毎日5記事更新 !! エッチ体験談 16,500話 突破!!

公園の障害者トイレでデブおばさんとセックスその2

オバこんさんから投稿頂いた「公園の障害者トイレでデブおばさんとセックスその2」。

いつもオナニーしに行く公園の障害者トイレで鍵閉めずにオシッコしてたデブいおばさん見ながらシコってたら手招きされてセックスしちゃったと投稿した者です。
終わってからちょっと話ししてたらオバさんここによくオナニーしにくるそうです。

たまたま入ったら精液付いたエロ本置いてあって興奮してオナッちゃって、それから時々ここにオナニーしに来るんだって。露出癖あって見られたら興奮するから鍵かけずにオナッてるそうです。僕が扉開けた時もオシッコじゃなくてオナッてたそうです。恥ずかしくて手を止めただけで見られて興奮してチンポ入れて欲しくなったんだって。
LINE交換してって言ったんですがそれはダメだけど次来る日約束しました。深夜の方が落ち着いてできるからって午前0時に約束しました。
行ったら公園のゲート閉まっててトイレにも入れず、オバさんゲートの前に立ってました。
ノーブラでおっぱい丸見えのキャミソール、超ミニスカでぶっとい太もも丸出し、髪かきあげたら両腋丸出しでワキガの臭いがプ〜ん。僕は射精したくてたまらなくなりました。
仕方ないから草むら入っておばさんが持参したベンチシート敷いて2人全裸になってもつれ合ってましたが、真っ暗でお互いの身体も見えずつまらないんで明るいとこところへ行こうってゲートの前の街灯ある所に2人とも全裸のままで移動しました。
オバさんゲートの壁に手を付いて後ろからズコズコズコズコ。
気がついたらホームレスのおじさんが僕ら見ながらシコってました。こっちに勃起チンポ突き出してしこしこしこしこ。
オバさん気が付いて「あのおじさん、こっち見てオナニーしてるよ。思い切りやって見せてあげようよ」って。
2人でおじさんに聞こえるように喘ぎ声だして
「逝く逝く〜オマンコ逝く〜 チンポ逝く〜
精液でちゃう 射精する〜」って言いながらズコズコズコズコ。
おじさん天を仰いてびゅっぴゅっ射精して、僕らもほぼ同時にビクンビクン逝きました。

コメントを残す