エッチ体験談 15,000話 突破!!

歳の差調教7

よしきさんから投稿頂いた「歳の差調教7」。

歳の差調教6の続き

調教され好きな女の子

俺「まり、今からノーカットの動画とるからね」
まりも「うん」
俺「後で2人で鑑賞しようね笑」

まりも「うんうん❤️」

車の男A「すんません、俺らゴムもってないんすけど、、
だめっすよね、、」

俺は確認した。

俺「まり生理いつやったっけ?」

まりも「多分明後日くらいと思う。」

俺「どーする?生でしてもらう?」

まりも「よしきがいいなら」

俺「ということでお2人さん、生でいいですよ?」

俺「ただお二人の射精は外で一度ピュッでだしてから、また再挿入してください」

俺「リアル感出したいので」

もうAVだった。

車の2人「はい、わかりました」

車の2人「てかほんまマジっすか?
ラッキーやんこんなかわいい子に中出しって、、、」

俺「じゃースターッ」

男2人「ど、どーすれは、、」

俺「レイプっぽい感じで、」

まりは外に出された
Bにワンピを剥ぎ取られた。

まりも「いやーーー」

素っ裸だ
Aがまりにディープキス
まりはトロンとして自分から舌を絡めている。
Bは乳房を揉みながら乳首をくりくり

まりも「あ、あ、ん」

早速感じている

Bは後ろからまりの膝を抱えておしっこポーズ

Aは自分のズボンとパンツを下げた

でかい

俺「まり、かなりでかいぞ!」

抱えられたまま、まりのおまんこにまずプスリ

まりも「ああん、、」

男Aは獣のようにピストンしている

A「なんやこの狭いの、あかん、もう逝く!」

男は言われた通り一度外で1ピュッとしてから再挿入

まりも「ああ、っ出てる、精子がピュッピュッてまりのおマンコの中で出てる。
いやん、エッチ。」

男は引き抜いた

まりも「だめん、ひきぬくの早い!もっといれてて!!」

男Aは慌ててもう一度再々挿入

まりはうっとり

やっと引き抜いたので、俺は

俺「まり、顎近くまで飛んださっきの1ピュッを手で集めてチンポに塗る
してそのままチンポお掃除

まりは言われた通りチンポに精子を塗ってディープスロート

まりも「おいしい、、」

まりノリノリ

今度はB

まりを先程のAにもたれかけさせBが背後から串刺し

まりも「あん、バック奥にくる。」

俺「レイプされてるみたいだよ?笑」

まりは恥ずかしそうに

まりも「興奮しちゃう、、」

Bもすぐに射精

1ピュッはまりのケツに、、
のこりピューはまんこに放出

まりも「また中で出てる、、」

俺「B、まりのケツの精子を指で掬ってまりに飲ませろ」

B「はい!」

まりは男の精子がついた指を丁寧にフェラ

B「あかん、もう一回やりたい!」

今度はまりの口にBはチンポ差し込み

まるでダッチワイフのようにまりの頭を抱えてイラマチオ

まりも「ぐぼー、ガボォ、ウゲツ」

ありゃー喉までチンポ入ってるな、、

B「あ、あく、いくつ」

ドピュっドピュっ

まりは喉に直接当たる精子を飲み込んでいる

まりも「犯されてる、犯されてるの、」

Aも同じようにイラマチオ

同じように喉奥だし

俺「カーット!」

男2人「あーまじでめっちゃよかった、、」

男2人「彼氏さんありがとうございました。」

2人は去っていった。
俺たちは車の中で

俺「よかったか?」

まりも「すっごいい、、」

ぐったりしてまりもは言った。

まりも「またしたいかも、、」

俺「でももうチャンスないかもな、、」

、、、

まりも「Aの子、私に連絡先くれたの、、」

まりも「小声で彼に内緒でまたやろうぜって」

俺「どうすんの?」

まりも「は、、いって言っちゃった、、」

俺「二つ返事か笑」

まりも「みててくれる?」

俺「俺に内緒なんでしょ?笑」

まりも「今言ってる、、
一人でなんて怖い。」

俺「会うのダメって言ったら?」

まりも「連絡しません。」

俺「俺がダメって言ったら、まりホントに俺に内緒で連絡するよきっと。」

まりも「しません!」

俺「どうだか笑」

まりも「だから絶対しませんてば!」

、、、

俺「じゃまたあの2人にレイプされちゃう?
俺に内緒って事でこっそり。
危険日ってことにして生で中出しお願いするとか笑」

まりも「よしきにこっそりで、危険日中出しレイプ?」

俺「そうだよ、今みたいに乱暴に中出しと口出し。
俺がいないからもっとたくさん乱暴にされちゃう。
友達とかも呼ばれちゃうよ、きっと」

まりはうっとり

まりも「たくさんの人が私のおまんこに中出し?
怖いけどやる。
お願いします。」

まりも「でも本当に私のこと嫌いにならない?、、
私の心はよしきさんのものだから、、」

俺「身体はみんなのものってか笑」

まりも「そんなこと言わないで、、」

コメントを残す