エッチ体験談 15,000話 突破!!

母も姉もマンコとアナルを自由に使わせてくれるから助かってます

シンジさんから投稿頂いた「母も姉もマンコとアナルを自由に使わせてくれるから助かってます」。

昔から僕に甘い母と姉は、昔からエッチな悪戯しても絶対に怒らない。
それどころか触り方や舐め方を教えられた。
母と姉は凄く仲が良いから、僕がどんな悪戯をしたのか情報交換してるみたいで母にした事を姉も知ってるし、姉にした事を母も知ってる。

だから父にさえバレなければ姉が見てる前で母のマンコ舐めたり、逆に母の前で姉のアナル舐めたりしても全然平気。
二人とも僕がお尻やマンコを触ると下全部脱いで下半身丸出しにしてくれる。
そんな状況で育って来たから、チンコの皮が剥けた後の僕は母と姉にフェラチオして欲しいとお願いした。
二人共仲良く並んで僕のチンコを舐めてくれたし咥えてくれた。
玉もチンコも二人の涎でベッチョベチョになって、気持ち良さに耐えきれなくなった僕は二人の顔に精子をぶっかけた。
母も姉も恍惚とした表情で顔で精子を受け止めて、最後にチンコを奪い合うようにして残りを吸い出してくれた。
こうして舐めて舐められる関係になってから実際にSEXするようになるまでは早かった。
マンコ舐めてイッた母が大きく股を開いた状態でピクピクしててエロかったので、「SEXしたいからマンコ借りるね」と一言断ってから挿入。
僕の童貞は母のマンコで卒業。
中までヒクヒクと痙攣してたからめちゃくちゃ気持ち良かった。
無我夢中で腰を振って、奥まで挿入したまま中出し。
そこに姉が来て僕が母とSEXしてるの見られた。
何も言ってないのに下半身を丸出しにして母の隣で四つん這いになる姉。
取り敢えず射精が終わるまで母の中に挿れたまま姉のマンコを触った。
母より色も形も綺麗なマンコしてるし、指を締め付ける力も強い。
姉のマンコも使って良いって事だろうから、僕はまだ萎えないチンコを母から抜いて姉に挿入した。
最初からめっちゃ締め付けてくる。
油断したら簡単に出ちゃいそうだから気合を入れて全力で腰を振った。
姉も感じてくれてるけどまだ本気の喘ぎじゃなさそうだったから、後ろから抱きついて片手でおっぱいを揉んで片手でクリトリスを触った。
やっと本気で喘ぎ始めてマンコの締まりも数段強くなった。
こんなのいつまでも耐え切れるもんじゃ無い。
敢えなく僕は撃沈して姉の奥にも中出し。
姉のマンコは僕のチンコに吸い付いて離そうとしない。
なかなか抜く事が出来なくて困ってたら母が僕の後ろから抱きついて姉と僕を引き剥がしてくれた。
姉は残念そうだったけど、母がフェラチオを始めたら慌てて姉もフェラチオを始めた。
腰がガクガクで膝立ちするのも辛かったから触って足を放り出し、後ろに手をついて若干上半身を後傾させてフェラチオしやすくしてあげた。
二人のフェラチオでまた射精して母と姉の顔が精子まみれになる。
母は舐めてイッてるけど、姉はまだイッてないから不公平だと考え、アナルを舐めながら指でマンコを弄ってあげてイかせる。
三人で仲良く抱き合って休んでたけど、母と姉が交互に舌を絡めてきて正直休んだ気にならなかった。
夜は姉の部屋に行ってチンコを出すとニッコリ笑ってフェラチオしてくれる。
取り敢えず口の中に出してから「アナルでやりたいからお尻向けて」とお願いする。
ベッドに上半身を乗せて床に肘をついてお尻を突き出した姉。
お尻の肉を左右に広げてアナルを舐めて濡らしたらチンコを押し込む。
チンコは姉の涎でベチョベチョだからすんなり入ってくれる。
姉はマンコもアナルも締まって最高に気持ち良い。
激しくしても平気なくらい開発済みだから思い切り楽しませてもらった。
フィニッシュはマンコ同様にアナルに中出し。
汚れたチンコも嬉しそうに咥えて事後処理してくれる。
スッキリして自分の部屋に戻ってベッドに入るけど、なかなか寝付けなくて両親の寝室に向かった。
静かに寝室に入ったら全て脱いで母の隣に潜り込む。
すぐ横に父が寝てるから起こさないように母の寝巻きを脱がして前戯する。
途中で母が目を覚まして僕に気付いて微笑んだ。
父寝てる父の横で母ともアナルでSEXして中出し。
母も汚れたチンコを咥えて綺麗にしてくれる。
これでグッスリ眠れそうな気になったから急いで部屋に戻ってベッドに入った。

コメントを残す