17,000話以上掲載!!毎日更新!!

妻自らパイパン奴隷へ②

[AD]

[AD]

トミーさんから投稿頂いた「妻自らパイパン奴隷へ②」。

前回の続きを書かせてもらいます。

全裸で後ろ手に腕を組ませて足を大きく開かせて
じっくりと身体中を監察します。

乳首をつねったり ワレメをなぞったり
尻を手で開きアナルを眺めたり

「えらいね。ちゃんと言われた通りにそのままの格好でじっとしてるんだね?」

俺が褒めてあげると
「だって命令だから…」
俺の命令だから仕方ないと言いたいのか?
それとも命令は絶対だから?

どちらにしても自分にとっては好都合なので
そのまま指を入れて優しくかき回します。
少しずつマンコが広がっていき
クチュクチュと音が部屋に響きはじめ
指を2本入れて妻の弱点のポイントを責めると腰がガクガクと動き今にも崩れ落ちそうでした。
「動いたらおしおきするからね?」

息を荒くしながら何度もコクコクと頷きました。
『ちゃんとわかってるから』と言いたかったようです。

指が3本入りポイントを責め続けると
大量の潮? もしかしたら失禁したのか?

床を水浸しにしてしまい腕を組んだまま気を失うように倒れていくので
あわてて体を支えて抱きました。

目は虚ろ 息は荒く 下半身は小刻みに震えていました。
こんな妻を見たのは初めてだったので
とてつもない興奮を覚えてしまいました。

そして妻からの『爆弾発言!』

「今度でいいから…縛られたい…亀甲縛りにして…」

……え!?
正直、なぜ亀甲縛りなのか??
分からなかったし驚き過ぎて聞けなかったんですが…
とりあえず攻める側としてちゃんとしとかないといけないと思ったので
「わかった。亀甲縛りはしたことないし、やり方わかんないから、調べて覚えてみるよ。」
嬉しそうに微笑む妻
「でも、今日の約束は守れなかったからお仕置きするからね?」

妻は目を閉じたまま息も荒いままにゆっくり頷くのでした。

さらに続きますので
続きはまた今度

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次