちゃうからね?僕とSEXした証拠を残したいなら構わないけど」
飲ませるためにわざと言った。
母は拙いと思ったのか、僕の思い通りに精子を飲んでくれた。
チョロすぎる。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (2件)

  • その後はどうしたの?
    僕の時は父親に黙っていてあげるからこんな事もう辞めてと言われました。
    僕は我慢出来ずに母親とSEXしました。
    40歳になっても彼女が居なかった僕は母親に親父と離婚して欲しいんだお母ちゃんの赤ちゃん欲しいんだと答えSEXしました。
    母親はその2年後の9月28日にSEXしてる時にもうあの人と離婚して構わないと答えてくれました。
    母親はその頃に妊娠して居ました。
    母親はSEXした2時間後にクモ膜下出血で倒れました
    翌朝に入院したけど完治しないまま2007年10月15日に享年66歳で御逝去しました。

コメントする

目次